PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

プレイ 獲物 (2010) ~ 洋画 サスペンス・アクション ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記





『 プレイ 獲物 』 (原題:La proie / 英題:The Prey ) は、2010年に製作されたフランス映画。
愛する妻子が連続殺人鬼に狙われていることを知り、出所目前に脱獄した銀行強盗犯が、殺人鬼を追う一方で敏腕女刑事の強力な捜査網に追い詰められていく三つ巴の追跡・逃亡劇がスリリングに描かれる緊迫のサスペンス・スリラー。
監督は「マレフィク 呪われた監獄 (2002)」「ワン・ミス・コール (2008)」「国家の密謀 (2009)」「ハイブリッド (2010)」のエリック・ヴァレット。
脚本は「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ (2005)」「L'écume des jours (2013)」リュック・ボッシと、 「インサイドゲーム (2009)」のローラン・チュルネル。
撮影は「国家の密謀 (2009)」「残酷メルヘン 親指トムの冒険 (2010)」「CAGED -監禁- (2010)」「戦争より愛のカンケイ (2010)」のヴィンセント・マティアス。
音楽は「国家の密謀 (2009)」のノコ。
出演は「アレックス (2002)」「ブルー・レクイエム (2004)」「PARIS(パリ) (2008)」のアルベール・デュポンテル、「好きと言えるまでの恋愛猶予 (2002)」「ナイト・オブ・ザ・スカイ (2005)」「ライヤーゲーム (2008)」ののアリス・タグリオーニ、「Interview インタビュー (2000)」「Mr.ビーン カンヌで大迷惑?! (2007)」「ハプニング (2008)」のステファン・デバク、「ニノの空 (1997)」「パンズ・ラビリンス (2006)」「ブラック・ブレッド (2010)」のセルジ・ロペスなど。



[ 公開日 ]

2011年4月2日 フランス Beaune Film Festival 上映
2011年4月13日 フランス公開
2011年11月4日 カナダ Cinemania Film Festival 上映
2012年6月30日 日本公開
2012年7月13日 イギリス公開








【 ストーリー 】


銀行強盗犯として投獄されたフランク(アルベール・デュポンテル)は、刑務所で落ち着かない日々を過ごしていた。
彼が隠した大金の在り処を巡って、同じ刑務所にいる元仲間たちが脅迫してくるのだ。
妻アンナ(カテリーナ・ムリーノ)と5歳の愛娘アメリ(ジャイア・カルタジオーネ)の面会だけが、心の休まる時間だった。
そんなある日、同房の穏やかな男モレル(ステファン・デバク)が釈放される。
未成年者暴行容疑で逮捕された彼は、冤罪が認められたのだ。
大金を狙う連中から家族を守るため、モレルを信用したフランクは、アンナへのメッセージを託す。
しかしその直後、フランクのもとに見ず知らずのマニュエル(セルジ・ロペス)という憲兵が面会に訪れる。
モレルが悪賢い犯罪者だという彼の話を聞き、不安を覚えたフランクは、家族の安否を確認しようとするが、連絡が取れない。
2人の身を案じたフランクが決死の覚悟で脱獄を果たすと、腕利き女刑事クレール(アリス・タグリオーニ)率いるチームが、彼の追跡を開始する。
その執拗な追跡を振り切ったフランクは、大金を隠した墓地に到着したものの、すでに金はなく、残されていたのは冷たくなったアンナの遺体だった・・・。
その頃、モレルは妻クリスティーヌ(ナターシャ・レニエ)と共に、フランクの娘アメリを自分たちの娘のように連れ歩いていた。
マニュエルを訪ねてモレルが未成年の女性ばかりを狙う連続殺人鬼であることを知るフランク。
しかし彼は、クレールによってモレルが犯した暴行殺人の容疑者として指名手配されてしまう。
一方、南仏の小さな村で偽りの市民生活を営みながら、さらに犠牲者を増やしてゆくモレル。
果たしてフランクは自分の容疑を晴らし、娘を取り戻せるのか?
そしてクレールは、事件の真相を突き止めることができるのか?
モレルを追う一方で、クレールから追われるフランク。
三つ巴の逃走、追跡の果てに、獲物となるのは誰なのか・・・?



PACHINKO西遊記

PACHINKO西遊記

PACHINKO西遊記






【 スタッフ 】


監督 : エリック・ヴァレット
脚本 : リュック・ボッシ 、 ローラン・チュルネル
製作 : リュック・ボッシ
撮影 : ヴィンセント・マティアス
美術/プロダクションデザイン : ベルトラン・セーツ
音楽 : ノコ
録音 : ディディエ・コウドール 、 パスカル・ヴィアール 、 シリル・オルツ 、 フィリップ・アムルー
編集 : クリストフ・ピネル 、 ファブリス・ルオー
衣裳デザイン : ファビエンヌ・カタニー
助監督 : ジャン・アンドレ・シルヴェストロ
スクリプター : エルザ・メルキオーニ
VFXスーパーバイザー : François Ferracci 、 Laurens Ehrmann
視覚効果(Visual Effects) : ニコラス・ボンネル 、クリストフ・モロー 、Thibault Bunoust 、Laurens Ehrmann 、François Ferracci 、Jean-Louis Kalifa 、Serge Miot 、Emmanuel Moulun
特殊効果(Special Effects) : オリヴィエ・ゼネンスキー 、Sebastian Lochmann 、Guy Monbillard 、Benoît Squizzato 、Charles-Axel Vollard
メイク : オリヴィエ・アフォンソ 、ニコラス・エルラン 、フレデリック・レイン 、Sophie Benaiche 、Guillaume Castagné 、Cédric Chami 、Cyril Hipaux 、Pascal Larue 、Julio Parodi







【 キャスト 】


フランク・アドリアン : アルベール・デュポンテル
クレール・リンネ : アリス・タグリオーニ
ジャン・ルイ・モレル : ステファン・デバク
マニュエル・カレガ : セルジ・ロペス
クリスティーヌ・モレル : ナターシャ・レニエ
アンナ・アドリアン : カテリーナ・ムリーノ
ルチアーニ : ジヌディーヌ・スアレム
ラファイ : セルジュ・アザナヴィシウス
パスコー : ジャン・マリー・ウィンリング
アレックス : ルシアン・ジャン・バプティスト
アメリ : ジャイア・カルタジオーネ
メリッサ : クレール・ブアニッシュ
ノヴィック : オリヴィエ・シュニーデル
イヴ・ヴェルフーヴァン
イヴ・ジラード
パトリック・メディオニ
ジャック・ブアニッシュ
イヴ・ボリニ
フレデリック・ムーラン
キャサリン・エイリアス
ノコ
クレア・シャザル
Patrick Steltzer
Lena Kovski
Ilya Nikitenko
Sebastien Vandenberghe
Dimitri Rataud
Isabelle Bondiau
François Hatt
Christophe Maratier
Gilles Bellomi
Jean-François Regazzi
Arsène Jiroyan
Husky Kihal
Pascale Sabbah
Didier Nobletz
Christophe Brenière
Jean-Pascal Abribat
Hugo Becker
Marc Raffray
Stéphane Grossi
Karim Hocini
Philippe Josserand
Martin McCarrick
Alyson Leigh Rosenfeld
Stephane Girondeaud
Fabien Hagege






  予告

  ↓
TRAILER

















PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2012/09/11(火) 19:56:17|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<the EYE2 (2004) ~ 洋画 ホラー ~ | ホーム | 悪魔の毒々バーガー ~ 添加物100% ~ (2007) ~ 洋画 コメディ・ホラー ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/5620-49c4d45a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。