PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

千と千尋の神隠し (2001) ~ 邦画 ファンタジー・アドベンチャー・アニメ ~


PACHINKO西遊記




『 千と千尋の神隠し 』 は、2001年7月20日より東宝配給にて公開された日本のアニメ映画。

神々の世界に迷い込んだ少女が、自分でも気づかなかった逞しい力を発揮して困難を乗り越えていこうとする姿を描いた長篇アニメーション。

監督は「もののけ姫」の宮崎駿で、自身による原作を宮崎監督自らが脚色、映像演出として「ホーホケキョ となりの山田くん」の奥井敦があたっている。

声の出演に「すずらん 少女萌の物語」の柊瑠美ら。

興行収入304億円、観客動員数2300万人越えという、『タイタニック』や『東京オリンピック (映画)』を追い抜いた、日本国内の映画興行成績における歴代トップの記録を打ち立て、2012年現在も『千と千尋の神隠し』(1位)・『ハウルの動く城』(2位・196億円)・『もののけ姫』(3位・193億円)と、トップの座を維持している。

ベルリン国際映画祭において、アニメーションとしては史上初の最高賞である金熊賞を受賞した他、アカデミー賞をはじめ日本国内外の多くの賞の栄冠に輝いた。

2003年1月24日には日本テレビ系でテレビ初放送され、46.9%(ビデオリサーチ・関東地区調べ)という過去にテレビ放送された劇場映画の最高視聴率を記録し、ビデオリサーチ・関西地区調べでも46.1%の視聴率を記録。

日本だけでなく、2004年12月29日にはイギリスで、2006年にはアメリカ合衆国で、2007年9月30日にはカナダで、また最近ではオーストラリアでもテレビ放送された。

日本国内におけるDVDとVHSを合わせたビデオグラム出荷本数は2007年5月時点で550万本。

尚、アメリカではアカデミー賞を受賞し広告キャンペーンが行われたものの、興行収入1,006万ドル(『もののけ姫』の約4.2倍、同時期のディズニーアニメの30分の1以下)という結果となった。

2007年2月2日の金曜ロードショーでの地上デジタル放送は額縁無しのHD(ハイビジョン)放送されたが、ハイビジョンマスターではなくアップコンバート映像のようである。
2009年2月にオリコンがインターネット調査した『日本アカデミー賞 歴代最優秀作品の中で、もう一度観たいと思う作品』で1位に選ばれた。









【 ストーリー 】



10歳の少女、荻野千尋(おぎの ちひろ)はごく普通の女の子。

夏のある日、両親と千尋は引越し先の町に向かう途中で森の中に迷い込み、そこで奇妙なトンネルを見つける。嫌な予感がした千尋は両親に「帰ろう」と縋るが、両親は好奇心からトンネルの中へと足を進めてしまう。

仕方なく後を追いかける千尋。

出口の先に広がっていたのは、広大な草原の丘だった。地平線の向こうには冷たい青空が広がり、地面には古い家が埋まっていて瓦屋根が並んでいる。

先へ進むと、誰もいないひっそりとした町があり、そこには食欲をそそる匂いが漂っていた。

匂いをたどった両親は店を見つけ、断りもなしに勝手にそこに並ぶ見たこともない料理を食べ始めてしまう。

それらの料理は神々の食物であったために両親は呪いを掛けられ、豚になってしまう。

一人残された千尋はこの世界で出会った謎の少年ハクの助けで、両親を助けようと決心する。

千尋は八百万の神々が集う湯屋・「油屋(あぶらや)」の経営者、湯婆婆に雇用を願い出る。

湯婆婆は千尋の名前を奪い、「千」という新しい名を与えた。

千尋は油屋の下働きとして働きながら、様々な出来事に遭遇しつつも、ハクや同僚のリン、釜爺らの助けを借りて、懸命に立ち向かうことで自分も今まで気づかなかった内なる「生きる力」を発見する・・・。








【 余談 】



・ 宮崎駿はこの作品の制作に取り掛かる前、柏葉幸子著「霧のむこうのふしぎな町」をアニメ化しようと考えていたがこれが叶わず、「千と千尋の神隠し」という形で作品化した。
「霧のむこうのふしぎな町」の影響を受けていることは、劇場用パンフレットで明らかにされている。
しかし、これを講談社が公式に認めたことが「霧のむこうの~」の挿絵を担当した竹川功三郎の怒りを買い、その後、竹川の意向により彼が挿絵を担当した当作品及び「ふしぎシリーズ」全作品が発行差し止め、挿絵担当者が交代するという事態を引き起こしてしまった。


・ 宮崎によるとこの映画には日本の性社会への問題提起も含んでいると言う。
湯女とは温泉街などにおいての売春女のことを指す言葉である。
作中湯所に神様がやってくるが、その神様への性の奉仕は神道においてなんら罪悪感を持つ必要の無い健全な行為であり、むしろ素晴らしいことである、と現在のヴィクトリア朝的性倫理に対しての発言をしている。
映画評論家の町山智浩も、この映画について「バブル崩壊後の社会を背負わなきゃならない少女たちへのメッセージ」であるとし、宮崎自身が示唆している「売春」というモチーフについての言及を避けている、評論家やメディアなどを批判している。



・ 2002年7月に日本で発売された『千と千尋の神隠し』のDVDや、ビデオカセットに収録されている本編映像が、劇場公開版や予告編・TVスポットなどと比べて赤みが強いとして、スタジオジブリと発売元のブエナビスタや、消費者センターなどに苦情が寄せられた。
両社は、DVD制作時に用意されたマスターの色調には、意図的な調整を施しているためであり、「このクオリティが最高のものと認識しております」と説明した。
映画上映時のTVCMや上映用プリントやDVDに収録された予告編、TVスポットなどはこの調整は施されていないため、両者の色調が異なっているが、あくまで本編の色調が正しいとした。
2002年11月、この問題で一部ユーザーは、販売元のウォルト・ディズニー・ジャパンを相手取り京都地方裁判所に提訴し、正しい色調のDVDとの交換と慰謝料などを請求した。
本係争は2004年9月に「ディズニー・ジャパンは購入者に誤解や混乱が生じたことに遺憾の意を表明する」「今後DVD販売に際しデータを調整したときは明記する」「原告らは請求を放棄する」など全5項目の和解が成立し決着した。
この「不自然な色調」については、後の複数の検証により、DVDマスター製作過程における色温度設定の錯誤とする説が有力となっており、機器環境があれば、これに基づいてある程度は色調補正が可能である。
第二回日本オタク大賞では、この色調問題に対し、皮肉を込めて金熊賞になぞらえて本作に「赤熊賞」を授与した。
その後、北米、ヨーロッパ、韓国では、日本で発売されたものよりも、赤みの強くない映像が収録されたDVDが販売された。
日本テレビでの2003年1月24日の金曜ロードショーでの放映には、DVDと同様のマスターが使用された(その後の放送も)。
2011年1月7日の日本テレビ金曜ロードショーで、初めてハイビジョンマスターにより放映。
赤みが大幅に軽減され、北米版DVDに近い赤みの強くない映像で放映された。








【 スタッフ 】



製作総指揮 : 徳間康快
製作 : 松下武義、氏家齊一郎、成田豊、星野康二、植村伴次郎、相原宏徳
原作・脚本・監督 : 宮崎駿
音楽・指揮・ピアノ演奏 : 久石譲
作画監督 : 安藤雅司、高坂希太郎、賀川愛
原画 : 稲村武志、山田憲一、松瀬勝、芳尾英明、山森英司、中村勝利、小野田和由、鈴木麻紀子、松尾真理子、田村篤、米林宏昌、藤井香織、山田珠美、二木真希子、百瀬義行、山下明彦、武内宣之、古屋勝悟、倉田美鈴、山形厚史、君島繁、山川浩臣、大杉宣弘、田中雄一、金子志津枝、浜洲英喜、古川尚哉、小西賢一、大城勝、大平普也、橋本晋治、中山久司、高野登、篠原征子、石井邦幸、山内昇寿郎、テレコム・アニメーションフィルム(田中敦子)
動画チェック : 舘野仁美、鈴木まり子、斎藤昌哉、大橋実
動画 : 手島晶子、中込利恵、野口美律、伊藤望、大西綾、海内努、横田匡史、佐藤雅子、笹川周子、鶴岡耕次郎、片野美桜子、今野史枝、高橋直子、小田剛生、山田伸一郎、奥村正志、島田育子、アレキサンドラ・ワエラウフ、坂野方子、大村まゆみ、北島由美子、真野鈴子、東誠子、西戸スミエ、槇田喜代子、富沢恵子、コマサ、土岐弥生、椎名律子、岩柳恵美子、藤森まや、伊藤由美子、鳥羽明子、安達晶彦、松下敦子、梅林由加里、太田久美子、矢地久子、宮田知子、大塚美穂、山浦由加里、近藤梨恵、辻仁子、岩上由武、谷平久美子、西河広美、大橋雅央、中島弘晶、矢野守彦、藤谷尚子、中本和樹、中野洋平、中里舞、寺田久美子、岡本恭子、小川令人、佐伯忍、山田里子、堀元宣、大曲健克、藤木秀人、石井邦俊、阿部真一、大久保千夏、関暁子、井下信重、見陰智史、平井久美、細萱明良、牧野大介、藤井栄美子、渋谷勤、服部聡志、斉藤佐保、山田知香子、小松崎純子、榎本花子、田中春香、松林唯人、渡辺秀雄、柴田由香、錦織敦史、丸山友、村田康人、中島由喜、小松田大全、酒井怜子、塩谷直義、山下宗幸、森崇、植田和幸、猪股雅美、藤あや子、平川梨絵、杉山了蔵、位下ゆかり、寺田真佐子、後藤奈津子、山本理恵
D.R DIGITAL(趙鉉美、宋賢珠、金恩寧、除金淑、安美京、張哲豪、權ト徑、金知恩、全賢珠、許英美尹美卿、李惠姓、李美玉、片恩美、崔熙恩、鄭炫守、成知英、鄭晟姫、朴昭花、徐眞赫、邊恩順、邊惠順、李守相、金貞姫、朴支賢、朴淑和、朴英淑)
動画協力 : アニメトロトロ、オープロダクション、スタジオコクピット、スタジオたくらんけ、グループどんぐり、中村プロダクション、GAINAX、動画工房、スタジオ九魔、プロダクションI.G、スタジオムサシ、スタジオ・ブーメラン、スタジオディーン、スタジオ雲雀、ラジカル・パーティー、キリュウ、夢弦館、AIC、シャフト、LIBERTY SHIP、マッドハウス
美術監督 : 武重洋二
美術監督補佐 : 吉田昇
背景 : 男鹿和雄、平原さやか、福留嘉一、田中直哉、春日井直美、伊奈涼子、長田昌子、石原智恵、矢野きくよ、糸川敬子、増山修、斎藤久恵、菊地正典、長縄恭子、佐々木洋明、山本二三
スタジオ風雅(永井一男)
小倉工房(小倉宏昌、久保田正宏)
色彩設計 : 保田道世
色指定補佐 : 山田和子、野村雪絵
仕上検査 : 守屋加奈子、織田富美子、石井裕章
デジタルペイント : 森奈緒美、井関真代、杉野亮、大山章博、鵜飼由美子、岡田理恵、柴山智隆
高橋プロダクション/T2Studio(高橋加奈子、那須亜紀子、南城久美、横山由妃、斉藤美智子、清水亜紀子、大蔵芙美乃、飯島弘志)
D.R DIGITAL(咸善基)
JEM(金炳烈、金泰鍾、李恩暻、李道熙、金美仙、韓今伊、許李慶、安明會、崔順花、朴那珹、金明淑、金明善、尹恵樺、金珍旭)
デジタル作画監督 : 片塰満則
デジタル作画 : 泉津井陽一、軽部優、佐藤美樹、山田裕城、刀根有史
CGエンジニア : 井上雅史
システム・マネージメント : 北川内紀幸
映像演出 : 奥井敦
デジタル撮影 : 藪田順二、高橋わたる、田村淳
録音演出 : 林和弘
整音 : 井上秀司
効果 : 伊藤道廣、野口透
効果制作 : サウンドリング、アニメサウンドプロダクション
効果助手 : 村上大輔、古宮理恵
効果協力 : 森川永子、上田文子、宮澤麻由加、成田一明、阿部敏昭、マウスプロモーション
効果収録 : 東宝サウンドスタジオ
キャスティング・プロデュース : PUG POINT(畠中基博、八木桂子、安直美)
録音 : 東京テレビセンター(高木創、今泉武、佐竹徹也)
光学録音 : 上田太士
デジタル光学録音 : 西尾曻
ドルビーフィルム・コンサルタント : 森幹生、河東努
dtsマスタリング : 津司紀子、相川敦
音楽プロデューサー : 大川正義
オーケストラレコーディング : 田中信一
サウンドミックス : 浜田純伸
アシスタントエンジニア : 秋田裕之
音楽制作マネージメント : ワンダーシティ(関島雅樹、伊藤聡一郎)
演奏 : 新日本フィルハーモニー交響楽団
音楽収録 : ワンダーステーション、すみだトリフォニーホール
CD制作 : 徳間ジャパンコミュニケーションズ(岡田知子)
音響・音楽制作 : スタジオジブリ(稲城和実、古城環)
タイトル : 真野薫、マリンポスト
編集 : 瀬山武司
編集助手 : 水田経子、内田恵、武宮むつみ
制作担当 : 高橋望
制作デスク : 神村篤、望月雄一郎、田中千義
制作進行 : 居村健治、斎藤純也、田代英一郎、伊藤郷平、松原法史
制作事務 : 佐々木千賀子
監督助手 : 高橋敦史、宮地昌幸
制作業務担当 : 野中晋輔
制作業務デスク : 川端俊之、渡辺宏行
プロデューサー補 : 石井朋彦
広報 : 西岡純一、長澤美奈子
渉外 : 荒井章吉
音楽著作権 : 長井孝
キャラクター商品開発 : 今井知己、浅野宏一、井筒理枝子
出版 : 田居因、筒井亮子、渋谷美音、高畑菜穂
管理担当 : 島宮美幸
経理 : 一村晃夫、伊藤久代、山本珠実
総務 : 石迫太成、洞口朋紀、熱田尚美、藤津英子、駒形正吾、沼沢スエ子、渡辺ミツ
協力 : アウディジャパン、アルパイン、草津温泉ホテルヴィレッジ、清重館、鹿児島県屋久町役場、屋久町養豚家の皆さん、阿多良窯、澤井農場、佐渡テレビジョン、山口雲母工業所、山崎文雄、新井紀乃
特別協力 : 読売新聞社、ローソン
宣伝プロデューサー : 市川南
東宝(大垣敦生、菊地裕介)
メイジャー(脇坂守一、岡村尚人、土屋勝、小柳道代、福田のぞみ、菅野泰史、中西藍、原美恵子、細川裕以、折原裕之)
特別顧問 : 徳山雅也、矢部勝
予告篇制作 : ガル・エンタープライズ(板垣恵一)
海外プロモート担当 : スティーブン・アルパート、森吉治予、武田美樹子、網崎直
「千と千尋の神隠し」製作委員会
徳間書店(秋元一、三ッ木早苗、伊藤純子、室井實、斎藤信恵)
日本テレビ放送網(萩原敏雄、棚次隆、戸谷仁、伊藤和明、井上健、大塚恭司、嵓渕有子、岩崎達也、小槌裕子)
電通(下條俊隆、気賀純夫、遠谷信幸、種村達也、曽我有信)
東北新社(薬師寺衛、小坂恵一、小西啓介、池田大)
三菱商事(橋本毅、安念彌行、西尾直彦、鈴木大三、板橋徹、早川聡子)
製作担当: 奥田誠治、福山亮一
現像 : IMAGICA
タイミング : 平林弘明
フィルム・レコーディング : 豊谷慎吾、柴田祐男、本間政弘
カラー・マネジメント・システム : 石井亜土、遠藤浩平
ラボ・コーディネート : 西尾洋志朗
ラボ・マネジメント : 川又武久
制作 : スタジオジブリ
プロデューサー : 鈴木敏夫
配給 : 東宝








【 主題歌 】



『 いつも何度でも  』


作詞:覚和歌子 作曲・歌:木村弓




・ テーマソング



『 いのちの名前  』


作詞:覚和歌子 歌:木村弓(後に平原綾香がカバー)




・ イメージソング(※作曲・編曲は全て久石譲が担当)



『 神々さま  』


作詞:宮崎駿 歌:おおたか静流



『 油屋  』


作詞:宮崎駿 歌:上條恒彦



『 さみしいさみしい  』


作詞:宮崎駿 歌:ムッシュかまやつ



『 白い竜  』


作詞:宮崎駿 歌:RIKKI



『 ふたたび  』


作詞:鈴木麻実子、歌:平原綾香



千と千尋の神隠し サウンドトラック/サントラ
¥3,000
Amazon.co.jp

千と千尋の神隠し イメージアルバム/久石譲
¥3,000
Amazon.co.jp

いつも何度でも (「千と千尋の神隠し」主題歌)/木村弓
¥1,000
Amazon.co.jp

千と千尋の神隠し メモリアルBOX/サントラ
¥6,999
Amazon.co.jp







【 キャスト 】



荻野千尋 : 柊瑠美
ハク : 入野自由
湯婆婆 / 銭婆 : 夏木マリ
釜爺 : 菅原文太
カオナシ : 中村彰男
リン : 玉井夕海
坊 : 神木隆之介
荻野明夫 : 内藤剛志
荻野悠子 : 沢口靖子
父役 : 上條恒彦
兄役 : 小野武彦
青蛙 : 我修院達也
番台蛙 : 大泉洋
河の神 : はやし・こば
斎藤志郎

山本道子

塚本景子

山像かおり

山本郁子

鬼頭典子

安田顕

戸次重幸

佐古真弓

山田里奈

奥真紀子

竹内裕美




  予告

  ↓
TRAILER




千と千尋の神隠し (通常版) [DVD]/出演者不明
¥4,935
Amazon.co.jp

千と千尋の神隠し [VHS]/柊瑠美,入野自由,内藤剛志
¥4,725
Amazon.co.jp

千と千尋の神隠し DVD COLLECTOR’S EDITION/柊瑠美,入野自由,内藤剛志
¥15,750
Amazon.co.jp

千と千尋の神隠し DVD & ジブリDVDプレーヤー/出演者不明
¥20,790
Amazon.co.jp

【中古】アニメDVD 千と千尋の神隠し【10P21Feb12】【画】
¥2,480
楽天

千と千尋の神隠し(DVD)
¥3,880
楽天

千と千尋の神隠しDVD ◆20%OFF!
¥3,948
楽天

スタジオジブリ 『千と千尋の神隠し』DVD VWDZ-8036
¥4,194
楽天

【送料無料】ウォルト ディズニー SHE千と千尋の神隠し DVD
¥4,700
楽天

【送料無料】千と千尋の神隠し 【ジブリオリジナル色えんぴつ15色セット付き】/アニメーション[...
¥4,046
楽天

[DVD] 千と千尋の神隠し
¥3,800
楽天

【中古ソフト】ブエナビスタホームエンターテイメント 千と千尋の神隠し DVD【中古】【342】
¥1,480
楽天

【中古】【DVD】千と千尋の神隠し/スタジオジブリ
¥1,979
楽天

千と千尋の神隠し 【DVD】
¥4,442
楽天





PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

 

スポンサーサイト
  1. 2012/11/06(火) 12:55:00|
  2. 邦画&アニメ映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<スパイダー・フォレスト 懺悔 (2004) ~ 韓国映画 サスペンス・ミステリー ~ | ホーム | 悪の教典 〜 序章 〜 (2012) ~ WEBドラマ サスペンス・ドラマ ~>>

コメント

1. 無題

こん!PCが寿命でIN できなくなってるの。

今も・・・たまたま、IN できてるけど、
プッツンなると思うから当分、ぺタできないし・・・

なによりのたけごろうブログの
お楽しみが観れなくなるのが残念です。。。

また、戻ってきますので・・・
その時は、また、ブログ覗きにきます♪
(いや、先に・・・なうを覗くんですけど・・・)

今、IN できてるときに
大好きな千と千尋!!ラッキーです☆
(途中で、プッツンなるかもだけど・・・)

ありがと!!たけごろうサン☆(o^-')bまたねっ♪
  1. 2012/02/27(月) 03:18:00 |
  2. URL |
  3. 梵天☆ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2. Re:無題

>梵天☆さん
それは大変ですね・・・。
実は私のパソコンも結構きてます。
先ほどもエクスプローラー停止しました・・・。
パソコン壊れるまで何んとか頑張るので、またお越しください。
早く治ると良いですね。
では、また。
  1. 2012/02/27(月) 03:50:55 |
  2. URL |
  3. たけごろう #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

3. こんにちは(^^)

千と千尋の神隠しは大好きです♪

ちっちゃくて黒いのが石ころを火の中にいれるシーンが好き♪

メッチャかわいいです(^.^)

でもこの作品に重いテーマがあるのは知りませんでした。
  1. 2012/11/06(火) 14:29:45 |
  2. URL |
  3. mari #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

4. Re:こんにちは(^^)

>mariさん
宮崎駿作品に留まらず、ジブリ作品にはそれぞれテーマがあるんですが、結構・・・重いテーマなんです。
例えば、「風の谷のナウシカ」や「天空の城ラピュタ」といった作品では、自然と科学文明の対立、文明の破壊と再生」というメインテーマがあって、公害や自然破壊などの環境問題や族内紛争、戦争への批判という側面もあったりするんです。
「もののけ姫」などもそうですね。
だからジブリ作品は面白いのかも知れませんね♪
  1. 2012/11/06(火) 14:46:19 |
  2. URL |
  3. たけごろう #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/5749-d6412975
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。