PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トゥルー・ロマンス (1993) ~ 洋画 クライム・サスペンス・ロマンス ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記




『 トゥルー・ロマンス 』 (原題:True Romance) は、1993年に製作されたアメリカ映画。
激しい恋に落ちた男と女が、暗黒街と警察を向こうに回し、逃亡を続けるさまを描いたラヴ・サスペンス。
監督は「トップガン (1986)」「エネミー・オブ・アメリカ (1998)」「スパイ・ゲーム (2001)」「アンストッパブル (2010)」のトニー・スコット。
脚本は「パルプ・フィクション (1994)」「キル・ビル (2003)」「イングロリアス・バスターズ (2009)」「ジャンゴ 繋がれざる者 (2012)」のクエンティン・タランティーノ。
撮影は「トップガン (1986)」「ワイルドシングス (1998)」「ペイチェック 消された記憶 (2003)」「エクスペンダブルズ (2010)」のジェフリー・L・キンボール。
音楽は「ザ・リング (2002)」「ダ・ヴィンチ・コード (2006)」「天使と悪魔 (2009)」「ダークナイト ライジング (2012)」のハンス・ジマーが担当。
主演は「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア (1994)」「ウインドトーカーズ (2002)」「アローン・イン・ザ・ダーク (2005)」「ソルジャーズ・アイランド (2012)」のクリスチャン・スレイターと、「エルム街の悪夢3/惨劇の館 (1987)」「ホーリー・ウェディング (1994)」「ナイトウォッチ (1997)」「ファーストフード・ネイション (2006)」のパトリシア・アークェット。
共演は「イージー・ライダー (1969)」「ウォーターワールド (1995)」「ランド・オブ・ザ・デッド (2005)」「ヘルライド (2008)」のデニス・ホッパー、「バットマン フォーエヴァー (1995)」「デジャヴ (2006)」「バッド・ルーテナント (2009)」「5デイズ (2011)」のヴァル・キルマー、「レオン (1994)」「フィフス・エレメント (1997)」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 (2004)」「ダークナイト ライジング (2012)」のゲイリー・オールドマン、「セブン (1995)」「ファイト・クラブ (1999)」「オーシャンズ11 (2001)」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008)」のブラッド・ピット、「センチネル (1977)」「ディア・ハンター (1978)」「マリー・アントワネットの首飾り (2001)」「マイ・ボディガード (2004)」「もしも昨日が選べたら (2006)」のクリストファー・ウォーケン、「交渉人 (1998)」「シャフト (2000)」「ジャンパー (2008)」「アベンジャーズ (2012)」のサミュエル・L・ジャクソンなど。



[ 公開日 ]

1993年9月10日 アメリカ公開
1993年10月15日 イギリス公開
1993年11月3日 フランス公開
1993年11月12日 スペイン公開
1993年12月31日 韓国公開
1994年1月22日 日本公開
1994年1月27日 ドイツ公開
1994年2月10日 オーストラリア公開







【 ストーリー 】


デトロイトのコミック・ブック店で働くクラレンス(クリスチャン・スレイター)は、プレスリーとクンフー映画に夢中の若者。
誕生日の夜、場末の映画館で千葉真一の映画3本立てを観ていた彼は、アラバマ(パトリシア・アークェット)というキユートな女の子と知り合う。
ベッドの中で彼女は、実はクラレンスの店のボスから、「誕生日のプレゼントに」と頼まれたコールガールであることを明かす。
だが、2人は激しく愛し合い、翌日には結婚した。
クラレンスは、アラバマの元ヒモであるドレクセイ(ゲイリー・オールドマン)に話をつけに行くが殺されかかり、逆に相手を殺してしまった。
あわてて持ち帰ったスーツケースには、大量のコカインが入っていた。
翌日、クラレンスは元警官の父、クリフォード(デニス・ホッパー)に会い、妻のアラバマを紹介すると共に、警察の捜査状況を聞く。
2人がロサンゼルスに向かった後で、ヴィンセンツ(クリストファー・ウォーケン)と名乗る男がクリフォードの元へ現われ彼を拷間し、2人とコカインの行方を突き止めようとした。
シラを切るクリフォードを殺した男は、クラレンスたちの後を追う・・・。







【 余談 】


・ この作品のエンディングは、本来の脚本では2人とも死ぬ設定だった。
監督のトニー・スコットが、どうしてもハッピーエンドで終わりたいという希望から急遽脚本を変更した。
脚本を提供したタランティーノは、この変更に不満を抱き、脚本の権利を返却させようとしたが、既に撮影に入っていた為に多額の損失が出る危機に陥り、主役のクリスチャン・スレーターがタランティーノに直談判し渋々了承させた。

・ 愛し合う男女の危険で暴力的な逃避行という設定は、1973年のテレンス・マリック監督作『地獄の逃避行』へのオマージュであり、テーマ音楽の「You're So Cool 」は、『地獄の逃避行』のテーマ曲:カール・オルフの「Gassenhauer 」を意識したものとなっている。

・ 主人公がコミック・ショップに勤め、千葉真一主演の映画『激突! 殺人拳』を観ているシーンや、主人公の部屋に千葉の主演映画『カミカゼ野郎 真昼の決斗』と『東京-ソウル-バンコック 実録麻薬地帯』のポスターがそれぞれ貼ってある様は、脚本家であるクエンティン・タランティーノ自身を投影させている。

・ 脇役で著名な俳優が多く出演していることは、翌年公開されたタランティーノが演出した『パルプ・フィクション』にも共通している。







【 スタッフ 】


監督 : トニー・スコット
原案 : ロジャー・エイヴァリー
脚本 : クエンティン・タランティーノ
製作総指揮 : ジェームズ・G・ロビンソン 、 ゲーリー・バーバー 、 ボブ・ワインスタイン 、 ハーヴェイ・ワインスタイン 、 Stanley Margolis
製作 : サミュエル・ハディダ 、 スティーヴ・ペリー 、 ビル・アンガー 、リサ・コグスウェル 、ウィリアム・J・ブラディ 、スペンサー・フランクリン 、グレゴリー・マンソン 、ジェームズ・W・スコッチドープル
撮影 : ジェフリー・L・キンボール
音楽 : ハンス・ジマー
編集 : マイケル・トロニック 、 クリスチャン・ワグナー
キャスティング : リサ・ブラモン・ガルシア 、ビリー・ホプキンス
美術/プロダクションデザイン : ベンジャミン・フェルナンデス
アートディレクション : ジェームズ・J・ムラカミ
セット制作 : トーマス・L・ロイスデン
衣装デザイン : スーザン・ベッカー
SFX : Al Di Sarro
特殊効果(Special Effects) : ロバート・S・ヘンダーソン 、マイケル・メイナーダス 、フランシスコ・X・ペレス 、ラリー・M・ショーツ
メイク : Mary Barnard 、Ron Scott 、Ellen Wong
謝辞 : ロジャー・エイヴァリー
字幕 : 戸田奈津子







【 キャスト 】


クラレンス・ウォリー : クリスチャン・スレーター
アラバマ・ウィットマン : パトリシア・アークエット
クリフォード・ウォリー : デニス・ホッパー
フロイド : ブラッド・ピット
ヴィンセンツォ・ココッティ : クリストファー・ウォーケン
ドレクスル・スパイビー : ゲイリー・オールドマン
ディック・リッチー : マイケル・ラパポート
リー・ドノウィッツ : ソウル・ルビネック
ビッグ・ドン : サミュエル・L・ジャクソン
コーディ・ニコルソン : トム・サイズモア
エリオット・ブリッツァー : ブロンソン・ピンチョット
ニッキー・ダイムス : クリス・ペン
マーティ : ポール・ベイツ
助言者エルビス : ヴァル・キルマー
ヴァージル : ジェームズ・ガンドルフィーニ
警部 : エド・ローター
コンチャータ・フェレル
マイケル・ビーチ
ローレンス・メイソン
アンナ・トムソン(アンナ・レヴィン)
ヴィクター・アルゴ
サイード・ファラジ
マリア・ピティロ
フランク・アドニス
ケヴィン・コリガン
ポール・ベン=ヴィクター
ジョー・ダンジェリオ
ジョン・バウアー
ジョン・セナティエンポ
エリック・アラン・クレイマー
パトリック・ジョン・ハーリー
デニス・ガーバー
スコット・エヴース
ヒラリー・クリム
スティーヴ・ゴンザレス
デヴィッド・ディーン
エイプリル・フリーマン
エンツォ・ロッシ
ナンシー・ヤング
Gregory Sporleder





  予告

  ↓
TRAILER





トゥルー・ロマンス [DVD]/クリスチャン・スレイター,パトリシア・アークエット,デニス・ホッパー
¥3,129
Amazon.co.jp

トゥルー・ロマンス [DVD]/クリスチャン・スレイター,パトリシア・アークエット,デニス・ホッパー
¥5,040
Amazon.co.jp

トゥルー・ロマンス(字幕) [VHS]/クリスチャン・スレーター,パトリシア・アークエット,デニス・ホッパー
¥3,990
Amazon.co.jp

トゥルー・ロマンス(ワイド) [VHS]/クリスチャン・スレーター,パトリシア・アークエット,デニス・ホッパー
¥3,990
Amazon.co.jp

【中古】洋画 VHS クリスチャン・スレーター[/字>トゥルー・ロマンス 【10P14Sep1...
¥570
楽天

【中古】LD トゥルー・ロマンス(ワイド)【10P14Sep12】【画】
¥250
楽天

【中古】LD トゥルー・ロマンス(ワイド)【マラソンsep12_東海北陸甲信越】【画】
¥250
楽天









PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2012/09/28(金) 17:03:20|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ザ・インタープリター (2005) ~ 洋画 ミステリー・サスペンス・ドラマ ~ | ホーム | 天使のくれた時間 (2000) ~ 洋画 ロマンス・ファンタジー・ドラマ ~>>

コメント

1. こんにちは(^^)

この映画スゴいですね!

出演してる人大物俳優ばっかりですね!

最終的にどっちが良いのかなぁ?

ハッピーエンドか?

悲しく切ない感じにするのか?

うちの中でチェックですね♪この映画♪

  1. 2012/09/28(金) 17:28:06 |
  2. URL |
  3. mari #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2. Re:こんにちは(^^)

>mariさん
このクエンティン・タランティーノという人は、兎に角びっくりさせるのが好きな人で、何でもない場面でとんでもない俳優を登場させたりするのが特徴です。
出演者もそれを承知しているので、安く特別出演してくれています。
人望?ですかね。
  1. 2012/09/28(金) 19:36:08 |
  2. URL |
  3. たけごろう #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/5676-bdd90294
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。