PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キック・アス(2010) ~ 洋画 コメディ・アクション ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記

PACHINKO西遊記




『 キック・アス 』 (原題:Kick-Ass) は、2010年に製作されたイギリス・アメリカ共同映画。

スーパーヒーローに憧れる平凡なオタク高校生が始めた無謀な自警活動が思わぬ事態へと発展していくさまを、ハードなアクション・シーンと軽妙かつブラックなユーモアを織り交ぜ描くハードバイオレンス・アクション・コメディ。
原作は、マーク・ミラーとジョン・ロミータ・Jrによる同名のコミック。

監督は「レイヤー・ケーキ (2004)」「スターダスト (2007)」「X-MEN:ファースト・ジェネレーション (2011)」のマシュー・ヴォーン。

脚本は本作の監督を務めるマシュー・ヴォーンと、「X-MEN:ファースト・ジェネレーション (2011)」「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (2012)」のジェーン・ゴールドマンとの共同執筆。

撮影は「ハンニバル・ライジング (2007)」「タイタンの逆襲 (2012)」のベン・デイヴィス。

主演は「幻影師アイゼンハイム (2006)」「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ (2009)」「Chatroom/チャットルーム (2010)」のアーロン・ジョンソン。

共演は、一躍ハリウッド期待の新星となった「(500)日のサマー (2009)」「ダーク・シャドウ (2012)」のクロエ・グレース・モレッツ、「魔法使いの弟子 (2010)」「デビルクエスト (2011)」「ゲットバック (2012)」のニコラス・ケイジなど。



[ 公開日 ]

2010年3月12日 アメリカ South by Southwest Film Festival premiere 上映
2010年3月22日 イギリス London premiere 上映
2010年3月26日 イギリス公開
2010年4月8日 オーストラリア公開
2010年4月15日 香港公開
2010年4月15日 ロシア公開
2010年4月16日 カナダ公開
2010年4月16日 アメリカ公開
2010年4月21日 フランス公開
2010年4月22日 ドイツ公開
2010年4月22日 韓国公開
2010年6月4日 スペイン公開
2010年9月16日 日本 Old Town Taito International Comedy Film Festival 上映
2010年12月18日 日本公開
2011年4月1日 イタリア公開
2011年7月2日 日本 Miyazaki Film Festival 上映








【 ストーリー 】



アメコミ好きでスーパーヒーローに憧れるニューヨークの高校生デイヴ。
ある日彼は、インターネットで手に入れたコスチュームを身に纏い、勧善懲悪のヒーロー“キック・アス”として街に繰り出す。
しかし、何の能力も持たない彼は最初のパトロールでチンピラにボコボコにされ重傷を負ってしまう。
ところが、その治療で体中に金属を埋め込み、神経の損傷で痛みにも鈍感になったデイヴは無類の打たれ強さを身につけていた。
そして、懲りずにパトロールを再開したデイヴ。
すると、その様子を野次馬が動画サイトにアップしたことからキック・アスの名はたちまち知れ渡り、一躍時の人に・・・。
だが、そんなキック・アスの活躍ぶりを知った地元マフィアのボス、ダミコは最近起きた組織のトラブルを彼の仕業と勘違いし、キック・アスの抹殺へと乗り出す。
ところが、実際はキック・アスの影で別のヒーローが暗躍していた。
その正体は、ダミコへの復讐に燃える元警官の“ビッグ・ダディ”と、彼が手塩に掛け恐るべき殺人マシーンへと鍛え上げた娘“ヒット・ガール”だった。
やがてキック・アスは、この親子とダミコの血で血を洗う戦いの渦に巻き込まれていくのだが・・・。









【 余談 】


・ 本作の脚本執筆と原作コミックの刊行は同時期に行われた。

・ ヴォーンはまずソニーと契約して製作費を捻出しようとしたが、バイオレンス描写を弱めるよう要求をされた為に断念した。
その後、他のスタジオも興味を示すがキャラクター設定の変更を求められた為、最終的にヴォーンが自分で製作費を調達し、自主映画となった。

・ 撮影はカナダやイギリスで行われた。

・ 2010年3月26日にイギリスで世界最速公開され、4月8日にオーストラリア、16日にはアメリカ合衆国で興行がスタートした。
日本ではまず、2010年9月16日に行われた第3回したまちコメディ映画祭in台東の「映画秘宝まつり」内で限定公開され、2010年12月18日に渋谷、川崎、梅田、静岡の4劇場から一般公開が開始された。

・ 北米では公開週末3日間で19,828,687ドルを稼ぎ、2週目の『ヒックとドラゴン』を僅かに上回って初登場1位となった。

・ Rotten Tomatoesでは222のレビューで77%が肯定的なもので、平均点は10点満点中7.0点だった。
また、Metacriticでは38のレビューで平均点は100点満点中66点だったが、ロジャー・イーバートは4つ星満点で1つ星を与え、本作が「道徳的にふとどきである」と批判した。

・ 監督のマシュー・ヴォーンは、続編に関心を持っていることを明らかにする]一方で、「まだ何も計画していない」とも答えた。
クロエ・グレース・モレッツは続編について熱心で、ヒット・ガールを演じるのが好きであると述べた。
上記の発言からの続報として、『Kick-Ass 2: Balls to the Wall』のタイトルで2012年公開予定との旨が発表されている。








【 スタッフ 】



監督 : マシュー・ヴォーン
製作 : マシュー・ヴォーン 、ブラッド・ピット、クリス・サイキエル 、アダム・ボーリング 、タルキン・パック 、デヴィッド・リード 、ダレン・ゴールドバーグ 、ジェーン・ゴールドマン 、Lyn Lucibello
製作総指揮 : ピエール・ラグランジェ 、スティーヴン・マークス 、マーク・ミラー 、ジョン・S・ロミタ・Jr 、ジェレミー・クライナー
原作 : マーク・ミラー 、ジョン・S・ロミタ・Jr
脚本 : ジェーン・ゴールドマン 、マシュー・ヴォーン
撮影 : ベン・デイヴィス
美術/プロダクションデザイン : ラッセル・デ・ロザリオ
衣装デザイン : サミー・シェルドン
編集 : ジョン・ハリス 、ピエトロ・スカリア 、エディ・ハミルトン
音楽 : ジョン・マーフィ 、ヘンリー・ジャックマン 、マリウス・デ・ヴリーズ 、イラン・エシュケリ

キャスティング : サラ・フィン 、ルシンダ・シソン
アートディレクション : ジョー・ハワード 、ジョン・キング 、サラ・スチュアート
セット制作 : ティナ・ジョーンズ 、クライヴ・トマソン
視覚効果(Visual Effects) : クレイグ・アリソン 、テレンス・アルバレズ 、カーステン・サンド・アンデルセン 、ジェイソン・アーバー 、スチュワート・アッシュ 、オリヴァー・アサートン 、Dalia Al-Husseini 、Pontus Albrecht 、Szvák Antal
特殊効果(Special Effects) : マシュー・G・アームストロング 、スチュアート・ブラウン 、イアン・コブルド 、アレクサンダー・ガン 、デヴィッド・ハリス 、ジュード・ハリス 、グラハム・ヒルズ 、マシュー・ホートン 、Michael Innanen 、Rocco Larizza
メイク : ジョアン・ベネット 、バリー・ガワー 、ポール・ジョーンズ 、スティーヴン・マーフィ 、Sophia Burnage 、Amy Byrne 、Amber Chase 、Fae Hammond 、Daniel Lee 、Gemma Richards
謝辞 : ギャレス・ウィガン 、Jeremy Pelzer

製作会社 : マーヴ・フィルムズ 、プランBエンターテインメント








【 キャスト 】


デイヴ・リゼウスキ(キック・アス) : アーロン・ジョンソン (吹替:佐藤拓也)
デーモン・マクレイディ(ビッグ・ダディ) : ニコラス・ケイジ (吹替:内田直哉)
ミンディ・マクレイディ(ヒット・ガール) : クロエ・グレース・モレッツ (吹替:沢城みゆき)
フランク・ダミコ : マーク・ストロング (吹替:斎藤志郎)
クリス・ダミコ(レッド・ミスト) : クリストファー・ミンツ=プラッセ (吹替:勝杏里)
ビッグ・ジョー : マイケル・リスポリ (吹替:杉野博臣)
アンジー・ダミコ : ヤンシー・バトラー
ロビー・グーン : ジェイソン・フレミング
アリス・リゼウスキ(デイヴの母) : エリザベス・マクガヴァン
デイヴの父 : ギャレット・M・ブラウン (吹替:小柳基)
ケイティ・デュークスマ : リンジー・フォンセカ (吹替:たなか久美)
エリカ : ソフィ・ウー
コディ : デクスター・フレッチャー
デイヴの親友マーティ : クラーク・デューク
デイヴの親友トッド : エヴァン・ピーターズ
ヴィック・ギガンテ : ザンダー・バークレー (吹替:小柳基)
軍曹 : オマリ・ハードウィック (吹替:遠藤大智)
スポーティ・グーン : コーレイ・ジョンソン
トレ・フェルナンデス : ランダル・バティンコフ
本人役 : クレイグ・ファーガソン
ラズール : コフィー・ナーティ (吹替:中西としはる)
ステュー : ステュー・ラージ・ライリー (吹替:広田みのる)
ポスター : クラウディア・シファー
ギャング・キッド(1st) : ジョニー・ホプキンス (吹替:石狩勇気)
ギャング・キッド(2nd) : オーヘン・コーネリアス (吹替:里卓哉)
マーカス・ウィリアムズ

デボラ・トゥイス
ケン・シモンズ
カルロス・ベス・ペレス
ラッセル・ベントリー
テイマー・ハッサン
エイドリアン・マルティネス
ティム・プレスター
クリストファー・マクガイア
マックス・ホワイト
ディーン・コプコヴ
ジェイコブ・カートライト
モーリス・デュボワ
ダナ・タイラー
オマー・A・ソリアノ
カトリーナ・ロシェル
ダン・デュラン
ルイス・ヤング
クイン・スミス
マックス・カラム
アニー・クーパー
ラッセル・デ・ロザリオ
アレクサンダー・ハザウェイ
デクスター・ネイビー
メリッサ・アン・スミス
Anthony Desio
Joe Bacino
Hubert Boorder
Val Jobara
Mihai Arsene
Wayne Curnew
Tangara Jones
Kirk Tingblad






  予告

  ↓
TRAILER






キック・アス DVD/アーロン・ジョンソン,クロエ・グレース・モレッツ,クリストファー・ミンツ=プラッセ
¥3,990
Amazon.co.jp

キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組)/アーロン・ジョンソン,クロエ・グレース・モレッツ,クリストファー・ミンツ=プラッセ
¥5,985
Amazon.co.jp

キック・アス【Blu-ray】 [ アーロン・ジョンソン ]
¥5,387
楽天

【送料無料】 キック・アス Blu-ray(特典DVD付2枚組) 【BLU-RAY DISC】
¥5,985
楽天

[Blu-ray] キック・アス
¥4,668
楽天

キック・アス [ アーロン・ジョンソン ]
¥3,591
楽天

キック・アス 【Blu-ray】
¥4,907
楽天

[Blu-ray] キック・アス
¥4,788
楽天

★DVD/洋画/キック・アス/TDV-21059D
¥3,191
楽天

キック・アス/アーロン・ジョンソン
¥3,990
楽天

キック・アス 【DVD】
¥3,591
楽天

キック・アス(DVD) ◆18%OFF!
¥3,272
楽天

キック・アス(DVD)
¥3,271
楽天

キック・アス(Blu-ray Disc)
¥5,700
楽天

★【送料無料】 DVD/洋画/キック・アス/TDV-21059D
¥3,990
楽天

【送料無料】キック・アス/アーロン・ジョンソン[DVD]【返品種別A】
¥3,591
楽天

アーロン・ジョンソン/キック・アス
¥3,990
楽天

★【送料無料】 DVD/洋画/キック・アス/TDV-21059D
¥3,483
楽天

★【送料無料】 BD/洋画/キック・アス (Blu-ray) (本編ディスク+特典ディスク (...
¥5,985
楽天

[DVD] キック・アス
¥3,112
楽天

キック・アス(Blu-ray Disc)/アーロン・ジョンソン
¥5,985
楽天

[直筆サイン入写真] アーロン・ジョンソン Aaron Johnson (キックアス KICK...
¥19,800
楽天

DVD キック・アス[東宝]《取り寄せ※暫定》
¥3,180
楽天

キック・アス / 洋画
¥3,551
楽天

SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【キックアス】Kick-Ass (Blu-ray/...
¥3,590
楽天

SALE OFF!新品北米版DVD!【キックアス】Kick-Ass!
¥1,690
楽天

【中古】洋画Blu-ray Disc キック・アス DVD付【マラソンsep12_東海北陸甲信...
¥4,580
楽天









PACHINKO西遊記 ペタしてね アメンバー募集中 読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2012/09/03(月) 20:10:12|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ブラッド・ワーク (2002) ~ 洋画 ミステリー・クライム・サスペンス ~ | ホーム | REC/レック3 ジェネシス (2012) ~ 洋画 ホラー ~>>

コメント

1. こんばんは

すごい映画ですね!

主人公、神経が麻痺して打たれ強いのはいいけど・・・身体はボロボロでしょ(笑)

最後は気になります

笑ってしまいそうな感じもするし
シリアスに物語が進みそうな感じもするし

メッチャ興味あります!
  1. 2012/09/03(月) 21:09:52 |
  2. URL |
  3. mariん子 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2. Re:こんばんは

>mariん子さん
この映画は、最近のコメディ・アクション系では私のお気に入りの一つに入っています。
公開前から大きな反響があり、興行成績的にも成功した事から、現在、続編の『Kick-Ass 2: Balls to The Wall』が製作中の様です。
今年の終り頃か・・・来年の初旬頃に公開予定みたいですね♪
次作では新しい戦うヒロインとしてナイトビッチが登場するそうですよ!
今から楽しみです❤
  1. 2012/09/03(月) 22:34:35 |
  2. URL |
  3. たけごろう #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/2129-67825ff3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。