PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

地獄のヒーロー (1984) ~ 洋画 戦争・アクション ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記




『 地獄のヒーロー 』 (原題:Missing in Action) は、1984年に製作されたアメリカ映画。
ベトナムで今なお捕虜となっているアメリカ人兵士を救うべく、単身戦場に乗り込んだ一人の男の戦いを描く。
製作は「スペースバンパイア (1985)」「サイボーグ (1989)」「キリングストリート (1991)」のメナヘム・ゴーランと、「グローイング・アップ (1978)」「デルタ・フォース (1985)」「オーバー・ザ・トップ (1987)」のヨーラム・グローバス。
製作総指揮は「地獄で眠れ (1984)」「フリッパー (1996)」「マイ・ボディガード (2004)」のランス・フール。
監督は「ローズマリー (1981)」「地獄のコマンド (1985)」「レッド・スコルピオン (1988)」ののジョセフ・ジトー。
脚本は「香港コネクション (1981)」「デルタ・フォース (1985)」「地獄のコマンド (1985)」のジェームス・ブルーナー。
撮影は「13日の金曜日・完結編 (1984)」「地獄のコマンド (1985)」「レッド・スコルピオン (1988)」のジョアオ・フェルナンデス。
音楽は「マニアック (1980)」「マニアック・コップ (1988)」「レッド・スコルピオン (1988)」のジェイ・チャタウェイが担当。
主演は「ドラゴンへの道 (1972)」「デルタ・フォース (1985)」「ドッジボール (2004)」「エクスペンダブルズ2 (2012)」のチャック・ノリス。
共演は「新・猿の惑星 (1971)」「ブレードランナー (1982)」「レーシング・ストライプス (2004)」のM・エメット・ウォルシュ、「地獄のヒーロー (1984)」「ストーン・コールド (1991)」のデヴィッド・トレス、「地獄のヒーロー (1984)」「ザ・リベンジャー (1990)」「スターシップ・トゥルーパーズ (1997)」のレノア・カスドーフ、「ブレードランナー (1982)」「ゴールデン・チャイルド (1986)」「地球が静止する日 (2008)」のジェームズ・ホンなど。



[ 公開日 ]

1984年11月16日 アメリカ公開
1985年3月28日 オーストラリア公開
1985年6月8日 日本公開
1985年6月12日 フランス公開








【 ストーリー 】


ジャングルで激闘をくり広げるアメリカ軍とヴェトナム軍。
捕虜収容所から生命からがら逃げ出したブラドック大佐(チャック・ノリス)は、あの頃の夢をよく見た。
ヴェトナムは国内にアメリカ軍人の捕虜はいないと言明している。
ブラドックは自分の体験からそれは嘘であることを知っていた。
アメリカは真相追求のためポーター上院議員(デイヴィット.トレス)を派遣する。
彼もその調査団に同行した。
会談の席でトラン将軍(ジェームズ・ホン)は、改めて米軍人の捕虜はいないと言う。
その夜、ブラドックはホテルを抜け出し、トラン邸に忍び込み、ナイフをトランの喉に当てて捕虜収容所の場所を聞き出しトランを殺した。
ホテルにもどったブラドックは国務省の女役人アン(レノーレ・カスドーフ)とベッドを共にしていたように装うが、ヴェトナム側は彼を国外追放してしまう。
タイに渡ったブラドックは戦友タック(M・エメット・ウォルシュ)に協力を求めて、船、武器を調達する。
ヴェトナム側の手先をやっつけて、ヴェトナム領の川に侵入。
捕虜収容所を急襲するが・・・。







【 余談 】


・ 公開第一週での興行成績は$6,101,000を上げ、ボックスオフィス・チャート初登場一位を記録。
当時としては記録的な大ヒットで、チャック・ノリスの人気を決定的にした。
また、その後も多くのチャック・ノリス主演作を製作することになる“キャノン・フィルム”の初主演作でもあり、彼の看板シリーズとなった。

・ 当初は続編にあたる『地獄のヒーロー2』(1985年)が本来シリーズの一本目であり、逆に本作が続編として製作されていた。
物語の時系列的にも、ブラドックの捕虜収容所からの脱出劇をプロットとする『地獄のヒーロー2』が本作以前に位置している。
公開順の変更は、メナハム・ゴーランのプロデューサー判断で行われた。
この公開順番の変更の名残りはクレジットにも認めることができる。
一本目に予定されていた『地獄のヒーロー2』のオリジナル脚本を担当した、スティーブ・ビングがキャラクター原案としてクレジットされ、スティーブ・ビングの脚本をチャック・ノリスに持ち込み、企画実現に奔走『地獄のヒーロー2』の監督を担当したランス・フールが原案・製作総指揮としてクレジットされている。

・ キャスティングは『ブレードランナー』(1982年)出演の役者陣の登用が目立った。 『ブレードランナー』で眼球製作者のハンニバル・チュウ役のジェームズ・ホンがトラウ将軍にキャストされ、ブラドックの相棒タック役にも、『ブレードランナー』のセバスチャンを演じたウィリアム・サンダーソンにオファーが出されていたが、彼が断った為に、同じ『ブレードランナー』でブライアント署長を演じたM・エメット・ウォルシュに決定した。


[ チャック・ノリスの述懐 ]

チャック・ノリスの自叙伝によれば、ベトナム戦争で戦死した弟ウィーランドに捧げる映画を作りたいと以前から切望していた彼のもとに、ランス・フールによって『地獄のヒーロー2』の脚本が持ち込まれた。
悲壮を極めたベトナム戦争によって行方不明になったままの2000人もの米軍兵士の為にも、ぜひこの映画を作りたいとの意で、ランスとチャックの二人は熱心に映画会社を口説いて回ったが、ハリウッドの誰もがそんな脚本に関心を示さなかった。
80年代初頭の時代背景と言えば、イランで1年以上も拘束されているアメリカ市民のニュースがトップ扱いであった。
その後、ロナルド・レーガンの大統領就任により拘束されていたアメリカ市民が解放されたことで、国民の気分は高揚していたにも関らず、 アメリカ兵士が外国で囚われるような映画はもう誰も観たくないであろう。
それが当時のハリウッドの主流の考え方であったという。
チャックは諦めずに映画会社を回り、この映画はベトナムで戦った兵士を讃えるだけではなく、興行的にも大成功間違いなしだと説得した。
ようやくキャノン・フィルムが、映画製作に同意した。
チャックは完成した映画の反響を確認するため、ハリウッドの試写会ではなく、一般の映画館の公開初日に『地獄のヒーロー』を観に行った。
いつものように彼は、プロの評論家の意見よりも観客の反応が知りたかったからだ。
ブラドックがクライマックスで、いまだに米兵達がベトナムで捕らえられていることを証明した時、観客全員が総立ちで拍手喝采した。
その歓声を聞いてチャックは、自分達がそれまでに映画に注いだ努力が報われるような思いがしたという。
『地獄のヒーロー』は、公開1週目で600万ドルの興行成績を叩き出し、当時としては記録的な大ヒット作となった。
また、チャックのそれまでの主演作と違い、好意的な映画評が多数書かれた。
しかし、チャックにとっての最高の賛辞は、ベトナム帰還兵の父を持つある女性の「父が泣いたのを生まれて初めて見ました」という言葉だった。
チャックは、「ベトナムで死んだ弟ウィーランドと、その他数多くのベトナム戦死者の霊を慰めることができたのなら本当に嬉しいと思った。」と綴っている。


[ 公開後の論争 ]

・ シルヴェスター・スタローン主演、ジョージ・P・コスマトス監督による『ランボー/怒りの脱出』(1985年)の前年の公開にも関らず、類するプロットから、『ランボー/怒りの脱出』の亜流作品との見方が多く見受けられる。
日本においては、米国の事情や公開年度も知らない根拠のない印象論が殆どを占めるが、米国では『ランボー/怒りの脱出』の熱心なファンから盗作であるという具体的な批判まで起きた。
その場合、「『ランボー/怒りの脱出』の脚本は、ジェームス・キャメロンによって1983年に書かれていた」という、ある映画批評家による記事が“ランボー派”の根拠として取り上げられてきた。
そして、そのキャメロンの脚本に、キャノンの責任者メナハム・ゴーランがインスパイアされ製作した映画が『地獄のヒーロー』であり、著作権侵害をかわす手立てとして、本来一本目に予定されていた(『ランボー/怒りの脱出』とは異なるプロットである)『地獄のヒーロー2』と同時に二本撮りされ、公開順を入れ替えることで『ランボー/怒りの脱出』よりも6ヶ月も早く公開されたというものである。
エクスプロイテーション映画で多く見られる常套手段であり、事実であったとしても何ら驚くべきことではない。
しかも、この説は、キャメロンによって先行して書かれていたという“MIA救出”というプロットも決してオリジナルではなく、更に先行作品が存在するという点を大きく見落としている。
キャメロンが脚本を執筆したとする年と同年に公開されていた、テッド・コッチェフ監督、ジョン・ミリアス製作による ジーン・ハックマン主演の『地獄の7人』(1983年)である。
キャメロンは『ターミネーター』(1985年)でブレイクする以前は、エクスプロイテーション映画の帝王ロジャー・コーマンの下で働いており、監督作も『殺人魚フライングキラー』(1981年)という、シリーズものではあるが『ピラニア』(1978年)というB級パニックホラーの二番煎じ映画である。
その後、大物監督となるキャメロンという映画人を神格化し、その脚本の存在をもって、『地獄のヒーロー』を断じるのであれば、それはキャメロンが『地獄の7人』にインスパイアされたであろうことは明白な『ランボー/怒りの脱出』も同時に断罪されなければフェアーとは言えない。
また日本では、『ランボー/怒りの脱出』をA級、『地獄のヒーロー』をB級とレッテルを張る向きもあるが、これも根拠が不明である。
非メジャーである独立系スタジオ、キャノン・フィルムによって製作された『地獄のヒーロー』がB級映画なのは当然だが『ランボー/怒りの脱出』もキャノン同様に新興の独立系スタジオ、カロルコ・ピクチャーズ作品であり、どちらもB級映画に変わりはない。
尚、B級というカテゴリーは、元来において作品の質や予算規模を表すものではなく、メジャースタジオにおいてはBプログラムを指す、製作体制や興行形態であり、現在、独立系スタジオを交えた場合、それはメジャー系と独立系を区別する為の映画の配給システムまたは興行体系に用いる、あくまでも区別用語である。
根拠のない主観でレッテルを張る為の差別用語ではない。







【 スタッフ 】


監督 : ジョセフ・ジトー
脚色 : ジェームズ・ブルーナー
ストーリー原案 : ランス・フール 、ジョン・クロウザー
キャラクター原案 : スティーヴ・ビング 、アーサー・シルヴァー 、ラリー・レヴィンソン
製作総指揮 : ランス・フール
製作 : メナヘム・ゴーラン 、 ヨーラム・グローブス 、アヴィ・クレインバーガー 、ケン・メトカーフ
撮影 : ホアオ・フェルナンデス
音楽 : ジェイ・チャタウェイ
編集 : ジョエル・グッドマン 、ダニエル・ローエンタール
キャスティング : パメラ・バスカー 、ファーン・チャンピオン
美術/プロダクションデザイン : ラジスラフ・ウィルヘイム
アートディレクション : トト・カスティーリョ
セット制作 : セルソ・デ・ラ・クルズ
衣装デザイン : ナンシー・コーン
特殊効果(Special Effects) : ダニロ・ドミンゲス 、ローランド・セイラム
スタント・コーディネーター : アーロン・ノリス
字幕 : 菊地浩司








【 キャスト 】


ジェームス・ブラドック大佐 : チャック・ノリス (TV吹替: 森川公也)
ジャック・タッカー : M・エメット・ウォルシュ (TV吹替: 神山卓三)
マクスウェル・ポーター上院議員 : デヴィッド・トレス (TV吹替: 加藤正之)
アン・フィッツジェラルド : レノア・カスドーフ (TV吹替: 上田みゆき)
トラウ将軍 : ジェームズ・ホン (TV吹替: 仲木隆司)
ヴィン : アーニー・オルテガ (TV吹替: 内海賢二)
ジャック : ピエリーノ・マスカリーノ
マスッチ : エリック・アンダーソン
カーター : ジョセフ・カーベリー
ダルトン : アヴィ・クレインバーガー
ランダル : ウィリー・ウィリアムズ
GI : リック・セグレト
パール夫人 : ベラ・フローレス
ベトナムのビジネスマンA : ギル・アルセオ
ベトナムのビジネスマンB : ロジャー・ダンティズ
サバティニ・フェルナンデス
ジェフ・メイソン
キム・マリナー
ディアンナ・クロウ
ジェシー・クネータ
ジュリエット・D・レイ
ジョニー・ガンボア
ジャック・ペレス
リチャード・ビーン
ルディ・ナッシュ
ジャン=クロード・ヴァン・ダム
Renato Morado
James Crumrine
Stephen Barbers
Augusto Victa
Protacio Dee
Omar Camar
Najid Jadali






  予告

  ↓
TRAILER






地獄のヒーロー [Blu-ray]/チャック・ノリス,M・エメット・ウォルシュ
¥2,500
Amazon.co.jp

地獄のヒーロー [DVD]/チャック・ノリス
¥1,000
Amazon.co.jp

地獄のヒーロー [DVD]/チャック・ノリス
¥4,179
Amazon.co.jp

チャック・ノリス アクション DVD-BOX/チャック・ノリス
¥10,290
Amazon.co.jp

地獄のヒーロー [DVD]/チャック・ノリス,M・エメット・ウォルシュ
¥1,490
Amazon.co.jp

地獄のヒーロー 特別編 [MGMライオン・キャンペーン] [DVD]/チャック・ノリス
¥1,000
Amazon.co.jp

地獄のヒーロー [DVD]/チャック・ノリス,ジョセフ・ジトー
¥995
Amazon.co.jp

地獄のヒーロー [DVD]/チャック・ノリス
¥2,625
Amazon.co.jp

地獄のヒーロー [DVD]/チャック・ノリス
¥1,481
Amazon.co.jp

[DVD] 地獄のヒーロー
¥1,132
楽天

【送料無料】地獄のヒーロー/チャック・ノリス[Blu-ray]【返品種別A】
¥2,125
楽天

地獄のヒーロー / 洋画
¥1,326
楽天

【VHS】地獄のヒーロー【字幕】■監督:ジョセフ・ジトー//チャック・ノリス■(1984) ヘ...
¥800
楽天

地獄のヒーロー / 洋画
¥1,326
楽天

地獄のヒーロー【Blu-ray】 [ チャック・ノリス ]
¥1,500
楽天

地獄のヒーロー BD 2012/10/12
¥2,500
楽天

【送料無料】 BD/洋画/地獄のヒーロー(Blu-ray)/MGXJA-16958 [10/1...
¥2,183
楽天

地獄のヒーロー(DVD) ◆20%OFF!
¥1,192
楽天

[Blu-ray] 地獄のヒーロー
¥1,901
楽天









PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2012/09/10(月) 16:35:48|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<その男、エロにつき アデュ~!久保新二伝 (2011) ~ Vシネマ エロティック・ドラマ  | ホーム | ジャッカス・ザ・ムービー (2002) ~ 洋画 ドキュメンタリー・コメディ ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/5616-5476a4b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。