PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バルトの楽園 (2006) ~ 邦画 ドラマ ~


PACHINKO西遊記




『 バルトの楽園(がくえん) 』 (独題:Ode an die Freude) は、2006年6月17日より東映配給にて公開された日本映画。
第一次世界大戦中、徳島県鳴門市の板東俘虜収容所で日本で初めてベートーベン作曲の「交響曲第九番 歓喜の歌」が演奏されたという実話を基に、ドイツ人捕虜たちと収容所員や地元民たちとの心の交流を描いた感動ドラマ。
監督は「天国の駅 HEAVEN STATION (1984)」「ガラスの中の少女 (1988)」「きけ、わだつみの声 Last Friends (1995)」「霧の子午線 (1996)」の出目昌伸。
脚本は「胸さわぎの放課後 (1982)」「薄化粧 (1985)」「忠臣蔵外伝 四谷怪談 (1994)」「ラストゲーム 最後の早慶戦 (2008)」の古田求。
撮影は「ひめゆりの塔 (1982)」「さよならジュピター (1984)」「ゴジラ (1984)」「きけ、わだつみの声 Last Friends (1995)」の原一民。
音楽は「影武者 (1980)」「ひめゆりの塔 (1982)」「まあだだよ (1993)」「姑獲鳥の夏 (2005)」「劔岳 点の記 (2008)」の池辺晋一郎。
主演は「風立ちぬ (1976)」「ストロベリーロード (1991)」「石井のおとうさんありがとう (2004)」「劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル (2010)」の松平健。
共演は「O侯爵夫人 (1975)」「ベルリン・天使の詩 (1987)」「プラハ (1991)」「クライシス・オブ・アメリカ (2004)」「愛を読むひと (2008)」「アンノウン (2011)」のブルーノ・ガンツ、「さまよえる脳髄 (1993)」「新生 トイレの花子さん (1998)」「キラー・ヴァージンロード (2009)」「SPACE BATTLESHIP ヤマト (2010)」「HOME 愛しの座敷わらし (2012)」の高島礼子、「交渉人 真下正義 (2005)」「アウトレイジ (2010)」「さや侍 (2011)」「遺体 明日への十日間 (2012)」の國村隼、「夜逃げ屋本舗2 (1993)」「ガメラ 大怪獣空中決戦 (1995)」「大奥 (2006)」「さよなら夏休み (2010)」の中山忍、「レーシング・ブラッド (2000)」「ボディ・フォー・セル (2001)」TVM「ハッピーを探して (2006)」のオリヴァー・ブーツ、「遠くの空に消えた (2007)」「グーグーだって猫である (2008)」「カムイ外伝 (2009)」「スープ~生まれ変わりの物語~ (2012)」の大後寿々花など。
尚、タイトルの「バルト」とはドイツ語で「ひげ」の意味である。







【 ストーリー 】


1914年に勃発した第一次世界大戦。

日本軍はドイツの極東における拠点地である中国・青島を攻略した。

この戦いで敗れたドイツ兵4700人は捕虜として日本国内の12ヶ所の俘虜収容所に送られた。

徳島県鳴門市にある板東俘虜収容所では、松江豊寿所長(松平健)の指導の下に、地元民と捕虜の融和を図ろうとする方針が取られていた。

ここでは捕虜たちによるオーケストラが活動し、パンを焼くことも印刷をすることも許されていた。

ソーセージを肴にビールを飲む自由さえあった。

脱走を計った捕虜・カルルがパン焼き職人だと知った松江所長はパン焼きを任せることにする。

捕虜たちは松江所長の温かい人柄に惹かれていくが、軍部からは、手ぬるいと批判を受けてしまう。

しかし松江は妻・歌子(高島礼子)の励ましもあってへこたれなかった。

そんなある日、日本とドイツの混血少女“志を”が、ドイツ人の父を探してやってくる。

調べによって志をの父が戦死していたことが判る。

ある兵士から父の形見のロケットを渡され、泣き崩れる“志を”・・・。

そんな頃、捕虜たちが作った製品や菓子、演奏などを披露する世界でも類を見ない『俘虜製作品博覧会』が開催された。

そこで出会ったカルルと“志を”との間に親子のような交流が生まれる・・・。








【 余談 】


・ 本作は、実在の人物や史実を元にした作品であるが、フィクションも加えて脚色がなされており、実際の事実とは異なる表現や描写もされている。

・ ロケ地は、BANDOロケ村の他、舞鶴の赤れんが倉庫群でも撮影された。
また市内の小学生によるガイドボランティア活動がBANDOロケ村で行われた。

・ 松江のひげには、かつらメーカーであるアートネイチャーが協力し、かつら制作の技術が使われている。
尚、この事はアートネイチャーとのコラボCMとして紹介された。

・ 関西地方を中心として外国人エキストラが募集されたが、生粋のドイツ人であるにもかかわらず、容姿が「日本人にとっての典型的なドイツ人」らしくないという理由で落選した応募者もいたという。

・ 戦闘シーンでドイツ側が手にしている小銃 (Mauser Kar98k) は1935年に制式採用されたもので、チンタオ戦の時代設定に合わない。
一方、ドイツ国内で撮影されたシーンでは Mauser Gew98 小銃が使われていて、こちらの時代考証が正解である。

・ 泉谷しげるが演じたのは「陸軍歩兵少将」という設定の人物であるが、将官には兵科区分がなく「歩兵少将」は制度上存在しなかったので、兵科(歩兵)抜きで「陸軍少将」と呼ぶのが正確である。
また、将官は襟章を付けないので、上衣の襟はカーキ色一色が正しい。

・ 本作の撮影に際して、実際に収容所のあった鳴門市大麻町板東に、当時の施設を再現する形でロケセットが建設された(位置、規模とも実際とは異なる)。
セットは撮影終了後に鳴門市に譲渡され、「BANDOロケ村~歓喜の郷」の名で2006年3月から2年間の限定という条件で一般公開された。
市の予想を上回る23万人の入場者を集め、2008年3月でいったん予定通り公開を終えたが、地元から公開の延長や形を変えての存続要望が出た事から、地元のNPOが市と運営に関する委託契約を結んだ上で、同年4月13日より公開が再開された。
当初は6月までの予定であったが、その後延長され、2009年2月で公開を終え、最終的な入場者数は25万9千人となった。
その後、土地が河川敷であることや地権者との関係から、現地での恒久的な存続は困難であり、これに加えて鳴門市側はセットである建物の安全性も理由として、委託契約の再延長は認めなかった。
閉村後にセットは取り壊される事になっていたが、市側はNPOに対して移築による保存案を示し、NPOは実際の収容所跡地であるドイツ村公園近くに敷地を確保した上で、市から無償譲渡を受けたセットの一部を移築して公開する方向となった。
2009年3月の時点では資金面の目処が立てば2009年夏にも移築に着手し、秋にオープンする見込みと報じられていたが、着工は予定より遅れて2009年11月となり、「阿波大正浪漫 バルトの庭」の名称で2010年4月25日にオープンした。
場所はドイツ村公園よりやや離れた鳴門市大麻町桧で、敷地は元のロケ村の約1/3の規模である。
また、実際の収容所で使用されたバラッケ1棟も移築され、収容所があった時代の民具なども展示されている。
その他にもバラッケ(兵舎)の一部について、2008年の最初の閉村時より引き取り希望の申し出があり、こちらも譲渡されている。

・ 本作について、小説家の中村彰彦は、著書である「二つの山河」と酷似していると『週刊文春』で語り、その後、「バルトの楽園」の小説版出版元である潮出版社と映画製作元である東映とシナノ企画に公開質問状を送付、2006年9月4日に当事者間で和解が成立した。
和解の条件として金銭の支払いは無く、映画のDVD化の際に参考資料として「二つの山河」と中村の名前を記載し、また小説重版の際にも参考資料として記載する事となった。







【 スタッフ 】


監督 : 出目昌伸
企画 : 土屋武雄 、中村仁 、遠藤茂行 、亀山慶二
脚本 : 古田求
製作 : 鶴田尚正 、冨木田道臣 、早河洋 、塚本勲 、滝鼻卓雄 、渡部世一
プロデューサー : 野口正敏 、妹尾啓太 、冨永理生子 、ミヒャエル・シュヴァルツ
製作総指揮 : 岡田裕介 、宮川昕也
撮影 : 原一民
照明 : 安藤清人
音響効果 : 柴崎憲治
整音 : 瀬川徹夫
録音 : 瀬川徹夫
音楽 : 池辺晋一郎
編集 : 只野信也
美術 : 重田重盛
美術監督 : 西岡善信
特撮監督 : 佛田洋
監督補 : 鈴木康敬
助監督 : 宮村敏正
製作 : 東映 、シナノ企画 、日本出版販売 、TOKYO FM 、テレビ朝日 、加賀電子 、読売新聞 、福島民報社
配給 : 東映







【 キャスト 】


松江豊寿 (板東俘虜収容所長) : 松平健
高木繁 (収容所副官) : 國村隼
伊藤光康 (松江の部下) : 阿部寛
クルト・ハインリッヒ (ドイツ軍青島総督) : ブルーノ・ガンツ
カルル・バウム (収容所俘虜) : オリバー・ブーツ
ヘルマン・ラーケ (収容所俘虜) : コスティア・ウルマン
松江歌子 (豊寿の妻) : 高島礼子
馬丁宇松 (豊寿の家の馬子) : 平田満
すゑ (村の女) : 市原悦子
たみ (すゑの娘) : 中島ひろ子
黒田 (板東小学校校長) : 大杉漣
志を (父を探す少女) : 大後寿々花
マツ (村娘) : 中山忍
広瀬 (板東町長) : 徳井優
林豊 (郵便配達の少年) : タモト清嵐
警官 : 福本清三
松江の父 : 三船史郎
幼少時の松江 : 佐藤勇輝
多田少将 : 泉谷しげる
島田中佐 (俘虜情報局局員) : 勝野洋
南郷巌 (久留米俘虜収容所所長) : 板東英二
ナレーション : 林家正蔵





  予告

  ↓
TRAILER





バルトの楽園 [DVD]/松平健,ブルーノ・ガンツ,高島礼子
¥3,990
Amazon.co.jp

バルトの楽園 特別限定版 (初回限定生産) [DVD]/松平健,ブルーノ・ガンツ,高島礼子
¥7,140
Amazon.co.jp

バルトの楽園 特別限定版 [ 松平健 ]
¥5,712
楽天

バルトの楽園 [ 松平健 ]
¥3,192
楽天

[DVD] バルトの楽園 特別限定版(初回生産限定)
¥5,355
楽天

【中古】美品! バルトの楽園/松平健DVD/邦画歴史
¥5,147
楽天

【中古】バルトの楽園
¥1,280
楽天

【送料無料】 DVD/邦画/バルトの楽園 (通常版)/DSTD-2637
¥3,483
楽天

[DVD] バルトの楽園 通常版
¥2,993
楽天

バルトの楽園 特別限定版 [DVD/日本映画/邦画/ヒューマン]
¥4,998
楽天

松平健/バルトの楽園
¥3,990
楽天

【1000円以上送料無料】バルトの楽園 特別限定版/松平健【100円クーポン配布中!】
¥7,140
楽天

【DVD】バルトの楽園 特別限定版/松平健 [DSTD-2663] マツダイラ ケン
¥7,140
楽天







PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2012/10/21(日) 17:03:00|
  2. 邦画&アニメ映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ex エックス (2011) ~ 洋画 アクション・ホラー ~ | ホーム | ミリオンダラー・ベイビー (2004) ~ 洋画 スポーツ・ドラマ ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/5741-909bdad1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。