PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

グリーン・ホーネット (2010) ~ 洋画 アクション・アドベンチャー ~


PACHINKO西遊記

PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記




『 グリーン・ホーネット 』 (原題:The Green Hornet) は、2010年に製作されたアメリカ映画。

昼間は新聞社の社長を務める主人公が、夜には相棒と共にヒーロー“グリーン・ホーネット”となり、ハイテクとメディアを駆使して悪党に立ち向かう姿を痛快に描く。

原作は、1936年から1952年にかけてラジオ番組として放送され、1966年から1967年にはブルース・リーも出演し人気を博した往年の米TVシリーズ「グリーン・ホーネット」。

監督は「ヒューマンネイチュア (2001)」「エターナル・サンシャイン (2004)」「TOKYO! (2008)」「心の棘 (2009)」のミシェル・ゴンドリー。

脚本は「スーパーバッド 童貞ウォーズ (2007)」「スモーキング・ハイ (2008)」「Goon (2011)」「The Watch (2012)」のエヴァン・ゴールドバーグと、本作の主演を務めるセス・ローゲンとの共同。

撮影は「ザ・ロック (1996)」「アルマゲドン (1998)」「パール・ハーバー (2001)」「アメイジング・スパイダーマン (2012)」のジョン・シュワルツマン。

音楽は「サイゴン (1988)」「マイ・ガール (1991)」「アイ・アム・レジェンド (2007)」「ソルト (2010)」「スノーホワイト (2012)」のジェームズ・ニュートン・ハワード。

主演は「ドニー・ダーコ (2001)」「スパイダーウィックの謎 (2008)」「宇宙人ポール (2010)」「50/50 フィフティ・フィフティ (2011)」のセス・ローゲン。

共演は「頭文字[イニシャル]D THE MOVIE (2005)」「カンフー・ダンク! (2008)」「酔拳 レジェンド・オブ・カンフー (2010)」「ブラッド・ウェポン (2012)」のジェイ・チョウ、「メリーに首ったけ (1998)」「チャーリーズ・エンジェル (2000)」「ナイト&デイ (2010)」「バッド・ティーチャー (2011)」のキャメロン・ディアス、「トルスタンとイゾルデ (1981)」「私が愛したギャングスター (2000)」「イングロリアス・バスターズ (2009)」「三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船 (2011)」のクリストフ・ヴァルツなど。




[ 公開日 ]


2011年1月12日 フランス公開
2011年1月13日 ドイツ公開
2011年1月14日 カナダ公開
2011年1月14日 スペイン公開
2011年1月14日 イギリス公開
2011年1月14日 アメリカ公開
2011年1月20日 オーストラリア公開
2011年1月22日 日本公開
2011年1月27日 韓国公開
2011年1月28日 イタリア公開
2011年2月2日 香港公開
2011年2月3日 ロシア公開







【 ストーリー 】



ブリット・リード(セス・ローゲン)はロサンゼルスの大新聞社の御曹司。
幼くして母を亡くし、新聞社の創業者である父に厳格に育てられた反動から、絵に描いたような放蕩息子に成長。
金持ちでプレイボーイ、人から指図されることを嫌う、自由奔放な青年だった。
だがある日、彼の父ジェームズ・リード(トム・ウィルキンソン)が蜂に刺されたことが元でこの世を去り、ブリットは突然、社長の座に就く。
そして出会ったのが、完璧な仕事ぶりを見せる父の運転手カトー(ジェイ・チョウ)。カトーはブリットに、ジェームズが他人には見せない、もう一つの顔を持っていたことを告げる。
正義に目覚め、ロスの街の悪党を一掃する決心を固めるブリット。
単なる運転手だけでなく、天才発明家としての顔も持つカトーは、どんな武器もどんな攻撃も通用しないハイテク装置満載の自動車“ブラック・ビューティー”を完成させる。
全身をグリーンのスーツとマスクに包んだブリットとカトーは、自分たちを“グリーン・ホーネット”と命名。
そしてブリットは、悪党に近づくには悪党を装う方が有利と考え、自社の新聞記事でグリーン・ホーネットを新たな悪党と書き立てながら、悪党たちを倒してゆく。
そこには、ブリットの美人で有能な秘書レノア・ケース(キャメロン・ディアス)の協力もあった。
そんなとき、父の急死に暗黒街の王ベンジャミン・コドンフスキー(クリストフ・ヴァルツ)が絡んでいることを知ったブリットとカトーは、警察、検察、新聞社、暗黒街すべてを欺く決戦に立ち上がる……。



PACHINKO西遊記





【 余談 】


90年代から映画化が幾度も計画されており、ジョージ・クルーニーやジェイソン・スコット・リーがキャスト候補に挙がっていたが実現に至らなかった。
2004年の夏には、ケヴィン・スミス監督、脚本による『グリーン・ホーネット』が2005年に公開されることが発表され、ジェイク・ジレンホールとジェット・リーが出演すると噂された。しかしその後企画は進展せず、2006年にスミスはもう本作の製作とは何も関係がなくなったことがわかった。
スミスが書いた脚本は後に自身が手掛けるコミック版に活かされることになる。
2008年6月4日、ソニー・ピクチャーズは、コロンビア映画による映画化計画が進行中であることを発表した。
当初は2010年6月25日公開を予定していたが、後に数度変更が発表された。
一時は製作中止の噂が流れたが、2009年9月2日に無事開始された。
ソニー・ピクチャーズは、香港のアクション・コメディ俳優のチャウ・シンチーがカトー役で出演することを発表した。
当初は監督も兼任すると発表されたが、後に製作上の意見の相違のために出演のみになることがわかった。
チャウ・シンチーは後にジャック・ブラックとのパロディ映画のためにカトー役も降板し、代わりに台湾のジェイ・チョウが抜擢された。
また、悪役のミスターXには当初ニコラス・ケイジが予定されていたが降板し、キャスト不在のまま撮影は進んだ。
2009年9月14日、代わってオーストリアのクリストフ・ヴァルツが出演することが報じられた。
10月8日にはアンヴィルのカメオ出演シーンが撮影された。
2010年6月21日、予告編と写真が初公開された。
北米公開日は2010年12月22日を予定していたが、3Dにコンバートする作業のために2011年1月14日に延期された。
音楽はダニー・エルフマンが手掛ける予定だったがスケジュールの都合の為に降板し、代わりにジェームズ・ニュートン・ハワードが担当した。






【 スタッフ 】



監督 : ミシェル・ゴンドリー

原作 : ジョージ・W・トレンドル
脚本 : エヴァン・ゴールドバーグ 、セス・ローゲン

製作 : ニール・H・モリッツ
製作総指揮 : セス・ローゲン 、エヴァン・ゴールドバーグ 、オリ・マーマー 、マイケル・グリロ 、ジョージ・W・トレンドル・Jr 、ラフィ・アドラン 、トッド・コーガン 、リサ・ロジャース 、Leeann Stonebreaker
撮影 : ジョン・シュワルツマン
美術/プロダクションデザイン : オーウェン・パターソン
衣装デザイン : キム・バレット
編集 : マイケル・トロニック
音楽 : ジェームズ・ニュートン・ハワード

キャスティング : フランシーン・マイスラー
アートディレクション : チャド・S・フレイ 、グレッグ・パパリア 、Benjamin Edelberg
セット制作 : ロナルド・R・ライス
視覚効果(Visual Effects) : ショーン・ウィリアム・アデア 、リー・アラン 、Nadarajan Usha Abheesh 、Milton Adamou 、David Aguirre 、Matt Akey 、Ryan Albertson 、Anjel Alcaraz 、Julius F. Alexander 、Troy Alexiadis
特殊効果(Special Effects) : H・バークレー・アーリス 、デヴィッド・アンボーン 、ショーン・アンボーン 、ローランド・ブランカフラー 、グレッグ・ブライアント 、ランディ・フィッツジェラルド 、スコット・フォーブス 、エリック・フレイジャー 、ジョン・フレイジャー 、Kent D'Huet
メイク : カールトン・コールマン 、キンバリー・グリーン 、Donna J. Anderson 、Tammy Ashmore 、Marc Boyle 、Bonita DeHaven 、Cheryl Eckert 、Robin Fredriksz 、Michelle Garbin 、Hitomi Golba
謝辞 : ジェイソン・コックス 、アンドリュー・エプスタイン 、ニック・テオドラキス







【 キャスト 】



ブリット・リード / グリーン・ホーネット : セス・ローゲン (吹替:山寺宏一)
カトー : ジェイ・チョウ (吹替:森田成一)
レノア・ケース : キャメロン・ディアス (吹替:林真里花)
ベンジャミン・チュドノフスキー : クリストフ・ヴァルツ (吹替:安原義人)
ジェームズ・リード : トム・ウィルキンソン (吹替:小島敏彦)
フランク・スカンロン : デヴィッド・ハーバー (吹替:丸山壮史)
マイケル・アックスフォード : エドワード・ジェームズ・オルモス (吹替:斎藤志郎)
ポパイ : ジェイミー・ハリス (吹替:家中宏)
チリ : チャド・コールマン (吹替:乃村健次)
タッパー : エドワード・ファーロング (吹替:佐藤せつじ)
ダニー・“クリスタル”・クリア : ジェームズ・フランコ [カメオ出演] (吹替:小西克幸)

アナ : アナリー・ティプトン

メイド : アイリーン・ホワイト メイド

ジョシュア・チャンドラー・エレンバーグ
テイラー・コール
ロバート・クロットワーシー
マイケル・ホールデン
ジョー・オコナー
モーガン・ラスラー
ジェイミソン・ヤン
ゲイリー・デイヴィス
ビリー・メイヨ
ビヴァリー・ブルックス
ル・パーカー
ダイアン・ミゾタ
タナー・ギル
ジョージ・フィッシャー
ダニエル・アリアス
エディ・ペレス
ブライアン・トンプソン
ルーベン・ランドン
キース・アダムス
デニス・キーファー
デイヴ・パウレッジ
ジェリー・トリンブル
バート・バゲット
オースティン・コールマン
エレナ・ディアス
ラリー・ゴールドシュテイン
キラ・ハヤシ
ドン・クレス
マクシミリアン・ロウ
ジャン=クロード・ルーイエ
サラ・スキーターズ
カート・E・ソダーリング
スティーヴン・スタントン
マイケル・A・テンプルトン
Jill Remez
Brandon Rudat
Theodore Bressman
Dave Rickley
Dina Mamedova
Ameer Alexander
Alexandra Lord
Christy Petersen
Frederick C. Ruiz
Travon Magee
Joel Clark Ackerman
Zoli Dora
Mike Foxx
Kate Fuglei
Giovanni V. Giusti
Thayr Harris
Oren Kalmus
Hunter James Mckeever
Ashlyn Miyasaki
Les Mumphrey
Taylor Reed
Deborah Rombaut
Brandon Rush
Monika Spruch
Ray Starmann





  予告

  ↓
TRAILER




グリーン・ホーネット [DVD]/セス・ローゲン,ジェイ・チョウ,キャメロン・ディアス
¥2,980
Amazon.co.jp

グリーン・ホーネット IN 3D [Blu-ray]/セス・ローゲン,ジェイ・チョウ,キャメロン・ディアス
¥4,980
Amazon.co.jp

グリーン・ホーネット [DVD]/セス・ローゲン,ジェイ・チョウ,キャメロン・ディアス
¥1,480
Amazon.co.jp

グリーン・ホーネット [Blu-ray]/セス・ローゲン,ジェイ・チョウ,キャメロン・ディアス
¥2,500
Amazon.co.jp

グリーン・ホーネット [Blu-ray]/セス・ローゲン,ジェイ・チョウ,キャメロン・ディアス
¥3,990
Amazon.co.jp

ブルーレイ3D お得パック1 グリーン・ホーネットTM 3D&2Dブルーレイセット/バイオハザ.../セス・ローゲン,ジェイ・チョウ,キャメロン・ディアス
¥8,400
Amazon.co.jp

グリーン・ホーネット ジェイ・チョウBOX [DVD]/セス・ローゲン,ジェイ・チョウ,キャメロン・ディアス
¥9,800
Amazon.co.jp

グリーン・ホーネット [ セス・ローゲン ]
¥2,384
楽天

グリーン・ホーネット 3D&2Dブルーレイセット【Blu-ray】 [ セス・ローゲン ]
¥3,933
楽天

グリーン・ホーネット【Blu-ray】 [ セス・ローゲン ]
¥3,192
楽天

【中古】洋画Blu-ray Disc グリーン・ホーネット【0304superP10】【画】
¥1,670
楽天

グリーン・ホーネット [ セス・ローゲン ]
¥1,000
楽天

ブルーレイ3D お得パック1 グリーン・ホーネットTM 3D&2Dブルーレイセット/バイオハザ...
¥6,552
楽天






PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2012/10/22(月) 16:51:12|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<スナッチ(2000) ~ 洋画 クライム・サスペンス ~ | ホーム | ハッピーエンド (2008) ~ 邦画 コメディ・ロマンス ~>>

コメント

1. こんにちは(^^)

なんかバットマンっぽい映画ですね♪

ていうか・・・余談読んでグダグダ感満載に撮影された見たいですね(^^;
  1. 2012/10/22(月) 17:28:35 |
  2. URL |
  3. mari #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2. Re:こんにちは(^^)

>mariさん
バットマンがシリアス系で、これはコメディ色が強い感じですかね。
mariさんが生まれる前からあるシリーズの映画化作品なんですが、とても面白いですよ。
製作過程でのドタバタはハリウッドでは当たり前の行事なので、逆にドタバタなしにスムーズに運ぶ方が珍しいかもです。
  1. 2012/10/22(月) 19:32:55 |
  2. URL |
  3. たけごろう #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/3790-a69b9e0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。