PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

サボテン ・ブラザース(Three Amigos!) ~ 洋画 コメディー ~

$PACHINKO西遊記


サボテン・ブラザース(原題:¡Three Amigos!)は、ジョン・ランディス監督、スティーヴ・マーティン、チェビー・チェイス、マーティン・ショート主演の1986年公開のアメリカ映画。みうらじゅんが「キングオブバカ映画」と評する傑作である。無声映画の時代、西部劇のヒーロー「スリーアミーゴス」役の俳優3人組が落ち目になり、ハリウッドの映画会社をクビになる。同じ頃、悪党に襲われているメキシコの小さな村では用心棒を募るため一人の女性を町へ送り出したが、彼女が町で西部劇映画『スリーアミーゴス』シリーズの一本を見て実在の英雄の活躍を記録した映像と勘違いし、ハリウッドに住むスリーアミーゴスへの救いの手紙を代書屋に書かせる。この手紙を公演に来てほしいという招待状と勘違いした3人は衣裳を映画会社の倉庫から奪ってメキシコに赴くが、村に着いた3人は本物の危ない悪党に立ち向かうことになる。『七人の侍』や『荒野の七人』の舞台設定を借りたコメディ映画である。


ストーリー

1916年、メキシコ、サンタ・ポコの村は、悪党エル・ワポ一味の餌食となり、略奪の脅威にさらされる毎日であった。誰かが救いの手をのべてくれるのを待つしかない。美しい娘カルメン(パトリス・マルティネス)と少年が用心棒探しのために町に出ることになった。町の人々に相手にされなく、絶望して教会に入った2人は、そこで上映されている映画を見て驚いた。その映画では“サボテン・ブラザース"と名のる3人の正義の味方が貧しい村のために悪と戦い、謝礼金を受け取らずに去ってゆくというもの。“サボテン・ブラザース"を実在の人物だと思ったカルメンと少年は、ハリウッドにいる“サボテン・ブラザース"に電報をうつが、料金足らずで、誤解されやすい電文がとどいた。一方、“サボテン・ブラザース"に扮している3人の俳優、ダスティ・・ボトムス(チェヴィ・チェイス)、ラッキー・デイ(スティーヴ・マーティン)、ネッド・ネダーランダー(マーティン・ショート)は、賃上げを要求したばかりに、撮影所長フルーゲルマン(ジョー・マンティーニャ)にクビにされてしまった。そこで例の電報を受け取った。俳優としての仕事が入ったと勘ちがいして、さっそくメキシコヘ。ハデな服装で町についた3人は、そこでカルメンの迎えを受けて、サンタ・ポコの村へ。撮影が始まるのを待つ彼らだが、一向にその気配がない。



キャスト(役名)
Steve Martin スティーヴ・マーティン (Lucky Day)
Chevy Chase チェヴィ・チェイス (Dusty Bottoms)
Martin Short マーティン・ショート (Ned Nederlander)
Alfonso Arau アルフォンソ・アラウ (El Guapo)
Tony Plana トニー・プラナ (Jafe)
Patrice Martinez パトリス・マルティネス (Carmen)
Joe Mantegna ジョー・マンティーニャ (Flugelman)
Kai Wulff (German)
























$PACHINKO西遊記

スポンサーサイト
  1. 2009/10/31(土) 20:57:58|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大福星 ~ 香港映画 カンフーアクション ~

$PACHINKO西遊記


大福星(だいふくせい)は1985年に日本で公開された香港映画。五福星に次ぐ福星シリーズ第2弾。嘉禾電影有限公司製作。サモ・ハン・キンポー主演のアクション映画だが、日本では、当時大人気であったジャッキー・チェンが主演と勘違いされやすい。当時の香港映画では珍しい日本ロケで、「富士急ハイランド」の観覧車を使ったスタントや「新宿駅」などが登場する。ドジ刑事ジャッキーと相棒、それにサギ師の5人組が協力し合って香港マフィア壊滅を目ざして活躍するアクション。製作はレイモンド・チョウ(鄒文懐)、監督は出演も兼ねるハン・キンポー(洪金寶)、武術指導は出演も兼ねるユン・ピョウ(元彪)が担当。出演はジャッキー・チェン(成龍)他。


ストーリー

香港警察のとびきりドジな刑事ジャッキー(ジャッキー・チェン)と彼の相棒ユン(ユン・ピョウ)は日本へ逃亡した汚職ポリスのリンとその仲間の逮捕という重大な任務を命じられた。かくして、ジャッキーとユンは、日本にあるマフィア組織を壊滅しようと、東京に乗り込んだ。捜査の結果、ジャッキー達は、リン達を見つけ追いつ追われつのカー・チェイスを展開。遊園地に追いつめるが謎の美女に阻まれ、リンは、日本にあるマフィア組織に逃げ込んでしまう。ジャッキー達も次第に組織に迫るが、ユン刑事が敵に捕まり、ジャッキー刑事は孤立し、ピンチに陥る。やむなくジャッキー刑事は、香港警察本部へ打電し応援を頼む。そこで助っ人としてジャッキーの許にやってくるのがムショに服役中のデブ(サモ・ハン・キンポー)、クレージー(リチャード・ウン)、ちび(エリック・ツァン)二枚目(チャーリー・チン)、ひげ(フォン・ツイファン)の5福星の5人組だ。



スタッフ
監督
Sammo Hung(Sammo Hung Kam-Bo) 洪金寶 サモ・ハン (サモ・ハン・キンポー)
製作
Raymond Chow 鄒文懐 レイモンド・チョウ
音楽
Michael Lai 黎小田
スタント・コーディネーター
Yuen Biao 元彪 ユン・ピョウ
字幕
宍戸正 シシドタダシ
伊藤輝夫 イトウテルオ
宮沢章夫 ミヤザワアキオ


キャスト(役名)
Sammo Hung(Sammo Hung Kam-Bo) 洪金寶 サモ・ハン (サモ・ハン・キンポー) (デブ)
Jackie Chan 成龍 ジャッキー・チェン (ジャッキー)
Yuen Biao 元彪 ユン・ピョウ (ユン)
Richard Ng 呉耀漢 (クレージー)
Eric Tsang 曾志偉 エリック・ツァン (不明)
秦祥林 チャーリー・チン (二枚目)
Sibelle Hu 胡慧中 (不明)
Fung Tsui Fan 馮淬帆 (ひげ)
Michiko Nishiwaki 西脇美智子 (女殺し屋)




















$PACHINKO西遊記

  1. 2009/10/31(土) 18:11:47|
  2. 香港映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クイック&デッド(The Quick & the Dead) ~ 洋画 マカロニウエスタン ~

$PACHINKO西遊記


『クイック&デッド』は、1995年製作のアメリカ映画。サム・ライミ監督による西部劇映画である。主役の女ガンマンを演じるシャロン・ストーンが製作にも参加し、当時オーストラリアの知る人ぞ知る名優だったラッセル・クロウを相手役に抜擢し、若手ホープだったレオナルド・ディカプリオを必死に交渉して出演させた。タフでセクシーな女ガンマンの雄姿を描いたウエスタン。「キャプテン・スーパーマーケット」のサム・ライミが監督にあたり、マカロニ・ウエスタンにオマージュを捧げたムードや凝りに凝ったガンファイトの演出、さらに共同製作も兼ねる主演のシャロン・ストーンの女丈夫ぶりが見もの。製作はジョシュア・ドネン、アレン・シャピロ、パトリック・マーキー。エグゼクティヴ・プロデュサーはトビー・ジャフェと、アマチュア時代からのライミの盟友ロバート・タパート。脚本は英国人のサイモン・ムーア。撮影は「ラスト・オブ・モヒカン」のダンテ・スピノッティ、音楽は「フォレスト・ガンプ 一期一会」のアラン・シルヴェストリ、美術は「アマデウス」のパトリシア・フォン・ブランデンスタイン。共演は「クリムゾン・タイド」のジーン・ハックマン、「ギルバート・グレイプ」のレオナルド・ディカプリオ、「NO WAY BACK/逃走遊戯」のラッセル・クロウら。なお本作は棺桶屋の役で出演し、これが遺作となった黒人ウエスタン・スターのウディ・ストロードに捧げられている。


ストーリー

荒野の町リデンプション(贖罪)では、町を牛耳る悪名高き保安官ヘロッド(ジーン・ハックマン)が主催する早撃ちトーナメントが行われようとしていた。出場者は、カードさばきも巧みな全身黒ずくめのキザなエース・ハンロン(ランス・ヘンリクセン)をはじめ、各地から集まった名だたるガンマンたち。まだあどけなさが残るが自信満々なヘロッドの息子キッド(レオナルド・ディカプリオ)も出場することに。ヘロッドは、かつて自分の相棒だったが今は改心して牧師となったコート(ラッセル・クロウ)に、縛り首か再び銃を手にして出場するかの選択を迫る。その時、カウボーイハットにブロンドのミステリアスな美女エレン(シャロン・ストーン)がコートを助け、彼女は出場が認められ、コートもまた強制的に参加させられた。彼女が幼い頃、保安官だったエレンの父はヘロッドに殺され、その時から彼女は射撃の腕を磨き、父の復讐の機会を伺っていた。初日の第1回戦ではキッド、エレン、そして仕方なく銃を取ったコートらが勝ち抜いた。


キャスト

括弧内は声優。左はDVD版、右は放映版。

エレン:シャロン・ストーン(塩田朋子/小山茉美)
ヘロッド:ジーン・ハックマン(石田太郎/同)
コート:ラッセル・クロウ(土師孝也/田中秀幸)
キッド:レオナルド・ディカプリオ(松本保典/岡野浩介)
エレンの父:ゲイリー・シニーズ
ドグ・ケリー:トビン・ベル
エース・ハンロン:ランス・ヘンリクセン
キャントレル:キース・デイビット




























$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/30(金) 13:42:02|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウォーターメロン ~ 邦画 官能ロマン/エロス ~

$PACHINKO西遊記



「ウォーターメロン」は2004年制作。巨乳に悩む妻と虚言癖のある夫とのトラウマ・エロスを朗らかに描いたラブストーリー。監督は「東京ハレンチ天国 さよならのブルース」「プッシーキャット大作戦」の本田隆一。出演は「リアリズムの宿」の山本浩司。エロスレーベル「FULLMOTION」の1作として製作された。


ストーリー

千香(紅月ルナ)は自分の大きな胸が、昔から大嫌いだった。彼女の巨乳は、これまで周囲の好奇の目にさらされ続けてきた。また、巨乳を逆手にとって自分の売りにする度胸も、千香にはなかった。そんな千香の前に、初対面で初めて自分のたわわな胸を見なかった男、博士(山本浩司)が現れる。博士は、巨乳には興味がないと言った。この人なら…そう思った千香は、博士と結婚する。だが、博士には奇妙なクセがあった。それは、虚言癖。つかなくていい嘘を平気でつくのだ。次第に千香の博士に対する鬱憤がたまっていく。

キャスト(役名)

広田幹夫 ヒロタミキオ
山本浩司 ヤマモトヒロシ (博士)
紅月ルナ アカツキルナ (千香)
黒沢愛 クロサワアイ
上妻コウ カミツマコウ
小沢和義 オザワカズヨシ

















$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/30(金) 01:27:19|
  2. 邦画&アニメ映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メジャーリーグ(Major League) ~ 洋画 コメディー ~

$PACHINKO西遊記



『メジャーリーグ』(Major League)は、1989年のアメリカ映画。メジャーリーグを舞台にした野球映画である。実在の球団をモデルにしている。続編に『メジャーリーグ2』、『メジャーリーグ3』がある。弱小チーム建て直しのために集められた落ちこぼれ選手たちの活躍を描く野球映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはマーク・ローゼンバーグ。製作はクリス・チェサーとアービー・スミス、監督・脚本は本作品が日本公開第1作になるデイヴィッド・ワード。撮影は「ルーカスの初恋メモリー」のレイナルド・ヴィラロボス、音楽は「熱き愛に時は流れて」のジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。出演は「背信の日々」のトム・ベレンジャー、チャーリー・シーンほか。


ストーリー

アメリカンリーグ、東地区クリーブランド・インディアンズは伝統こそあるが、ここ34年間優勝から遠ざかり、Aクラスすら叶わない有様である。急死した夫の跡を継いで新オーナーとなったダンサー上がりのレイチェル・フェルプス(マーガレット・ウィットン)は、本拠地をマイアミに移すため、市の条約に従い、1年間の観客動員数60万人を下回らせようと企んでいた。彼女はマネージャーのチャーリー・ドノヴァン(チャールズ・サイファース)に新チームのリストを渡し、監督のルー・ブラウン(ジェームズ・ギャモン)を始めとする一癖も二癖もある連中を集めさせた。メキシカンリーグのキャッチャー、ジェイク・テーラー(トム・ベレンジャー)や刑務所から仮出所してきたピッチャーのリッキー・ボーン(チャーリー・シーン)たちは、憧れのメジャーリーグ入りに張り切るが、もとより実力のない彼らの戦いぶりは惨めで、連戦連敗を繰り返していた。


登場人物

ジェイク・テイラー:トム・ベレンジャー
メキシカンリーグでプレーしたのちインディアンスに入団。ポジションはキャッチャー。背番号7。以前は最優秀選手に輝いたこともあったが、ひざの故障でここ数年は低迷している。当初は補殺に難があったが、シーズンを消化して行くにつれて克服していく。かつての恋人リンへの想いを忘れられずにいる。

リッキー・ボーン:チャーリー・シーン
車の窃盗を犯し刑務所暮らしをしていた。出所したのちインディアンスに入団。ポジションはピッチャー。背番号99。タトゥーにモヒカンのような髪型でキャンプに登場する。ストレートに力はあったがコントロールが恐ろしく悪く、ルーがマイナー行きを告げようとしたそのときに実は近眼であることが判明。眼鏡をかけたのを機に見違えるピッチングを披露し、一躍リーグを代表するピッチャーになる。登板時のテーマソング、愛称はWild Thing。 背番号99とは剛速球を意味する。(99マイル=約160km/h)

ロジャー・ドーン:コービン・バーンセン
ゴルフバッグを持ってキャンプに参加。野球を金持ちの道楽のように考えている。ポジションはサード。背番号24。打撃は良い感じだが、守備がお粗末。将来設計を理由に危険なプレーを避けていたが、ジェイクからの指摘とレイチェルの陰謀発覚に発憤して以来変わるようになる。とは言え、劇中ではあまり目立つ活躍はできていない。レギュラーシーズンの成績は打率.271、86打点。

レイチェル・フェルプス:マーガレット・ホイットン
球団のオーナーであった夫の死後、新たにオーナーに就任した。元ダンサーで野球の事は何一つわかっていなかったが、球団を他の州に移転しようと企み選手達に対し遠征の飛行機をプロペラ機やバスに変えたり、ロッカーのシャワーの修理をしないなどあの手この手を使ってチームを負けさせようとする。

ルー・ブラウン:ジェームズ・ギャモン
タイヤ工場を経営している傍らマイナーリーグのチーム監督をしている。ドノヴァンからチームの監督に招聘される。背番号34。

リン・ウェルズ:レネ・ルッソ
ジェイクの元恋人であると同時にオリンピック候補にまでなった水泳選手でもあった(200m個人メドレー)。現在は図書館で働いていて、既に婚約相手もいるが……。なお、ジェイクが彼女に電話をかけたとき、間違い電話先の家人になぜか「リン・ウェストランドさんいますか?」と問いかけている。

ウィリー・メイズ・ヘイズ:ウェズリー・スナイプス
キャンプ地に登場するないや、ウィリー・メイズのようにプレーし、ボブ・ヘイズのように足が速いと豪語するが、インディアンスのキャンプの招集リストには入っておらず、その日の夜に宿舎で泊まっていたらベッドごと追い出されてしまう。メイズが気がついたときは次の日の朝で練習が始まっていた。しかしダッシュの練習中にパジャマ姿で乱入、俊足を見せつけ入団が決定する。ポジションはセンター。背番号00。前半分がベンツ、後ろ半分がフォルクス・ワーゲンという珍妙な自家用車を持つ。レギュラーシーズンの打率は.291。

チャーリー・ドノヴァン:チャールズ・サイファース
インディアンスのGM。一応レイチェルの計画の補佐役だが、実はチームの勝利を何よりも願っている。彼女のチームへの仕打ちに耐えきれず、計画をルーに密告したことがチームの起爆剤となった。

ペドロ・セラノ:デニス・ヘイスバート
信仰の自由を求めてキューバから亡命した巨体の主砲。直球ならホームランを連発するが、変化球はからっきしダメ。ポジションはライト。背番号13。熱心なブードゥー教信者でロッカーは葉巻やらラム酒やらでごったがえしている。彼曰く、イエスもいい神だがそれではカーブが打てないらしい。スキンヘッドで、頭髪は大きなかみそり(ナイフ)でそり上げている。

エディー・ハリス:チェルシー・ロス
ポジションはピッチャー。背番号10。経験のあるベテランであるが、肩や腹に食用油脂やローションなどを塗っており、「カーブの落ちが7センチ違う」と豪語する(不正投球であるが、作品内で実際に行われたかは不明)。熱心なキリスト教徒で、よくセラノと対立している。

ハリー・ドイル:ボブ・ウェッカー
インディアンスの試合の実況アナウンサー。愛ある毒舌家。























$PACHINKO西遊記


  1. 2009/10/29(木) 22:43:15|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ファンハウス / 惨劇の館(Funhouse) ~ 洋画 ホラー ~

$PACHINKO西遊記


「ファンハウス 惨劇の館」は 1981年に制作されたアメリカのホラー作品。若者たちが楽しむ町の力ーニバルを背景にファンハウスと呼ばれる恐怖の館に入り込んだ4人の若者を襲う怪奇な出来事を描く恐怖映画。製作総指揮はメイス・ニューフェルドとマーク・レスター、製作はデレク・パワーとスティーブン・バーンハート、監督は「悪魔の沼」のトビー・フーパー、脚本はラリー・ブロック、撮影はアンドリュー・ラズロ、音楽はジョン・ビール、編集はジャック・ホフストラ、製作デザインはモートン・ラビノウィッツが各々担当。出演はエリザベス・ベリッジ、ショーン・カーソン、ケビン・コンウェイ、ウェイン・ドーバ、クーパー・ハッカビー、ラーゴ・ウッドルフ、マイルズ・チャピンなど。

ストーリー

ガソリン・スタンドに勤めているバズ(クーパー・ハッカビー)との初めてのデートをひかえ、シャワーを浴びていた少女エイミー(エリザベス・ベリッジ)は、弟ジョーイ(ジョーン・カーソン)の悪戯で、一瞬気分をそこねた。気をとりもどしカーニバルに行った彼女は、友だちリチー(マイルズ・チャピン)とリズ(ラーゴ・ウッドルフ)のカップルと落ち合い4人で行動をとることにする。様々な見せ物や店でカーニバルは人々でにぎわっていた。最大のアトラクションはファンハウスとよばれる館だった。朝までそこで過ごそうと決意した4人は、暗闇の中で、それぞれセックスにふけっていた。しかし、ある物音でハッとした4人は、すき間から下の部屋をのぞき、恐しい光景を目にする。占い師の女がマスクをつけた客引きの男(ウェイン・ドーバ)をはずかしめ、怒った男が女を殺したのだ。驚いた4人は必死に出口をさがすが・・・。

スタッフ

監督
Tobe Hooper トビー・フーパー
製作
Derek Power デレク・パワー
Steven Bernhardt スティーヴン・バーンハート
製作総指揮
Mace Neufeld メイス・ニューフェルド
Mark Lester マーク・レスター
脚本
Larry Block ラリー・ブロック
撮影
Andrew Laszlo アンドリュー・ラズロ
特殊メイク
Rick Baker リック・ベイカー
音楽
John Beal ジョン・ビール
美術
Morton Rabinowitz モートン・ラビノウィッツ
編集
Jack Hofstra ジャック・ホフストラ
字幕
金田文夫 カネダフミオ


キャスト(役名)

Elizabeth Berridge エリザベス・ベリッジ (Amy)
Shawn Carson ショーン・カーソン (Joey Harper)
Kevin Conway ケヴィン・コンウェイ (Freak Show Barker)
Wayne Doba ウェイン・ドーバ (Monster)
Cooper Huckabee クーパー・ハッカビー (Buzz)
Largo Woodruff ラーゴ・ウッドルフ (Liz)
Miles Chapin マイルス・チャピン (Richie)
David Carson デイヴィッド・カーソン (Geek)


















$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/29(木) 21:39:23|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ストリートファイター(STREET FIGHTER) ~ 洋画 SFアクション ~

$PACHINKO西遊記



『ストリートファイター』 (STREET FIGHTER) はゲームソフトの世界的なベストセラー、日本のアーケードゲーム『ストリートファイターII』を原作とした1994年のハリウッドSFアクション映画。監督・脚本は「ダイ・ハード1、2」「フリント・ストーン モダン石器時代」などの脚本を手掛け、本作が初監督となるスティーヴン・E・デ・スーザ。製作は「運命の逆転」「クロウ 飛翔伝説」のエドワード・R・プレスマンと、『ストリートファイター』シリーズのゲームメーカー、カプコン社長の辻本憲三。撮影は「ローズマリーの赤ちゃん」「透明人間(1992)」の名手ウィリアム・A・フレイカー。音楽は「クロウ 飛翔伝説」「ハード・ターゲット」のグレアム・レヴェルがスコアを書き、ハマー、アイス・キューブ、パブリック・エネミーら豪華アーティストが楽曲を提供。美術は「タワーリング・インフェルノ」「ポセイドン・アドベンチャー」のウィリアム・J・クレバー、アクション場面の擬斗は「ダイ・ハード1、2」のチャーリー・ピサーニがそれぞれ担当。出演は「ハード・ターゲット」「タイムコップ」の活劇スター、ジャン・クロード・ヴァン・ダム。本作が遺作となった「蜘蛛女のキス」「プレイグ」のラウル・ジュリアを始め、「ジョイ・ラック・クラブ」のミンナ・ウェン、「ジェロニモ(1994)」のウェス・ステューディ、オーストラリア出身のポップシンガーのカイリー・ミノーグ、「モーリス」「フォー・ウェディング」のイギリスの名優サイモン・カラウ、日本の新進俳優の沢田謙也ら、国際色豊かな顔触れが脇を固める。日本公開ではオープニング・フィルムとしてCHAGE&ASKAが歌う挿入歌『Something There』(ランディ・セント・ニコラス演出)のプロモーション・フィルムが上映された。


ストーリー

東南アジアの国シャドルーで内戦が勃発し、バイソン将軍(ラウル・ジュリア)率いる軍隊と国際連合軍の戦闘が続いていた。狂気の独裁者バイソンは遺伝子操作によって最強の兵士を作り出し、世界を手中に収める野望を抱いていた。連合軍に首都を奪回された彼は秘密の地下要塞にこもり、救援部隊のボランティアたちを人質にとり、72時間以内に200億ドルを払えなければ、彼らを殺すと宣告。連合軍司令官ガイル大佐(ジャン・クロード・ヴァン・ダム)は、武器取引の闇市場を仕切り、バイソンにも通じているシャドルー団の首領サガット(ウェス・ステューディ)の元にスパイを送り込む作戦を立案。サガットの闘技場に乗り込むとシャドルー団もろとも彼を逮捕し、一味に捕らえられていたケンとリュウ・ホシの2人の武道家にこの計画を持ちかけた。ケンとリュウはガイルとの打合せ通り、護送中に軍用車を奪い、サガットと共に逃亡する。サガットの信頼を得た2人は、彼と腹心のベガと共に、バイソンの主催する武器見本市に赴く。


キャスト

アメリカで制作された映画のため、登場人物の名前はアメリカ版の設定に準拠している。また、登場人物の設定がゲーム『ストリートファイターII』から大幅に変更されている。

ウィリアム・ガイル大佐:ジャン=クロード・ヴァン・ダム
多くの人質をとり多額の身代金を請求したシャドルー壊滅の為に正義に燃える連合軍部隊の大佐。サマーソルトキック、ソニックブームを使う。

キャミィ・ホワイト:カイリー・ミノーグ
ガイル大佐の補佐。軽い身のこなしで敵を倒す。フェイタルレッグツイスターを出しているシーンがある。

T. ホーク:グレッグ・レインウォーター (en:Gregg Rainwater)
ガイル大佐の補佐。パワー攻撃が得意。得意技はメキシカンタイフーン。

キャプテン・サワダ:澤田謙也
ガイル大佐につく日本人。確実に指示をこなす有能者。

連合軍事務次官:サイモン・キャロウ

チュンリー・ザン:ミンナ・ウェン (en:Ming-Na)
テレビ局のリポーター。連合軍部隊の取材といいつつ、実はシャドルー潜入をもくろむ。バイソン将軍に父親を殺されている。

エドモンド本田:ピーター・トゥイアソソポ
テレビ局の撮影クルー。元スモウファイターだが、シャドルーに廃業させられ恨みをもっている。

バルログ(日本のゲーム版『ストII』ではマイク・バイソン):グランド・ブッシュ (en:Grand L. Bush)
テレビ局のカメラマン。元ボクサーだが、シャドルーに廃業させられ恨みをもっている。

リュウ・ホシ:バイロン・マン (en:Byron Mann)
日本人。悪人を騙す詐欺師。サガットを騙そうとして事件にまきこまれるが、ピンチのガイル達を見て助太刀する。波動拳、竜巻旋風脚を使う。

ケン・マスターズ:ダミアン・チャパ (en:Damian Chapa)
アメリカ人空手家。リュウの相棒。稼ぎが少ない為に流浪し、小ズルイ詐欺行為をしながら生計を立てている。ふとした事から、連合軍に協力するハメになる。必殺技は昇龍拳。


シャドルー

バイソン将軍(日本のゲーム版『ストII』ではベガ):ラウル・ジュリア
東南アジアの軍事国家・シャドルーシティの創設者。世界を支配するためなら、いかなる犠牲も問わない冷酷残忍な男。終盤ではガイルとの戦いにおいて人間兵器のシステムに感電し、超伝導電磁波を得てサイコクラッシャーなどの技を使うようになる。

ザンギエフ:アンドリュー・ブリニアースキー
パワーだけは誰にも負けないバイソン将軍の部下。頭脳が劣るため、作戦が理解できない。また、バイソン将軍を善人と勘違いしていたり、シャドルーの兵士たちが給料をもらっていることを知らなかった。

ディー・ジェイ:ミゲール・ヌエズ・ジュニア (en:Miguel A. Núñez Jr.)
口は達者だが、いざというと逃げ腰になるバイソン将軍の部下。バイソン将軍の配下になったのは組織の資金目当てであり、忠誠心からでは無い。

ダルシム:ロシャン・セス (en:Roshan Seth)
有能な知識をもつ博士。バイソン将軍に脅されて、人間兵器開発を担当する。最後はブランカ中尉を改造した罪を恥じて、運命を共にする。

カルロス・ブランカ:ロバート・マンモン (en:Robert Mammone)
ガイルの親友の中尉で、愛称はチャーリー(日本のゲーム版『ストII』ではナッシュ)。シャドルーに潜入するが捕虜となり、人間兵器として改造されモンスター・ブランカとなる。

サガット:ウェス・ステューディ (en:Wes Studi)
闇格闘技の首領。裏でバイソン将軍と取引を行っている。元は「鉄の拳」の異名を持つファイターだった。

ベガ(日本のゲーム版『ストII』ではバルログ):ジェイ・タバーレ (en:Jay Tavare)
闇闘技場でのファイターでサガットの部下。醜い者を拒み、美しいのは自分だけと考えている、かなりのナルシスト。















$PACHINKO西遊記


  1. 2009/10/28(水) 14:02:13|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

優良店と言っても人それぞれ!?

こんな時間にすみませんあせる また戯言の始まりですべーっだ!


良く「優良店」という言葉を耳にしますが・・・、タイトルにあるように汗


優良店と言っても人それぞれに違うようですビックリマーク


地元のパチンカー達に聞いてみても俺はあそこの店が・・・、嫌あせるあそこは違うだろプンプン


・・・・てな感じで纏まりがありませんしょぼん


実際のホールの状況を見ても、明らかに回りの悪いホールに客がついていて・・・あせる


甘い調整をしているのに客が居ない・・・・・・ドクロ


なんて光景を目にしますえっ


一体、客の基準は何処なのだろうはてなマーク ・・・不思議なものです目


一般的に考えれば、換金率と回転率のバランスがとれているホールが優良店と考えられるのですが・・・!?(結果的に勝っている店が優良店・・・はてなマーク


同じ換金率のホール・・・一方のA店は1000円/18回転ベースの調整にも拘らずあせる


客付きが良いのに、もう一方のB店、1000円/20回転ベースのホールは閑散としているガーン


A店の常連さんに話を聞いてみると、客の居ないホールじゃ~出る気しないハートブレイク


知り合いが周りに居た方が楽しい音譜 設備やサービスが充実しているにひひ


向こうのホールよりもこっちのホールの方が勝てる気がするチョキ


新機種が直ぐに入るからにひひ


・・・・・・、フムフム φ(.. )


B店の常連さんは・・・少ない汗 ・・・けど、粗、全員が毎日と言って良いほど通っている叫び


台は選べるし気兼ねが無い・・・、そこそこ回るから精神的に疲れない音譜


近所だから音譜 ・・・・・・σ(^_^;)


色々聞いてみましたが、一番はやはり新機種の人気があるようですあせる


B店では同じ新機種でもかなり遅れて導入され台数も少ないとの事・・・むっ


新機種が待ち遠しい方が多いんですねひらめき電球


じゃ~勝っているのはてなマークとA店で聞くと・・・あまり良い話は聞きません汗


B店でははてなマーク・・・勝ったり負けたりするけど・・・どうだろうあせる


あまり大負けしてはいない様子です得意げ


パチンコやホールに対する思い入れの違いで良くもあれば悪くもなるという事でしょうかはてなマーク


一般の客は敬遠してもコアな一部の客からは絶大な人気を誇る店なんてのもありましたよねドキドキ


そう・・・〇モノと呼ばれる台を置いているホール!!


優良店=勝てるという図式に当てはまらない迷機種達ラブラブ


一時期は絶滅寸前まで追いやられた〇モノたちですが・・・汗


また・・・増殖するのでははてなマークという噂を耳にしますあせる


パチンコの新基準・スロット5号機時代になり、とにかく出玉性能を抑えられ汗


新機種の値段は高いのに客が飛ぶのはあっという間・・・ガーン


ホールの投資と回収のバランスが崩れている今、1円パチンコや遊パチで何とか凌いでいるホールも多いビックリマーク


資金力のある大手ならばいざ知らず、弱小ホールはどうやって営業するのかはてなマーク


昔・・・〇モノが蔓延った状況に近くね~っ!?


今の時代、〇モノと言えば・・・ゴト集団が店にコッソリと取り付けて荒稼ぎする道具としての知名度が高いが・・・ビックリマーク


ホールがコッソリと取り付けて出玉率を上げ、客を取り込もうとする事も多かった汗


こんな事が再燃するのでは!? ・・・という噂が出て来ている得意げ


パチンコやスロットの遊技台の内規をもう少し緩和出来ないものかあせる


換金率と回転率のバランス=優良店という図式が崩れない事を願おう音譜


でも・・・ちょっぴり・・・〇モノに期待する拙僧がいるあせる(^▽^;)


・・・まあ~あせる此処だけの話・・・汗


よ~し!! 〇モノ・・・優良店を探すぞ~~~ドキドキ (;^ω^A







  1. 2009/10/28(水) 00:42:39|
  2. パチンコ珍道中記「西遊記」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スティッチ!ザ・ムービー (Stitch! The Movie) ~ 洋画OVA/ディズニー~

$PACHINKO西遊記


スティッチ!ザ・ムービー (Stitch! The Movie)は2003年制作のディズニーアニメ。 映画版の後を描いたビデオ用作品。VHSがアメリカで2003年8月26日に発売。日本では2004年2月20日に発売された。主題歌はJump5の『Aloha, E Komo Mai(アロハ・エ・コモ・マイ)』。この曲はテレビ版の『リロ・アンド・スティッチ・ザ・シリーズ』でも使用されている。ディズニーのファンタジー映画「リロ&スティッチ」の続編。同社の作品には珍しくエイリアンが主役だ。トゥーロ星のマッドサイエンティスト・ジャンバ博士に作られた小型モンスターのスティッチは、ハワイのカウアイ島に住む少女リロと仲良く暮らしていた。スティッチはジャンバ博士による626体めの試作品で、実は625もの“いとこ”がいる。やがてそのいとこたち625体のエイリアンの卵が地球に持ち込まれ、スティッチたちと騒動を繰り広げる。

ストーリー

ハワイに住み始めたスティッチとジャンバ博士、プリークリーら。ある日突然、ジャンバ博士が昔の同僚のハムスター・ヴィールに捕まった。ジャンバ博士を助けるために、リロとスティッチが立ち上がった。

キャスト・スタッフ

監督 トニー・クレイグ 、ボブス・ギャナウェイ
製作総指揮 - 原作 -
音楽 マイケル・タヴェラ
脚本 ジェス・ウィンフィールド 、ボブス・ギャナウェイ

ティア・カレル
(ナニ)
デイヴィー・チェイス
(リロ)
クリス・サンダース
(スティッチ)
デヴィッド・オグデン・スタイアーズ
(ジャンバ)
ケヴィン・マクドナルド[俳優]
(プリークリー)
ディー・ブラッドリー・ベイカー
(デイヴィッド)
ヴィング・レイムス
(バブルス)
ケヴィン・マイケル・リチャードソン
(ガントゥ)
ジェフ・ベネット
(ハムスターヴィール)





















$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/27(火) 22:46:32|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロボコップ プライム・ディレクティヴ(全4話) ~ 洋ドラマ SFアクション ~

$PACHINKO西遊記


『ロボコップ プライム・ディレクティヴ』(ROBOCOP PRIME DIRECTIVE)は、2001年にアメリカで製作されたTVシリーズ。映画『ロボコップ』第1作の続編である。前作から10年後の世界で活躍するロボコップの姿を描いた『DARK JUSTICE』、『MELTDOWN』、『RESURRECTION』、『CRASH&BURN』の四部構成となっている。


ストーリー

オムニ社に統治された未来都市デルタシティー(かつてのデトロイト)、治安維持ロボットロボコップが作られてから10年が経過していた。デルタシティーではハイテク装備で武装したボーンマシンという殺人鬼が犯罪を繰り返していた。そんな折、デルタシティーの警備組織の新司令官に、アレックス・マーフィーの警官時代のパートナー、ジョン・ケーブルが着任する。ロボコップとケーブルは協力してボーンマシンの捜査に当たるが・・・。

スタッフ
原作・エド・ニューマイヤー、マイケル・マイナー
監督・製作・ジュリアン・グラント
脚本・ブラッド・アブラハム、ジョセフ・オブライエン
製作総指揮・ジェイ・ファイヤーストーン、アダム・ハイト

キャスト
ロボコップ(アレックス・マーフィー):ペイジ・フレッチャー
ジェームズ・マーフィー:アンソニー・レムケ
ロボケーブル(ジョン・T・ケーブル):モーリス・ディーン・ウェント
サラ・ケーブル:マリア・デル・マーレ
ケイディック:ジェレイント・ウィン=ディヴィース
アン:レスリー・ホープ
ダミアン・ロウ:ケビン・ジュビンウィル


Vol.1 DARK JUSTICE








Vol.2 MELT DOWN








Vol.3 RESURRECTION








Vol.4 CRASH AND BURN








$PACHINKO西遊記


  1. 2009/10/27(火) 19:03:47|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Ⅹ-MEN ~ 洋画 SFアクションヒーロー ~

$PACHINKO西遊記


『X-メン』(エックスメン、原題 X-MEN)は、2000年のアメリカ映画。ブライアン・シンガー監督によるアメコミ『X-メン』の映画化である。アメリカでは2000年7月14日に公開され、週末興行成績で初登場1位になった。日本では同年10月7日に日本劇場系列ほかで公開され、週末興行成績(東京都内3地区集計)で初登場1位となった。なお、邦題の表記は今作のみ『X-メン』で、2作目以降は『X-MEN』である。社会から疎外されたミュータントたちの葛藤と闘いを描くSFアクション。アメリカン・コミックスの同名メガヒット作を初めて映画化。監督は『ゴールデンボーイ』のブライアン・シンガー。脚本はデイヴィッド・ハンター。音楽は『アイアン・ジャイアント』のマイケル・ケイメン。出演はヒュー・ジャックマン、『スター・トレック』シリーズのパトリック・スチュアート、『ゴールデンボーイ』のイアン・マッケラン、『シーズ・オール・ザット』のアンナ・パキンほか。この映画の成功によって2002年に『スパイダーマン』、2003年に『デアデビル』『ハルク』が公開、マーヴェル映画の新しい時代の到来を告げた。

ストーリー

人間が急激な進化の過程に入った近未来。突然変異の集団であるミュータントは周囲から理由のない迫害をうけていた。磁力を操る能力を持ち優れた科学者でもあるエリック・レーンシャー(イアン・マッケラン)は不寛容な社会への怒りから不満分子と共に世界へ復讐しようとする。親友のテレパシー能力者のチャールズ・エグゼビア教授(パトリック・スチュワート)は才能に恵まれ正義の心を持った子供たち、スコット・サマーズ(ジェームズ・マースデン)、ジーン・グレイ(ファムケ・ヤンセン)、オロロ・マンロー(ハル・ベリー)を育て「X-MEN」を結成。人間に代わり世界を支配しようとするミュータントたちを阻止するため立ち上がる。善と悪の最後の戦いが始まろうとしているとき、超合金の骨格を備えた放浪者ローガン(ヒュー・ジャックマン)は心に傷を負った少女マリー・ダンキャント(アンナ・パキン)と出会い、己の心の命ずるままに痛みを分かち合おうとする。それは同時に磁界王マグニートーとなったレーンシャーと彼の部下たち「BROTHER HOOD」との壮絶な戦いを意味していた。


キャスト

チャールズ・エグゼビア(プロフェッサーX): パトリック・スチュワート
ローガン(ウルヴァリン): ヒュー・ジャックマン
スコット・サマーズ(サイクロップス): ジェームズ・マースデン
ジーン・グレイ:ファムケ・ヤンセン
オロロ・マンロー(ストーム): ハル・ベリー
マリー・ダンキャント(ローグ): アンナ・パキン
エリック・レーンシャー(マグニートー): イアン・マッケラン
レイベン・ダークホルム(ミスティーク): レベッカ・ローミン=ステイモス
セイバートゥース : タイラー・メイン
トード:レイ・パーク
ケリー上院議員 : ブルース・デイヴィソン
ヘンリー・ガイリッチ : マシュー・シャープ


*音声が小さいのでヘッドホン推奨*























$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/27(火) 14:14:48|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハスラー(The Hustler)  ~ 洋画 ~

$PACHINKO西遊記



『ハスラー』(原題:The Hustler)は、1961年製作のアメリカ映画。ロバート・ロッセン監督作品。ポール・ニューマン演じる若きハスラー(日本では「ビリヤードをする人」という意味が定着しているが、本来はギャンブルで相手を騙して金を巻き上げる勝負師の意)と、伝説的なビリヤードプレイヤーとの対決を描く。ウォルター・テヴィスの同名小説が原作である。ビリヤードを主題にした映画として知名度が高い。
本作品で主役を演じたポール・ニューマンの熱演が良く知られている。『傷だらけの栄光』や『熱いトタン屋根の猫』で成長した演技を披露したものの、それまでマーロン・ブランドやジェームズ・ディーンたちの模倣者として認識されていたニューマンが、初めて自分の演技スタイルを確立した作品だとニューマンの伝記作家エリック・ラックスは賞賛している[1]。ニューマンはこの作品で英国アカデミー賞男優賞を受賞した。ミネソタ・ファッツ役のジャッキー・グリーソン、冷酷な賭博師を演じたジョージ・C・スコットらの演技も高く評価されている。1961年度のアカデミー賞において作品賞や監督賞を含む8部門にノミネート、そのうち撮影賞と美術賞を受賞した。他に英国アカデミー賞作品賞、ニューヨーク映画批評家協会賞監督賞、ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞助演男優賞など受賞多数。1997年にはアメリカ国立フィルム登録簿に登録された。

映画中のビリヤードのプレイは殆ど全て役者本人が実際に行ったものである。ポール・ニューマンとジャッキー・グリーソンの二人は本作品のために、伝説的なビリヤードプロのウィリー・モスコーニから猛特訓を受けた。モスコーニはビリヤードの指導だけではなく、映画に端役で登場(カメオ出演)している。
モスコーニの指導を受ける前からビリヤード名人として知られていたグリーソンと違い、ニューマンは本作品に出演する前は殆どビリヤードを遊んだことがなかったという。連日の指導の末に、グリーソンと張り合えるほどになったと自信を抱いたニューマンは、ある日グリーソンに50ドルの賭けビリヤードを挑んだ。結果は50個連続で的玉をポケットに落としたグリーソンの圧勝。ニューマンは約束どおり掛け金の50ドルを、瓶一杯に詰められた5000枚の1セント硬貨で支払った。1986年にマーティン・スコセッシを監督に迎え続編の『ハスラー2』(原題:The Color of Money)が製作された。主演に前作と同じくポール・ニューマン、相方に当時ブレイク中の若手俳優トム・クルーズを起用した『ハスラー2』は大ヒットを記録し、ニューマンに念願のアカデミー主演男優賞を齎した。



ストーリー

“ファースト・エディ”として知られる若きハスラー、エディ・フェルソン。自分こそが最強のハスラーだと信じるエディは、15年間不敗という伝説を持つビリヤードプレイヤー、“ミネソタ・ファッツ”相手に真剣勝負を挑む。一時はファッツ相手に大幅に勝ち越すエディ、だが二人の勝負を観戦するプロの賭博師バートはエディのことを負け犬呼ばわりする。一昼夜を超える死闘の末、憔悴したエディはバートの言うとおりファッツの強靭な精神力の前に完敗する。傷心のエディを救ったのは自称「女子大生」のサラだった。エディとサラは互いに惹かれあい、同棲を始める。そんなある日エディはとある酒場でバートと再会、バートはエディを再び負け犬呼ばわりし、ファッツに勝つためにはビリヤードの才能だけではなく精神力が不可欠だと言う。更にファッツと再戦するためには大金が必要であり、その金を得るためには後援者の存在が欠かせないと説くバート。しかし、エディはその申し出を拒絶、自分の力だけで必要な資金を稼ぐと啖呵を切る。
寂れたビリヤード場で以前と同じようにけち臭いビリヤード賭博をしようとするエディ。勝負には勝ったものの、相手のハスラーによってエディは報復に親指を折られてしまう。サラの献身的な介護のおかげで無事骨折が癒えるエディ、そして彼はバートの提案を受け入れることを決意する。バートの指示に従い、エディとサラは地方の有力者とビリヤード賭博をするためにケンタッキーダービー開催中のルイビルを訪れる。慣れないルールで行われるビリヤード勝負に苦戦し、バートに追加の資金援助を乞うエディ。そんな惨めなエディに対しサラは賭博を止めて一緒にルイビルを立ち去るように懇願するが、エディは聞き入れない。激昂してサラを追い返すエディを見て、バートは賭け金の釣り上げを提案する。見事相手を打ち破り、大金を手にするエディとバート。一足先にホテルに帰ったバートは、サラを傷つけ弄ぶ。遅れてホテルにたどり着いたエディは、バートの部屋の浴室でサラが自殺したと知る。悲憤と激情に駆られバートに殴りかかるエディ、だが現場検証に来た警官たちに羽交い絞めにされる。ルイビルで手にした資金を元手に、エディはファッツに再戦を挑む。「勝負に勝つために必要な精神力はルイビルのホテルで手に入れた」と自嘲するエディは、ファッツ相手に勝ち続ける。完膚なきまでにファッツを叩きのめして大金を得たエディを見て、バートは後援者として分け前を要求する。自分を脅迫するバートに対し、彼女が生きていた頃には言えなかったサラへの愛を真摯に語るエディ。そしてエディは人間らしい感情を持たず、ただ勝利にのみ拘るバートこそ負け犬だと非難する。そんなエディに対し、バートは何も言い返せない。バートを打ちのめし、ビリヤード場を立ち去るエディ。去り際にエディとファッツは互いにビリヤードの腕前を称えあうのだった。


キャスト(役名)
Paul Newman ポール・ニューマン (Eddie Felson)
Jackie Gleason ジャッキー・グリーソン (Minnesota Fats)
Piper Laurie パイパー・ローリー (Sarah Packard)
George C. Scott ジョージ・C・スコット (Bert Gordon)
Myron McCormick マイロン・マコーミック (Charlie Burns)
Murray Hamilton マーレイ・ハミルトン (Findlay)
Michael Constantine マイケル・コンスタンチン (Big John)
Stefan Gierasch ステファン・ギーラッシュ (Preacher)
Jake LaMotta ジェイク・ラモッタ (Bartender)





















$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/27(火) 11:54:00|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バイオハザード ディジェネレーション ~ 邦画 CGアニメ/SF ~

$PACHINKO西遊記


『バイオハザード:ディジェネレーション』(Resident Evil: Degeneration)は、カプコンの人気サバイバルホラーゲーム『バイオハザードシリーズ』を原案とした全編フルCGの映画。2008年10月18日から同年10月31日まで、期間限定で劇場公開された。同年12月26日にはDVD、ブルーレイ、UMDが発売された。
公式サイトでは4種類の予告編映像と大まかなストーリー、製作者ブログ、スクリーンショットなどが紹介されている。本作は『バイオハザード2』(以降、『2』)の直接の続編、『バイオハザード4』(以降、『4』)の後日談に位置付けられる。また、『バイオハザード5』(以降、『5』)に登場する新企業「トライセル」がわずかであるが登場し、『5』に繋がる重要なストーリーでもある。CG映画によくあるタイプとしてキャラクター置き換え等によるギャグ短編集がDVDに収録されている。

ストーリー

1998年夏、米国中西部の工業都市ラクーンシティでバイオハザードが起こった。国際的巨大製薬企業アンブレラ社が開発したT-ウイルスが研究所から漏洩、市民が次々と感染しゾンビ化していったのだ。このバイオハザードを食い止めるため、米国政府は「滅菌作戦」としてラクーンシティにミサイル攻撃を行った。これによってラクーンシティは跡形もなく消し飛び、消滅した。アンブレラ社は政府から業務停止命令を下され、それが元で世界中でアンブレラ株が暴落、会社は事実上崩壊した。 しかし、これを皮切りにT-ウイルスはテロリストたちの手に渡り、バイオテロに利用され始めることとなった。ラクーンシティ消滅から7年後の2005年、当事ラクーンシティから辛くも生還したレオン・S・ケネディとクレア・レッドフィールドは、別々の道を歩みながらバイオテロ撲滅のための戦いを続けていた。レオンは米国大統領直轄のエージェントとなって極秘任務をこなす日々を送り、ヨーロッパの山村に誘拐された大統領令嬢を見事救出するなど確かな実績を残していた。クレアはNGOに所属し、世界中を飛び回ってバイオテロや薬害の被災者救済に尽力していた。一方、製薬業界では巨大製薬企業ウィルファーマ社が力をつけ始めていた。上院議員のロン・デイビスは、そのウィルファーマ社の研究所を米国中西部の工業都市ハーバードヴィルに誘致した。しかし、ハーバードヴィルでは地元住民がラクーンシティの惨劇の再来を懸念し、誘致反対のデモを起こしていた。そんなある日、ハーバードヴィルの空港に降り立ったクレアは、空港利用客の中に1人のゾンビを発見した。そのゾンビに警備員が噛まれたのを皮切りに次々の感染者が増大し、空港は大パニックとなった。 一方、ハーバードヴィルに向かって飛行中の旅客機の中でも、感染者が出たことでパニックが起こっていた。空港に緊急着陸を試みるも失敗、空港のロビーに突っ込んで爆発炎上してしまう。飛行機から降りてきた乗員乗客は皆ゾンビ化していた。 この事態によってクレアは、居合わせたロン上院議員や知り合いの姪のラーニーらと共に空港の一室に立てこもることとなる。同じ頃、米国政府にテロリストから犯行声明があった。テロリストの要求は、7年前に政府が隠蔽したラクーンシティ消滅事件の真相を、大統領自ら公表すること。この要求が拒否された場合は、T-ウイルスを米国中に撒き散らすというのだ。事態を重く見た大統領は、直轄のエージェントであるレオンをハーバードヴィルに向かわせる。ハーバードヴィルに到着したレオンは、地元警察の特殊部隊「SRT(Special Responce Team)」のアンジェラ・ミラーとグレッグ・グレンとともに、空港に取り残された人たちを救出するべく作戦を練る。空港の屋上から侵入したレオン達だったが、空港の中はゾンビの巣窟と化していた…。

スタッフ

監督:神谷誠
プロデューサー:小林裕幸(カプコン)
共同プロデューサー:植木英則
製作総指揮:辻本春弘(カプコン)
脚本:菅正太郎
CGプロデューサー:豊嶋勇作
CG監督:土井淳
CG制作:デジタル・フロンティア
音楽:高橋哲也
音響監督:鶴岡洋太、メアリー・エリザベス・マクグリン(英語版)
音響デザイン:笠松広司
字幕版翻訳:浅野倫子
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


*日本語字幕版*































$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/26(月) 19:08:20|
  2. 邦画&アニメ映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ムーン ウォーカー (マイケル・ジャクソン) ~ 洋画 PV ~

$PACHINKO西遊記


「ムーン ウォーカー(原題: MOONWALKER)」は1988年年度にアメリカで制作されたSFファンタジック映画である。子供たちを悪の手から助けるために活躍するマイケル・ジャクソン=「ムーンウォーカー」の姿をSFXを駆使し、コンサート風景も交えながら描く。製作総指揮は主演のマイケル・ジャクソンとフランク・ディレオ、製作はデニス・ジョーンズ、ジェリー・クレイマー、監督はクレイマーとコリン・チルヴァース、ジャクソンの原案を基にデイヴィッド・ニューマンが脚色、撮影はジョン・ホラ、オリジナル音楽はブルース・ブロートン、SFX総指揮はリック・ベイカーが担当。出演はほかにジョー・ペシ。

ストーリー

今世紀最大のエンターティナーと呼ばれ、ステージでも華麗なその姿を見せるスーパースター、マイケル・ジャクソン。しかし彼の私生活は、完全に謎のべールで包まれていた。実は彼は、地球の愛と平和を守るため愛の守護神コスモから遣わされた「ムーンウォーカー」という名の使者だったのである。ある日、友人である3人の孤児たちとともにピクニックに出かけたマイケルは、ふとしたことからミスター・ビッグ(ジョー・ペシ)率いる暗黒組織のアジトにもぐり込んでしまう。そこでマイケルは子供たちを麻薬漬けにして世界を支配しようとしている彼の企みを知るのだった。持ち前のコスモパワーで「ムーンウォーカー」に変身した彼は、暗黒組織を叩きつぶし、子供たちを悪の手から救い出すのだった。



キャスト(役名)

Michael Jackson マイケル・ジャクソン (Moonwalker)
Sean Lennon ショーン・レノン (Sean)
Kellie Parker (Ketty)
Brandon Adams ブランドン・アダムス (Geek)
Joe Pesci ジョー・ペシ (Mr. Big)











$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/26(月) 18:27:20|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタートレック  叛乱 (Star Trek: Insurrection) ~ 洋画 SF ~

$PACHINKO西遊記



『スタートレック 叛乱』(- はんらん、Star Trek: Insurrection、1998年12月11日パラマウント映画)は、スタートレックの映画第9作。日本での公開は1999年5月8日。アメリカの人気テレビ・シリーズ『新スター・トレック』シリーズの「ジェネレーションズ」「ファースト・コンタクト」に続く劇場版第3作。監督は前作に続きシリーズのレギュラー、ライカー役のジョナサン・フレイクス。原作シリーズ創作はジーン・ロッデンベリー。製作はシリーズ全作に関わるリック・バーマン。製作総指揮はマーティン・ホーンステイン。脚本はバーマンとマイケル・ピラーの原案を元にピラーが担当。撮影のマシュー・F・レオネッテイ、音楽のジェリー・ゴールドスミス(『スモール・ソルジャーズ』)、美術のハーマン・ジマーマンは前作に続く参加。編集はピーター・E・バーガー。衣裳はサニヤ・ミルコヴィッチヘイズ。視覚効果監修はジム・ライジール。メイクアップはマイケル・ウェストモア。出演はパトリック・スチュワート、フレイクス、ブレント・スパイナー、レヴァー・バートン、マイケル・ドーン、ゲイツ・マクファデン、マリーナ・サーティスのレギュラー陣、「ノストラダムス」のF・マーリー・エイブラハム、『ジェイド』(V)のドナ・マーフィ、「デッドゾーン」のアンソニー・ザーブほか。

ストーリー

地球の中世のたたずまいであるバクー星の村を、基地も隊員もホログラム映像で偽装し、惑星連邦とソーナ人が共同で密かに観察していた。ところが、観察隊員として加わっていたアンドロイドのデータ少佐が突然誤作動し、基地や隊員のホログラムを解除、さらに隊員達を人質にしてしまった。外交活動に忙殺されていたU.S.S.エンタープライズEの艦長ピカードはデータ少佐の誤作動を聞いてバクーに駆けつけ、ソーナ人のルアフォ総統に破壊されようとしていたデータを何とか回収した。ピカードたちがバクー人の村を訪れると、彼らは友好的で、しかも見かけによらず高い科学知識を有していた。調べていくうち、連邦の高官も加わった陰謀が明らかになっていく。正義を貫くべくエンタープライズのクルーたちは反旗をひるがえす。



キャスト

ジャン=リュック・ピカード
ウィリアム・ライカー
データ
ジョーディ・ラ=フォージ
ウォーフ
ビバリー・クラッシャー
ディアナ・トロイ
マシュー・ダワティ(アンソニー・ザーブ) - ソーナ人に協力する宇宙艦隊提督(中将)
ルアフォ(F・マーリー・エイブラハム)
アニージ(ドナ・マーフィー)- バクー人女性









$PACHINKO西遊記

  1. 2009/10/26(月) 17:26:13|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スタートレック ファーストコンタクト ~ 洋画 SF ~

$PACHINKO西遊記



『スタートレック ファーストコンタクト』(Star Trek: First Contact、1996年パラマウント映画)は、スタートレックの映画第8作。『新スタートレック』の登場人物たちが出演する劇場版としては2作目にあたる。メガホンは副長ウィリアム・ライカー役のジョナサン・フレイクスが取った。日本での公開は1997年3月。『新スタートレック』において惑星連邦最大の脅威であるボーグとの戦いを描くとともに、後に制作されるスタートレック:エンタープライズにも繋がるエピソードを扱っている。

ストーリー

かつて惑星連邦宇宙艦隊を苦しめたボーグ・キューブが再び太陽系へ侵攻してきた。U.S.S.エンタープライズEの艦長ピカードは、ボーグに同化された事があるために迎撃任務から外されたが、命令を破って参戦し、キューブを撃破する。しかし、爆発寸前のキューブから脱出したボーグ・スフィアが時間の渦に飛び込むと同時に地球の姿が一変した。ボーグはタイムトラベルして、過去の地球を同化してしまったのだ。ピカードは歴史を元に戻すため、スフィアを追って時間の渦に突入する。スフィアとエンタープライズが辿り着いたのは2063年4月4日。ゼフラム・コクレーンが人類初のワープ飛行を行う前日だった。ライカーたちはボーグの攻撃で傷ついた実験船フェニックスの修理を手伝おうとするが、未来世界で自分が英雄扱いされていると知ったコクレーンは動揺し、逃げ出してしまう。一方、エンタープライズ艦内では侵入したボーグ・ドローンとピカードたちの戦闘が始まっていた。

キャスト

ジャン=リュック・ピカード:パトリック・スチュワート
ウィリアム・ライカー:ジョナサン・フレイクス
データ:ブレント・スピナー
ウォーフ:マイケル・ドーン
ジョーディ・ラ=フォージ:レヴァー・バートン
ビバリー・クラッシャー:ゲイツ・マクファーデン
ディアナ・トロイ:マリナ・サーティス
緊急用医療ホログラム:ロバート・ピカード
ゼフラム・コクレーン:ジェームズ・クロムウェル
リリー・スローン:アルフレ・ウッダード
ボーグ・クイーン:アリス・クリーグ








$PACHINKO西遊記

  1. 2009/10/26(月) 16:52:45|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

24 TWENTY FOUR シーズン4 第21~24話 ~ 洋ドラマ アクション ~

$PACHINKO西遊記

『24 -TWENTY FOUR-』(トゥエンティフォー)はアメリカのイマジンエンターテイメントが製作し、FOXで放送されているテレビドラマ(海外ドラマ)。『24』は、複数の出来事がリアルタイムで進行し、全シーズンが1話1時間の全24話で完結する(実際はCMが入るので1話44分間程度)。アメリカの連邦機関であるCTUロサンゼルス支局(シーズン1~6)の捜査官ジャック・バウアーと、その同僚や家族らがテロリストと戦う、サスペンスアクションドラマである。2001年にアメリカで放送が開始され好評を博し、その後世界各国で放送され世界的人気作品となった。非常にテンポが速く、かつ複雑に進行する物語が特徴的でこの作品の魅力である。また、極めて多い登場人物、予想を裏切るストーリー展開、ズームと意図的な手ぶれを多用したドキュメンタリー映画のような映像が特徴である。また、画面を多分割して同時進行する事態を描写する「スプリット画面」もあり、初期のシーズンでは多用されていたが、シーズンが進むにつれてCMの前後などでしか使用されなくなっている。なお、本編の進行は、視聴者からのインターネットの投稿により、物語が変化する可能性がある伏線が、各所にちりばめられている。CTUの活躍を全面に押し出すためか、FBIや警察などの捜査機関はほとんど登場していない。


2003年にビデオ化され、レンタルビデオによって人気が爆発。レンタルビデオ店の前に24の次回の話が気になるファンが行列を作るという、珍しい現象まで見られた。その後、フジテレビならびにFNS各局が地上波の深夜枠で、シーズン1 - 6までを放送。2004年以降は毎年9月下旬~10月上旬にかけて1日3時間程度まとめて放送されていたが、2009年は放送されていない。現在、シーズン7までビデオ・DVD化され、2004年11月3日にシーズン3、2005年9月2日にシーズン4、2006年9月2日にシーズン5、2007年9月7日にシーズン6、2009年3月19日にリデンプション、同年7月3日にシーズン7のレンタルが開始された。 レンタルの方がDVD販売より早いため、24のファンがTSUTAYAの前で並ぶという現象まで発生した。2009年12月18日にシリーズ初となるBlu-ray Disc版が発売予定。レンタルBlu-ray Disc版は開始未定。


篠原涼子主演のテレビドラマ、『アンフェア』(2006年1月10日~2006年3月21日、フジテレビ系列)に登場する、警視庁・情報解析係の蓮見杏奈(濱田マリ)はジェイミー・ファレルのパロディー。情報解析担当で犯人に協力するあたりのプロット、あるいはルックス等がジェイミーに擬せられている。


第21話








第22話








第23話








第24話(完結)









$PACHINKO西遊記

  1. 2009/10/26(月) 14:29:07|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

24 TWENTY FOUR シーズン4 第16~20話 ~ 洋ドラマ アクション ~

$PACHINKO西遊記


『24 -TWENTY FOUR-』(トゥエンティフォー)はアメリカのイマジンエンターテイメントが製作し、FOXで放送されているテレビドラマ(海外ドラマ)。『24』は、複数の出来事がリアルタイムで進行し、全シーズンが1話1時間の全24話で完結する(実際はCMが入るので1話44分間程度)。アメリカの連邦機関であるCTUロサンゼルス支局(シーズン1~6)の捜査官ジャック・バウアーと、その同僚や家族らがテロリストと戦う、サスペンスアクションドラマである。2001年にアメリカで放送が開始され好評を博し、その後世界各国で放送され世界的人気作品となった。非常にテンポが速く、かつ複雑に進行する物語が特徴的でこの作品の魅力である。また、極めて多い登場人物、予想を裏切るストーリー展開、ズームと意図的な手ぶれを多用したドキュメンタリー映画のような映像が特徴である。また、画面を多分割して同時進行する事態を描写する「スプリット画面」もあり、初期のシーズンでは多用されていたが、シーズンが進むにつれてCMの前後などでしか使用されなくなっている。

シーズン4 ストーリー
連続時間差多発テロ(午前7時-午前7時)
シーズン3から15ヵ月後のある1日が物語の舞台。 ジャックは麻薬中毒だった過去を上官に「弱点になる」と指摘されCTUを解雇され、国防長官の特別補佐官として働いていた。 1年前にCTUを解雇されて以来初めて、国防長官代理としてCTUロス支局を訪れたジャックは その日の朝に発生した列車爆破事件の実行犯と遭遇。犯人から本当の狙いが国防長官の拉致だと聞き出したジャックは、長官に避難するよう知らせる。




第16話








第17話








第18話








第19話








第20話








$PACHINKO西遊記

  1. 2009/10/26(月) 14:06:44|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

24 TWENTY FOUR シーズン4 第11~15話 ~ 洋ドラマ アクション ~

$PACHINKO西遊記


『24 -TWENTY FOUR-』(トゥエンティフォー)はアメリカのイマジンエンターテイメントが製作し、FOXで放送されているテレビドラマ(海外ドラマ)。『24』は、複数の出来事がリアルタイムで進行し、全シーズンが1話1時間の全24話で完結する(実際はCMが入るので1話44分間程度)。アメリカの連邦機関であるCTUロサンゼルス支局の捜査官ジャック・バウアーとその同僚や家族がテロリストと戦うサスペンスアクションドラマである。2001年にアメリカで放送が開始され好評を博し、その後世界各国で放送され世界的人気作品となった。非常にテンポが速く、かつ複雑に進行する物語が特徴的でこの作品の魅力である。また、極めて多い登場人物、予想を裏切るストーリー展開、ズームと意図的な手ぶれを多用したドキュメンタリー映画のような映像が特徴である。また、画面を多分割して同時進行する事態を描写する「スプリット画面」もあり、初期のシーズンでは多用されていたが、シーズンが進むにつれてCMの前後などでしか使用されなくなっている。

シーズン4
連続時間差多発テロ(午前7時-午前7時)
シーズン3から15ヵ月後のある1日が物語の舞台。
ジャックは麻薬中毒だった過去を上官に「弱点になる」と指摘されCTUを解雇され、国防長官の特別補佐官として働いていた。
1年前にCTUを解雇されて以来初めて、国防長官代理としてCTUロス支局を訪れたジャックは その日の朝に発生した列車爆破事件の実行犯と遭遇。犯人から本当の狙いが国防長官の拉致だと聞き出したジャックは、長官に避難するよう知らせる。

*画質がかなり悪いです!一応・・・暫定版という事でお願いします。良い画質の物が見つかりましたら差し替えていきます。*



第11話








第12話








第13話








第14話








第15話








$PACHINKO西遊記

  1. 2009/10/26(月) 12:40:56|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

24 TWENTY FOUR シーズン4 第6~10話 ~ 洋ドラマ アクション ~

$PACHINKO西遊記


『24 -TWENTY FOUR-』(トゥエンティフォー)はアメリカのイマジンエンターテイメントが製作し、FOXで放送されているテレビドラマ(海外ドラマ)。

シーズン4
連続時間差多発テロ(午前7時-午前7時)
シーズン3から15ヵ月後のある1日が物語の舞台。
ジャックは麻薬中毒だった過去を上官に「弱点になる」と指摘されCTUを解雇され、国防長官の特別補佐官として働いていた。
1年前にCTUを解雇されて以来初めて、国防長官代理としてCTUロス支局を訪れたジャックは その日の朝に発生した列車爆破事件の実行犯と遭遇。犯人から本当の狙いが国防長官の拉致だと聞き出したジャックは、長官に避難するよう知らせる。

キーラー政権
パーマーが大統領選を辞退し、彼のあと大統領に就任。シーズン4。エアフォースワン搭乗中に攻撃にあい、職務不能に陥る。

アメリカ合衆国大統領 ジョン・キーラー
大統領補佐官 ロバート・フランクリン
副大統領 チャールズ・ローガン
副大統領補佐官 ウォルト・カミングス
副大統領顧問 マイク・ノヴィック
スペシャルアドバイザー デイビット・パーマー(シーズン4)
下院議長 ドナルド・アシュトン
国防長官 ジェームズ・ヘラー
国防長官特別補佐官 ジャック・バウアー(シーズン4)
国防長官政策秘書 オードリー・レインズ


*画質がかなり悪いです!一応・・・暫定版という事でお願いします。良い画質の物が見つかりましたら差し替えていきます。*


第6話








第7話








第8話








第9話








第10話









$PACHINKO西遊記

  1. 2009/10/26(月) 12:05:44|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヴァージンな関係2 / 揺れる二人 ~ 邦画 エロス ~


$PACHINKO西遊記

会社ではただの上司と部下、プライベートではラブラブな恋人! 単行本のヒットに加え、ケータイサイトでも1000万以上のダウンロードを記録したという小林拓己のベストセラーコミック「ヴァージンな関係」を映像化したエロティック・コメディ第2弾。思わぬことから上司であるセクシー美女とつきあうことになった主人公が、今回は仕事の面でも彼女の信頼を得ようと奮戦する。アイドルからAVアイドルへと華麗な転身を遂げた原紗央莉が、前作に続いてヒロインを熱演。桜木凛、かすみりさを加えた豪華女優陣の大サービスは今作でも健在だ。原 紗央莉(はら さおり、1988年1月1日 - )は日本のタレント、グラビアアイドル、AV女優。広島県出身。祖父(父方の父)がドイツ人のクォーターである。


原 紗央莉 オフィシャルブログ
http://blog.livedoor.jp/harasaori/

$PACHINKO西遊記$PACHINKO西遊記$PACHINKO西遊記$PACHINKO西遊記



ストーリー

さえないサラリーマンの黄味島忠。偶然から上司の佳那と付き合うことになる。だが、会社では相変わらず佳那にしかられてばかり。家に帰ってからはうって変わって佳那に甘えられる日々だった。そんなある日、黄味島の連絡ミスから佳那の大事な取引先から契約を打ち切られてしまう。ひたすら謝る黄味島だが、佳那は「上司と部下でしかない」と切り捨ててしまう。黄味島はミスを挽回しようと頑張るが…。佳那は新任課長の黒崎との間に揺れる。黄味島も同僚の桃山さんやランパブの紫苑との間に揺れ動く…。すれ違う黄味島と佳那の気持ち。ついに二人は大喧嘩をしてしまうが…。


キャスト.<出演>
佳那 : 原紗央莉
紫苑 : かすみりさ
桃山 : 桜木凛
黄身島 : 原口大輔
: 石井啓介














$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/25(日) 19:02:44|
  2. 邦画&アニメ映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴッドファーザーPARTⅢ(The Godfather Part Ⅲ) ~ 洋画 ~

$PACHINKO西遊記


『ゴッドファーザーPARTIII』(原題:The Godfather Part III)は1990年に公開されたアメリカ映画。『ゴッドファーザー』『ゴッドファーザーPART II』の続編。前作より16年たって製作された。『Part I』と『Part II』の圧倒的な成功を受けて、何度かその続編の製作の話が持ち上がったが、種々の都合で立ち消えとなっていた。しかし1990年になり、ついに『Part III』が製作されることとなる。当初はマイケル・コルレオーネとその相談役のトム・ヘイゲンの組織をめぐる確執を描く予定だったが、トム役のロバート・デュヴァルが出演料が折り合わず降板したため、脚本を大幅に書き直す事となった。マフィアのボスとして絶大な権力を握ったマイケルの最晩年の物語である。本作品でのマイケルには『Part I』や『Part II』の時のような冷酷さや非情さが消え、物語は彼の懺悔と苦悩を中心に描かれている。また、1970年代後半から1980年代に明らかになったヴァチカンにおける金融スキャンダルと、それに関連して起きたと噂されている1978年のヨハネ・パウロ1世の「急死」や、1982年に発生し世界を揺るがす大スキャンダルとなったロベルト・カルヴィ暗殺事件といった実在の事件が作品に織り込まれている。マフィアとイタリア政界、ヴァチカンの不明朗な関係と腐敗をあからさまに批判した内容が災いし、アカデミー賞には7部門でノミネートされながらも結局受賞には至らなかった。批評家たちからの評価も芳しくないまま、興行的にも前作に届かぬ結果となった。特にメアリー・コルレオーネ役のソフィア・コッポラ(監督であるフランシス・フォード・コッポラの娘)に対する批判は苛烈なもので、ソフィアは同年度のゴールデンラズベリー賞の最悪助演女優賞・最悪新人賞を受賞してしまう。他にも『Part I』と『Part II』で重要な役割を果たしたロバート・デュヴァルの不在や、その結果当時まだキャリアの浅かったアンディ・ガルシアを物語の中心に持ってこざるを得なかったことなど、映画のキャスティングに対する批判が多かった。高い評価を受けた前二作と比べると、総じて評判の良くなかった『Part III』だが、オペラの名作『カヴァレリア・ルスティカーナ』と同時に進展してゆくラストシーンの出来が秀逸なため、佳作と評する声もある。例えば、著名な映画評論家であるロジャー・エバートは、本作品に星三つ半のスコアを与えた[1]。これは過去にエバートが『Part II』に与えた星三つを上回る評価である。

ストーリー

ファミリーのドンとなったマイケル・コルレオーネ(アル・パチーノ)は、父の名を取った「ヴィト・コルレオーネ財団」の名の下、「シシリー復興のための資金」との名目で行った多額の寄付が功を奏してヴァチカンの加護を得る。そして、それをきっかけとして違法なビジネスを長年行ってきた一族の活動から引退を決意する。その後、寄付の窓口的役割を果たしたギルディ大司教と、その関係者による横領による莫大な損失金の穴埋めと引き換えに、ヴァチカンと関係の深い投資会社「インターナショナル・インモビリアーレ」の株の25%の取得、そして同社の経営権の奪取への後援を得ることで、合法ビジネスへの路線変更を試みる。合法ビジネスへの路線変更を試みるも、マイケルの後継者はマイケルの息子のアンソニーではなかった。アンソニーは、「優しい伯父」であったフレドの粛清がトラウマとなり、一貫してファミリーとそのビジネスを嫌悪、オペラ歌手の道を進もうとしていたのだ。その上、彼の甥っ子にあたる長兄ソニーの遺児ヴィンセント(正妻の子ではなく愛人の子)と、マイケルのファミリーの違法ビジネスの大部分を引き継いだジョーイ・ザザ、さらにヴィンセントの後見役となったマイケルの確執が悪化し、アトランティック・シティのカジノホテルのペントハウスで行われた友好ファミリーの幹部会の最中にジョーイ・ザザの手下がヘリコプターを使い襲撃を行う。マイケルとヴィンセントはからくも難を逃れたものの、この襲撃により多くの友好ファミリーの幹部が暗殺されてしまう。実はこの襲撃は、ジョーイ・ザザが単独で行ったわけではなく、自らも深い利権関係を持つヴァチカンとの関係を深めていたマイケルの追い落としを狙ったドン・アルトベッロの肝煎りで行われたものであった。またこの頃、ドン・アルトベッロの友人でイタリア政界の大物、かつ「インターナショナル・インモビリアーレ」の経営陣の1人で、ヴァチカン内にも強い影響力を持つドン・ルケージによって、マイケルの「インターナショナル・インモビリアーレ」の経営権の奪取は激しい妨害を受けた上、マイケルが投資した資金がギルディ大司教を通じてアンブロシアーノ銀行のフレデリック・カインジックに横領されてしまう。さらにマイケルには、糖尿病という病魔が忍び寄っていた。病状は進行し、時には崩れ落ちてしまうという深刻な状態に陥ってしまう。そこに加わる過去幾度も犯した、数々のおぞましい罪。特に次兄フレドの粛清が、マイケルの心を侵食し、そして想像を絶する罪悪感に苛まれ、苦しみ続ける。が、事態は一刻の猶予も許さなかった。マイケルの妹コニーの支援を受けたヴィンセントは、アトランティック・シティの襲撃の復讐とばかりにジョーイ・ザザを射殺してしまう。その後は、ドン・アルトベロやドン・ルケージ、さらに後に新法王となり、ヴァチカン内の改革を進めようとしたランベルト枢機卿をはじめとするヴァチカンを巻き込んだ全面戦争へと突入する。

キャスト
役名                  俳優
ドン・マイケル・コルレオーネ   アル・パチーノ
ケイ・アダムス           ダイアン・キートン
ビンセント・コルレオーネ     アンディ・ガルシア
コニー・コルレオーネ       タリア・シャイア
メアリー・コルレオーネ      ソフィア・コッポラ
アンソニー・コルレオーネ    フランク・ダンブロシオ
アル・ネリ              リチャード・ブライト
アンドリュー・ヘーゲン      ジョン・サヴェージ
アルトベッロ            イーライ・ウォラック
ジョーイ・ザザ           ジョー・マンテーニャ
B・J・ハリソン           ジョージ・ハミルトン
グレース・ハミルトン       ブリジット・フォンダ
ランベルト枢機卿         ラフ・バローネ
ギルデイ大司教          ドナール・ドネリー
ドミニク・アバンダンド       ドン・ノヴェロ
フレデリック・カインジック     ヘルムート・バーガー































$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/25(日) 18:18:27|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴッドファーザーPartⅡ(The GodfatherⅡ) ~ 洋画 ~

$PACHINKO西遊記


『ゴッドファーザーPart II』(原題:The Godfather Part II)は1974年に公開されたアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラ監督によるマフィア映画。脚本はコッポラとマリオ・プーゾの合作。
『ゴッドファーザー』の続編だが、物語の時系列はやや複雑で、前作の後日談であると共に前日談に相当する。第一作でコルレオーネ・ファミリーを継承したマイケル・コルレオーネのその後を語ると同時に、若き日のヴィト・コルレオーネが力を手にして浮上していく様を丁寧に描き出す。1972年に公開された『ゴッドファーザー』の続編。原作となったマリオ・プーゾの小説の中から、前作では描けなかった父ヴィト・コルレオーネの青年時代と、息子マイケル・コルレオーネのその後という二つの異なった時代の物語を平行させながら描いている。この形式には意味があり、二つの時代の主人公を対比的に描いて、現代の主人公であるマイケルの悲劇性を高めるためである。それによって、特に字幕でストーリーを追う視聴者には一部混乱をきたすことがあったとされる。映画は1973年10月1日から1974年6月19日の間に撮影された。1974年12月12日に全米で公開され、興行的に大成功を収めた。批評家たちからも前作に勝るとも劣らない傑作であると絶賛された。同年度のアカデミー賞では作品賞を含む9部門(そのうち助演男優賞部門では3人が候補になった)でノミネートされ、そのうち作品賞・監督賞・助演男優賞・脚色賞・作曲賞・美術賞を受賞した。アカデミー作品賞を受賞した映画の続編が再び作品賞を受賞したのは、現在に至るまでアカデミー賞史上唯一の例である。現在では前作と並び、アメリカ映画を代表する名作としての地位を不動のものにしている。1993年にはアメリカ国立フィルム登録簿の保管作品に選ばれた。1998年にアメリカ映画協会が選んだ映画ベスト100中第32位、2007年に更新されたリストでは同じくベスト100中第32位にランクインした。

ストーリー

この映画では、二つの物語が同時進行で語られる。一つ目の物語の舞台は1958年から1959年で、前作『ゴッドファーザー』に続くマイケル・コルレオーネの姿が描かれる。もう一方の物語は1901年から1941年までの、マイケルの父ヴィト・コルレオーネの在りし日の姿を描く。幼い頃にニューヨークに渡りコルレオーネ・ファミリーを築いていくヴィトの物語が、現在のファミリーを守るために戦うマイケルの物語と交錯する。

1901年:ヴィトの子供時代
映画は1901年から始まる。シチリアのコルレオーネ村で、ヴィト少年の父アントニオ・アンドリーニの葬儀が行われている。彼は地元マフィアのボス、ドン・チッチオへの上納金を拒んだため殺されたのだ。葬列に銃声が響いて、一人の女性が叫び声を上げる。チッチオに復讐しようとしたヴィトの兄パオロが、返り討ちにあったのである。ヴィトの母は息子を連れてドン・チッチオのところに赴き慈悲を請うが、チッチオは拒否する。母は刃物でチッチオを人質に取り、息子を逃がす。チッチオの部下はヴィトの母を殺し、少年を求めて街を捜索する。ヴィトは街の住人の援助を得て脱出し、ニューヨーク行きの船に乗り込む。エリス島の入国管理官が彼に名前を尋ねるが、英語が理解できないヴィトは答えない。別の男が彼の名札から「ヴィト・アンドリーニ、コルレオーネ村より」と答え、彼は「ヴィト・コルレオーネ」として登録された。

1958年:ドンとしてのマイケル
1958年のレイク・タホ。父ヴィトの後を継ぎゴッドファーザーとなったマイケル・コルレオーネの大邸宅で、彼の息子アンソニーの初聖体式を祝うパーティーが華やかに開かれている。その間マイケルは別室で、コルレオーネ・ファミリーの様々な問題に対処している。マイケルは新たにファミリーの拠点となったネヴァダ州の上院議員パット・ギアリーに会って、ファミリーが手に入れたカジノホテルの賭博のライセンス料金について話し合う。しかしギアリー上院議員はマイケルのことを「やましい仕事をするイタリア系マフィア」と軽蔑し、交渉は頓挫する。マイケルは聞き分けのない妹コニーにも手を焼いている。彼女は離婚したばかりだが、既にマイケルの意に沿わない男と再婚するつもりでいる。マイケルは更にマフィアのジョニー・オラとも話し合う。オラはユダヤ系ギャングの大物であるハイマン・ロスの右腕で、ギャンブル産業に進出するマイケルを手助けしている。遅れてマイケルは、“フランキー・ファイブ・エンジェル”と呼ばれる組織の幹部フランク・ペンタンジェリに会う。ペンタンジェリはピーター・クレメンザの死後ニューヨークの縄張りを統治してきた人物であり、ロスを後ろ盾にしたロサト兄弟と対立していた。ロスと協力関係にあるマイケルはペンタンジェリをなだめるが、ペンタンジェリはそんなマイケルを非難する。その夜遅く、マイケルは銃火器で武装した暗殺者に襲われる。彼の妻ケイ・アダムスが寝室のカーテンがなぜか開いていることに気づいたため、暗殺は未遂に終わる。事件の後マイケルは腹心のトム・ヘイゲンに、暗殺は誰か身近な人間が関わっていること、自分が死ぬかもしれないこと、家族を守るために全権をトムにゆだねることを告げる。

1917年:ヴィトの最初の犯罪
1917年のニューヨーク。青年となったヴィト・コルレオーネは友人のジェンコ・アッバンダンドと食品雑貨店で働きながら生活していた。近隣は“ブラック・ハンド”のドン・ファヌッチの支配下にあり、地元の業者はみかじめ料を納めるよう強要されていた。イタリア系移民でありながら、同じイタリア系移民を締め上げ搾取するファヌッチは嫌われながらも恐れられていた。そしてヴィトも、食糧雑貨店での仕事をファヌッチの甥に奪われてしまう。失職したヴィトはこそ泥のピーター・クレメンザと出会い、一緒に最初の犯罪を犯す。地元の裕福なアパートから赤い絨毯を盗み出すのである。

1958年:マイケルのロス内偵
マイケルはフロリダでハイマン・ロスに会って、フランク・ペンタンジェリを暗殺未遂事件の首謀者として粛清する旨を告げる。ブルックリンに戻ったマイケルはペンタンジェリに会い、今度は逆に事件の黒幕はロスだとわかっていると言う。マイケルはペンタンジェリに、ロスを油断させるためにロサト兄弟と和解して欲しいと持ちかける。ペンタンジェリとロサト兄弟の会談の最中、ペンタンジェリはロサト兄弟によってだまし討ちをされる。しかし乱闘中に警官が現場に現れたため、ペンタンジェリをその場に捨ててロサト兄弟は逃亡する。ペンタンジェリの用心棒であるウィリー・チッチも轢き逃げされる。トム・ヘイゲンがネヴァダの売春宿に呼び出されていくと、ギアリー上院議員が追い詰められていた。気が付いたら殺された売春婦と取り残されていたのである。マイケルの兄フレドは殺人現場の後始末を担当する。そしてトムは事件をもみ消す交換条件として、上院議員にファミリーとの友好を提示する。コルレオーネ・ファミリーの幹部アル・ネリが、手をタオルで拭っているのがちらりと見える。トムはギアリー上院議員に、事務所に電話してレイク・タホのマイケル・コルレオーネ邸に居るというアリバイを作らせる。「スキャンダル」をコルレオーネ・ファミリーに握られたギアリー上院議員は、もはやコルレオーネ・ファミリーに逆らうことはできなかった。1958年末、マイケルはキューバのハバナでロスにあう。この時期バティスタ政権がアメリカからの投資を求める一方、フィデル・カストロ率いる共産ゲリラは、キューバ革命の成就に向けて活発に活動していた。マイケルは他のビジネスマンと一緒にロスの誕生日を祝い、新しい取引についてアメリカでの合法ビジネスをどう割り振るか議論していた。その会議中にマイケルは、反乱軍が勝利する可能性について言及する。マイケルの兄フレドが、政治工作に使う200万ドルを詰めたブリーフケースを携えてハバナに到着した。遅れてギアリー上院議員と政府関係者がワシントンから到着し、マイケルはフレドに街の観光案内を頼む。マイケルは兄のフレドに、自分を殺そうとしたのはロスだと告げる。新年のパーティーの後にマイケルを殺害しようとするロスに対し、マイケルは既に対策を講じていると語る。ホテルの一室でマイケルはロスに、フランク・ペンタンジェリを殺そうとしたのは誰か問い詰める。ロスはラスベガスの創始者であるモー・グリーン殺害事件に言及する。ロスはモーの力量を認めており、前作で彼を殺してラスベガスを奪ったマイケルに含む所があったのだ。その夜、マイケルがアメリカの政治家たちとナイトクラブで過ごしている間、フレドはロスの腹心ジョニー・オラと初対面のふりをする。しかし間もなくセックス・ショーが始まると、フレドは大声で、以前オラからこういう場所を紹介されたと口を滑らせる。マイケルは自分の兄が裏切り者であると知って、自分のボディガードを派遣してロスを始末させようとする。彼はジョニー・オラを絞め殺すことはできたが、ロスは危ういところで持病のため病院に運び込まれる。マイケルの部下はロスを病院のベッドで殺そうとするが、任務を果たす直前に政府軍に撃たれる。一方その頃、大晦日から開かれている新年パーティーに出席中のマイケルは、肉親に裏切られた怒りをフレドにぶつける。新年が明けた直後に政府軍が反乱軍に敗北したことを政府高官がパーティーの客に告げ、大部分の客はキューバから逃げ出すことを選択する。マイケルたちもハバナから脱出しようとするが、マイケルと同行することを拒否したフレドは一人で逃走する。アメリカに戻ると、マイケルはフレドについてトム・ヘイゲンに尋ねる。ロスは脳卒中の後キューバを脱出してマイアミで療養中だということ、ボディガードは死んだこと、フレドはおそらくニューヨークに潜伏中であることを伝える。トムはまた、ケイが流産したこともマイケルに伝える。

1919年:ヴィトのファヌッチ殺害
ここでヴィトの物語に戻る。ドン・ファヌッチも今はヴィト・コルレオーネ、ピーター・クレメンザ、サル・テッシオが築いた犯罪組織に気付いており、分け前を欲しがっている。ファヌッチにみかじめ料を払うことを嫌がるヴィトは、友人たちに全てを彼の手に任せてもらうように懇願する。ファヌッチとの交渉は上首尾に終わり、ヴィトたちは当初の約束よりかなり小額の金額を支払うだけで済んだ。しかしヴィトたちにとってファヌッチは、いずれ排除しなければならない障害になりつつあった。この後、近所で大きなパレードがあり、ヴィトはこの機会を利用してファヌッチのアパートで彼を殺害する。ファヌッチが居なくなると、ヴィトは近所の尊敬を集め、地元の揉め事を仲裁するようになる。彼の経営するジェンコ・オリーブオイル商会は今や上り調子であった。本編では割愛されているが、ハイマン・ロスがここで拾われてきたエピソードがある。『ゴッドファーザー・サガ』ではそのシーンがある。

1959年:マイケル一家の瓦解
1959年のレイク・タホ。間一髪でキューバ革命から逃れたマイケルは邸宅に戻り、子供の死産や組織の危機と向き合わなければならなくなる。一方、ギアリー上院議員の在籍する上院委員会は、犯罪組織の首魁としてマイケルを告発しようとしていた。彼らはコルレオーネ・ファミリーから離反した殺し屋のウィリー・チッチを尋問するが、マイケルが直接彼に命令したことはないので、彼の証言は大した役には立たない。上院委員会に召喚されたマイケル。コルレオーネ・ファミリーの操り人形になったギアリー上院議員はイタリア系アメリカ人への偏見を否定する演説をし、手続きから逃れる言い訳をする。マイケルは委員会に、自分への告訴を裏付ける証人を喚問するよう委員会に要求する。次のシーンで、フランク・ペンタンジェリが存命していることが明らかにされる。マイケルによって殺されかけたと信じるペンタンジェリはFBIと協定を結び、マイケルに不利な証言をする気でいた。トム・ヘイゲンとマイケルはこの問題について議論し、ロスの策略に嵌まったことを認める。マイケルは兄のフレドと個人的に面会する。フレドはマイケルに、ファミリーの重要な仕事から外され感を抱いていたことを吐露する。兄の告白を聞いたマイケルは、フレドとは二度と会いたくないと静かに告げる。更にマイケルは傍らに控える幹部のアル・ネリに、二人の母親の死後にフレドを排除することをそれとなく仄めかす。ペンタンジェリが上院委員会で証言を行う日がやってきた。証言の直前、マイケル陣営が連れてきた見知らぬ老人を見てペンタンジェリは態度を急変させる。切り札となる証人が突如として証言を翻したため、委員会は恐慌状態に陥る。一人の委員から謎の老人について尋ねられたトムは、彼はペンタンジェリの兄ビンセンツォであり、弟を助けるためにシチリアから来たのだと答える。マイケルを追及する更なる証言はなく委員会は休止し、トムは謝罪を要求する。ホテルの部屋で、マイケルは子供たちを連れ去ろうとするケイと激しく言い争う。子供が死産した悲しみは分かるが、また作ればいいと言うマイケルに対し、ケイは流産ではなく意図的な中絶だったと明かす。ケイのマイケルに対する愛は既に冷めきっており、彼女はマイケルの子供を欲していなかったのだ。ケイの告白はマイケルを激怒させる。彼はケイの顔を殴り飛ばし、子供は渡さないと告げる。

1925年:ヴィトのシチリアへの帰還
ヴィトと家族はシチリアに旅行し、オリーブオイルの輸入会社の商業契約と、地元の有力者ドン・トマシノとのビジネスを強化しようとしていた。コルレオーネ村に帰還したヴィトは、トマシノの紹介で年老いたドン・チッチオを訪ね、彼の承認を求める。チッチオから自分の父について尋ねられたヴィトは、自らの素性を明かした上で彼を刺し殺す。チッチオの邸宅から逃げ出すときに、トマシノは足を負傷してしまう。チッチオへの復讐を果たし、ヴィトと家族は故郷を去る。

1959年:多くの死
1959年、ヴィトの未亡人であり子供たちの母であるカーメラ・コルレオーネが亡くなった。彼女の葬儀にコルレオーネ・ファミリーの主だった面子が出席するが、ケイは葬儀には参加していない。マイケルと確執のあったコニーも飛んで帰ってきて、フレドやトム・ヘイゲンと旧交を温める。マイケルに面会を求めるフレドだが、トムは拒絶する。マイケルは未だにフレドを許しておらず、彼と顔を合わせるのも嫌がっていたのだ。一方面会を許されたコニーは、ボートハウスでマイケルと真摯に語り合う。コニーに兄と仲直りするように説得されたマイケルはフレドと面会し、互いに抱擁を交わす。マイケルはフレドと抱き合いながらも、背中越しにアル・ネリを見つめて頷く。組織の仕事から外されたフレドは、マイケルの息子アンソニーと親しくなる。二人が釣りに興じている間、マイケルは組織の幹部であるトム・ヘイゲンやロッコ・ランポーネと、マイケルとの抗争に敗れたハイマン・ロスの最終処理について話し合っていた。ロスは引退したビジネスマンとしてイスラエルに亡命保護を申請し、拒否されていたのである。これ以上の報復は必要ないとマイケルを諌めるトムだが、マイケルは冷酷に「敵」であるロス抹殺指令を下す。前作の映像構造を反映して、物語は暗殺と死のモンタージュの中クライマックスを迎える。マイケルの指示を受けたトムは、暗殺の危険を避けるためにアメリカ軍基地内に抑留されたフランク・ペンタンジェリを訪ね、彼に遠まわしに自殺するよう提案する。レイク・タホのコルレオーネ邸では、アル・ネリが釣り用のボートを準備している。フレドはアンソニーに、アヴェ・マリアの祈りを捧げるという釣りの秘訣を教える。しかしボートに乗り込む直前にアンソニーは、コニーによってフレドから引き離される。結局アル・ネリとフレドの二人だけで湖に出る。空港に到着したハイマン・ロスが、記者たちからのインタビューに答えている。彼はジャーナリストを装ったロッコ・ランポーネに射殺されるが、ランポーネも警備員に撃たれる。基地内ではフランク・ペンタンジェリがバスタブで手首を切って自殺する。最後に、フレドは釣りボートの上でアヴェ・マリアの祈りをしている最中に、アル・ネリに殺害される。

1941年:ヴィトの誕生パーティー
映画は1941年12月7日にフラッシュバックする。コルレオーネ一家はヴィトの誕生日のために、サプライズ・パーティーを計画していた。ソニーはカルロ・リッツィ(前作で粛清されたコニーの夫)を兄弟や妹のコニーに紹介する。その席上で日本軍による真珠湾攻撃が話題になると、マイケルは大学を休学して海兵隊に入隊したと発表して皆にショックを与える。ソニーはマイケルの決断をあざける。トム・ヘイゲンは父ヴィトがマイケルにどれほど大きな期待をかけていたかを語る。フレドだけが弟の決意を支持するが、それに対してソニーがフレドを非難する。その後マイケル以外全員で、偉大なドンであるヴィトを玄関に迎えに行く。別の部屋で家族全員がヴィトの誕生日を祝う中、マイケルはただ一人食堂に残り、煙草を吸う。

1959年:ラスト・シーン
1959年、マイケルが一人きりで枯葉舞う庭で椅子に座っている。目元がわずかに老け、孤独と虚無が滲んだ表情を映し出して、映画は終わる。


キャスト

アル・パチーノ:ドン・マイケル・コルレオーネ
ロバート・デュヴァル:トム・ヘイゲン
ダイアン・キートン:ケイ・アダムス・コルレオーネ
ロバート・デ・ニーロ:ヴィト・コルレオーネ
ジョン・カザール:フレド・コルレオーネ
タリア・シャイア:コニー・コルレオーネ
リー・ストラスバーグ:ハイマン・ロス
マイケル・V・ガッツォ:フランク・ペンタンジェリ
G・D・スプレイドリン:パット・ギアリー上院議員
リチャード・ブライト:アル・ネリ
ドミニク・チアネーゼ:ジョニー・オラ
ジェームズ・カーン:ソニー・コルレオーネ(カメオ出演)


































$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/25(日) 17:46:28|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゴッドファーザー(The Godfather) ~ 洋画 ~

$PACHINKO西遊記


『ゴッドファーザー』(原題:The Godfather)は1972年に公開されたアメリカ映画。フランシス・フォード・コッポラ監督によるマフィア映画でマリオ・プーゾの小説『ゴッドファーザー』の映画化作品。
公開されると当時の興行記録を塗り替える大ヒットになり、同年度のアカデミー賞において作品賞・主演男優賞・脚色賞を受賞した。映画史上に名前を残す傑作として世に名高い。1990年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。映画『ゴッドファーザー』の歴史は、『マフィア』というタイトルのマリオ・プーゾの小作品の映画化権を、パラマウント映画が買い取ったことから始まった。プーゾは『マフィア』を大幅に加筆して小説『ゴッドファーザー』を書き上げ、パラマウント映画から脚本の執筆も依頼された。原作はベストセラーとなり、映画化への期待も高まっていた。パラマウント映画は監督として、イタリア系のフランシス・フォード・コッポラに白羽の矢を立てた。当時のコッポラは批評家からの評価は高かったが、興行的にはまだ成功を体験していない、いわばマイナーな監督であった。コッポラは原作者のプーゾと組んで脚本を執筆していったが、その改稿が進む中で徐々に物語の中心が父ヴィトから息子マイケルに移っていった。

主人公であるヴィト役には、プーゾが想定したマーロン・ブランドが起用された。ブランドは当時既に大物俳優であったが、落ち目と見られており、更にわがままで現場をかき乱す俳優だと思われていたので映画製作者たちは敬遠した。ブランドは同作品の企画を知り、ヴィト役に自分を売り込むため、自分のイメージ・フィルムをコッポラに送った。このとき口に綿を含み、渋みの演技が行えることを強調した。この努力が功を奏し、彼は見事ヴィト役を獲得することが出来た。この時ブランドが結んだ契約条件は、出演料ゼロ、ロイヤリティーとして興行収入の数%を上限150万ドル付で支払う、ブランドの撮影中に起きた損害は全て自腹で負担させる、というものであった。更に製作者側はマイケル役に当時若手の売れっ子俳優ロバート・レッドフォードを起用しようとした。しかしコッポラは無名のアル・パチーノこそが適役といって譲らず、もめにもめたすえにイタリア系(母方の先祖はシチリア島出身)のパチーノの起用にこぎつけた。この配役は結果的に成功だったと考えられている。また、当時若手であったコッポラをサポートするために、スタッフにもトップクラスの人材が集められることとなった。コッポラは彼らとの綿密なミーティングを重ねた。撮影中はコッポラの作家主義によりトラブルも多かったが、結果的には最高の結果を残すこととなった。その中でも撮影監督であるゴードン・ウィリスと美術を担当したディーン・タラボリスの功績は大きかった。二人は壮大でドラマチックなストーリーを完璧な時代考証で彩り、かつ格調高い映像美を提供した。特にウィリスは映画のオープニングシーンを当時としては型破りともいえる陰影で表現し、巷の評判をさらった。

ストーリー

第二次世界大戦が終わった1945年。高級住宅街の一角を占めるコルレオーネ家の屋敷では主人であるドン・コルレオーネ(マーロン・ブランド)の娘コニー(タリア・シャイア)の結婚祝賀宴が豪勢にとり行われていた。太陽の下では故郷を同じくするイタリア人が老いも若きも陽気に唄い踊っている。一方、邸の隅にある書斎では昼にもかかわらずブラインドが降ろされている。花嫁の父はかすかに寂しげな表情を浮かべ古い友人たちを迎え入れる。客たちの中には表沙汰にできない問題を抱えている者があり彼らは密かにドンの庇護を求めてきたのだ。折角の披露宴に水を差されるも、心中の煩わしさを見せずに友情に従い誠実に対応するドン。この王への謁見を、トム・ヘイゲン(ロバート・デュヴァル)は部屋の隅で無表情のまま見つめている。宴の中、父親であるドンの反対を押し切り大学を中退して従軍、英雄として復員した三男のマイケル(アル・パチーノ)が恋人のケイ(ダイアン・キートン)を伴い久しぶりに帰宅する。初めてマイケルの家を訪れたケイは彼の兄弟たち、大柄で快濶な長兄ソニー(ジェームズ・カーン)、大人しい次兄のフレド(ジョン・カザール)、それに血は繋がらないが兄弟同然に育った弁護士のトムを紹介されるが、突如現れた人気歌手ジョニー・フォンテーン(アル・マルティーノ)に目を丸くしてマイケルに種明かしをせがむ。マイケルはドンが非合法な手段によりこの歌手を救った過去を明かしドン・コルレオーネ、即ち彼の父が組織暴力のトップ「ゴッドファーザー」である事を率直に伝える。ソニーもフレドも組織の幹部でありトムはコンシリオーリ(相談役)として官房に携わっていたのだ。驚くケイに対し、マイケルは自分は彼らは家族として重要な存在だが、その家業には無縁であると誓う。ドンもまたマイケルが堅気の生活を送ることを望んでいた。自分の道を歩こうとするマイケルはケイと恋人同士の時間を過ごす。賑やかなニューヨークの街中をデートする二人。ラジオシティ・ミュージックホールを過ぎようとした時スタンドで売られている新聞を見たマイケルは驚愕する。そこにはドン・コルレオーネが狙撃された記事が載っていた。この瞬間からニューヨーク五大ファミリーの一つとして地下帝国で栄華を誇ったコルレオーネ家の運命は悲劇の暗転を繰り返すこととなる。

キャスト(役名)
Marlon Brando マーロン・ブランド (Don Vito Corleone)
Al Pacino アル・パチーノ (Michael)
James Caan ジェームズ・カーン (Sonny)
Richard Castellano リチャード・カステラーノ (Clemenza)
Robert Duvall ロバート・デュヴァル (Tom Hagn)
Sterling Hayden スターリング・ヘイドン (Mccluskey)
John Marlen ジョン・マーレイ (Jack Woltz)
Richard Conte リチャード・コンテ (Barzini)
Diane Keaton ダイアン・キートン (Kay Adams)
Al Lettieri アル・レッティエリ (Sollozzo)
Abe Vigoda エイブ・ヴィゴーダ (Tessio)
Talia Shire タリア・シャイア (Connie Rizzi)
Al Martino アル・マルティーノ (Johnny Fontane)
Morgana King モーガナ・キング (Mama Corleone)





























$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/25(日) 17:11:57|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

燃えよデブゴン(Enter The Fat Dragon) ~ 香港映画 コメディー ~  

$PACHINKO西遊記



『燃えよデブゴン』(中国題名:肥龍渦江、英語題名:Enter The Fat Dragon)は1979年香港製作のサモ・ハン・キンポー主演監督作品。ブルース・リーとの共演経験もあるサモ・ハン・キンポーが、ブルース・リーとその作品(「ドラゴン」シリーズ)へのオマージュを込めて制作した映画である。ブルース・リーに憧れている香港の田舎出の太めの青年が町の悪党たちを倒すというクンフー映画。製作・脚本はフローレンス・F・C・ユー、監督はサモ・ハン・キンポー、撮影はリュ・クワン・ウェイ、音楽はS・K・チァンが各々担当。出演はサモ・ハン・キンポー、ピーター・K・ヤン、ロイ・チャオ・ハン、リー・ハイ・シャウ、マグ・リン・キン・ミンなど。嘉禾電影有限公司。日本で「ジャッキーの映画によく出てくる脇役」というイメージの強かったサモ・ハンを、「動けるデブ」の異名と共に人気俳優として日本のファンに知らしめた作品。


ストーリー

香港の田舎に住む素朴な青年ウォン・ロン(サモ・ハン・キンポー)は、町で叔父が経営するレストランを手伝うため田舎をたった。店には、食い逃げの常習犯であるチンピラたちがやってくるが、まじめに働く従業員の若者コーは到底彼らには刃がたたない。そこへウォンが登場。彼はデップリと太ってはいるが、ブルース・リーに憧れているクンフーの達人であり、一瞬のうちにチンピラを一掃してしまう。しかし、これが彼らの火に油を注ぐ結果となる。ウォンが出前に行っている間に、店へと仕返しにやって来た彼らは食堂を目茶々々にしてしまう。ショックのあまり、叔父は休業宣言し、ウォンは職を失ってしまう。そのような矢先、彼は繁華街で叔父の店常連の美人客であったメイ・チェン(リー・ハイ・シャウ)と妹に会う。
彼女らの勤める高級レストランで働き口を見つけるウォン。仕事はここでも店の用心棒を務めることとなる。一方、叔父の店をやめて運転手になっていたコーは、贋作骨董家コウ・シュク(ロイ・チャオ・ハン)に腕を見込まれ、名画の模写を強要される。コーは拒否するが、それが原因で傷を負う。その頃、中近東の億万長者であるドクター・バー(ピーター・K・ヤン)が骨董品の品定めのためにパーティーを催すことになり、ウォンたちはウェーターとして潜入する。しかしそのパーティ会場で偶然会った美女メイが彼がかつて失恋した幼馴染に瓜二つだった事からドクター・バーは彼女に嫌がらせをはじめ、遂には部下に命じ彼女を誘拐してしまう。


キャスト(役名)
Sammo Hung(Sammo Hung Kam-Bo) 洪金寶 サモ・ハン (サモ・ハン・キンポー) (Wong Lon)
Peter K. Yang ピーター・K・ヤン (Dr. Ba)
Roy Chiao Hung ロイ・チャオ・ハン (Kow Shook)
Lee Hai Shau リー・ハイ・シャウ (May Cheng)
Mag Lin Kin Ming マグ・リン・キン・ミン (Bar Jay)
































$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/25(日) 02:32:02|
  2. 香港映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

悪魔のいけにえ(The Texas Chain Saw Massacre) ~ 洋画ホラー ~ 

$PACHINKO西遊記



悪魔のいけにえ (あくまのいけにえ、The Texas Chain Saw Massacre)は、1974年のアメリカ映画。日本での公開は1975年2月。R指定作品。米国テキサス州に帰郷した5人の男女が、人皮によって創られた仮面を被った大男「レザーフェイス」により殺害されていく様子を捉えたホラー作品。

殺人鬼であるレザーフェイスの真に迫った精神異常の描写や、外面的な行動のみを捕え、同情を誘うような描写を一切廃したプロットは公開されるや否や数多くのフォロワーを産み、マスターフィルムがその描写の芸術性故にニューヨーク近代美術館に永久保存されている(国家で認められた公式な場所に展示されている、史実の記録以外で殺人を描写した映像作品はジョージ・A・ロメロ監督の『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』とこの映画のみである)。

この作品は、1957年にウィスコンシン州プレインフィールドで実際に発生したエド・ゲインによる猟奇殺人事件をモデルにしたという事が通説になっているが、監督本人はこの事件については記憶が曖昧で。ある評論家がエドゲイン事件に似通っている部分があると評したのをきっかけに映画と似たような実際のモデルケースがあったことに監督本人は仰天。映画冒頭部分のテロップ「これは真実の物語」は少しでも観客の恐怖を煽ろうと後付で追加した苦肉の演出であり、上記事件との関連は無いのだが、別段否定もせず傍観していた所、物凄い勢いで通説の方が流布してしまい、以降、その通説が定着する事になり結果大ヒット映画になる。この事件や犯人にヒントを得た作品には、本作のリメイクである『テキサス・チェーンソー』(2003年)を始め、『ディレンジド』『サイコ』『羊たちの沈黙』等がある。

制作費は約4千万円。公開後から現在(2006年9月)まで、世界中で総額60億円以上の配給収入を上げている。尚、配給元のブライアンストン社はこのフィルムと上映権利を約1億円で購入した。監督であるトビー・フーパーはこの作品により全米及び英国への進出を果す。(この記述内の金額は全て、物価変動等を考慮した上で現在の日本円に換算したものである)公開当初は余りの残酷性の高さ故に「決して観てはいけない」と学校等で告知され、全米の各州で上映禁止処分が下り、更にドイツを初めとする一部の国では殺人・喰人シーン等残酷な場面をカットしたバージョンしか一般に視聴出来ない程である。

ストーリー

サリー(マリリン・バーンズ)、ジュリー(アレン・ダンズィガー)、フランクリン(ポール・A・ パーティン)、カーク(ウイリアム・ヴァイル)、パムの仲良し5人組は、夏休みを利用してドライブ旅行に出ることになった。フランクリンは半身マヒで車椅子生活の青年だったが、誰一人として彼の世話を厭がる者はなかった。フランクリンとサリーは兄弟である。中西部あたりの砂漠から荒野へ、湖沼地帯を抜け、畑の真中を通り、山を越える。今日もまた抜けるような青空のもと田舎道を走っていると、一人の若い男が道路脇に立って親指を突き出している。ヒッチハイカーだ。車に乗り込んだ男は異様な風体だった。しかも、車の中へ入ってきて腰を下ろすなり、いきなりナイフを取りだし、自分の手のひらを切りつけた。2、3のやりとりのあと、今度はフランクリンの手に切りつけた。彼らはやっとのことでその狂人を追い払って難を逃れた。夕暮近くなって、一行は一軒の家を発見する・・・。

キャスト(役名)
Marilyn Burns マリリン・バーンズ (Sally)
Allen Danziger アレン・ダンズィガー (Jery)
Paul A. Partain ポール・A・パーティン (Franklin)
Jim Siedow ジム・シードー (Old Man)
Gunnar Hansen ガンナー・ハンセン (Leafher Face)
John Dugan ジョン・デュガン (Grandfather)




















$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/25(日) 00:08:00|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北斗の怪?

北斗を打ち始めて随分となるけど・・・にひひ


どうにも納得出来ない負け方をした事が2度あるビックリマーク


1度目は、昔から黒い噂のある某店の北斗KVJプンプン


データカウンターの当たり回数は104回・・・朝から回しました汗


ビックリするのはその内訳である!!


小当たりの回数が35回ぐらいあって2R通常と2R確変が40回ぐらいあせる


出玉ありの当たりが30回ぐらい・・・ガーン


最高連チャン回数が6連・・・あせる


後は粗単発終了しょぼん 初当たりは80%が2R確変えっ


雨あられと投資を重ねる事を強いられるメラメラ 


セグ判別が出来る事がデメリットとなったドクロ


単発終了の割合が80%・・・継続率ではないパンチ!


このロム本当に正規の物なのかはてなマーク


この怪しいホールにはもう一台KVJが有るのだが、そちらは新弟子君が汗


其の台も同じ状況で単発の嵐ビックリマーク


前に少しこの台を回した事があるのだが、その時も同じ叫び


怪しすぎるぞ・・・この北斗あせる


で・・・2回目が本日の北斗ダウン


熱い予告は一切来ないのに・・・珍しい演出を見せてくれた汗


それはありふれた演出・・・薄い予告からのリーチ!?


ノーマルから発展・・・多分五車星リーチだな汗


・・・と思ったら、「199×年・・・世界は核の炎に包まれた~ビックリマーク」( ̄□ ̄;)!!


「世紀末モード・・・突入~っ!!」 ・・・ってオイパンチ!


セグは2R確変だったけど・・・直ぐに終了汗 単発ッスガーン


良くVSリーチ発展形にジャンプする事があるけど・・・ビックリマーク


いきなり世紀末モードにジャンプしたのは初めてだったのでビックリ!?


せめて5連ぐらいしろよショック!


そう言えば、この頃スロットの裏ロムが出回っているとの話を聞くが・・・汗


パチンコの裏基盤の話もチラホラ囁かれているらしいあせる


怪しいホールには魔物が棲んでいるかも知れないので近づかない様にしないとね叫び


ああ~っ、恐ろしやドクロ 今度は横着せずに真っ当なホールに行くべ音譜



  1. 2009/10/24(土) 22:39:54|
  2. パチンコ珍道中記「西遊記」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ぼくとロッタの大逆転 ~ 洋画 ファンタジー/ファミリー ~

$PACHINKO西遊記


「ぼくとロッタの大逆転」は2006年のノルウェー映画である。『ソフィーの世界』のプロデューサーが贈るペットを愛する少年の想いやいじめに立ち向かう子供たちを描いた、マーリット・ニコライセン原作のファミリー映画。

ストーリー

少年スヴェインはペットとしてネズミを飼っているがゆえに、日々言われなき偏見や無理解に悩んでいた。ある日、町でペットコンテストが開催されることを知り、ペットのネズミを町のペットコンテストに出場させる計画を立てる。しかし、ネズミの悪戯に業を煮やした彼の父は、ネズミをペットショップに連れて行ってしまう。

出演: トマス・サラビー・ヴァトレ、ルイス・エンゲブリクトセン・バイ、セリーネ・ルイーセ・ディラン・スミット、ベンヤミン・グッリ、マリアム・ソグン













$PACHINKO西遊記
  1. 2009/10/24(土) 16:52:07|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

完敗・・・!

戻りましたドクロ


早々とやられて帰って来ました汗


ハネデジ北斗KVJ・・・450回転で当たり1回あせる


スロットの南国・・・7000円でB:4 R:1 ART:1回 3セット終了ドクロ


移動したライトミドルのKOUDA2・・・270回転嵌まり叫び


この台の本日の履歴は・・・当たり0回の573回転嵌まりガーン


ボッタクリ店のかつてのマイホ1・・・相も変わらず・・・出ね~っしょぼん


横着して近場で済ませた報いを受ける結果に・・・ショック!


10ヶ月ぶりに行ってまたしても惨敗ドクロ


この店、とにかく甘デジの嵌まりが半端ないビックリマーク


また当分このホールに行く事はないだろうプンプン


へ~んだ!! (´_`。)

  1. 2009/10/24(土) 15:14:44|
  2. パチンコ珍道中記「西遊記」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は止めておこうと思ったのですが・・・!

やっぱり、パチ屋に行って来ますビックリマーク


開店時間過ぎてるけどね~音譜


出撃ッスドキドキ

  1. 2009/10/24(土) 09:31:23|
  2. パチンコ珍道中記「西遊記」
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。