PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ボーン・レガシー (2012) ~ 洋画 サスペンス・アクション ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記




『 ボーン・レガシー 』 (原題:The Bourne Legacy) は、2012年に製作されたアメリカ映画。
世界中で大ヒットした“ボーン”シリーズ3部作の続編にして、ジェイソン・ボーンの死闘の裏で動いていたもう一つの国家的陰謀を同時進行で描くサスペンス・アクション。
監督は、ボーンシリーズすべての脚本を手がけてきた「フィクサー (2007)」「デュプリシティ ~スパイは、スパイに嘘をつく~ (2009)」のトニー・ギルロイ。
脚本は、本作の監督を務めるトニー・ギルロイと、「フリージャック (1992)」「逃げる天使 (1994)」「トゥー・フォー・ザ・マネー (2005)」「落下の王国 (2006)」のダン・ギルロイ。
撮影は「ドライブアカデミー/全員免停 (1985)」「バタリアン2 (1987)」「激流 (1994)」「007/トゥモロー・ネバー・ダイ (1997)」「ソルト (2010)」「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011)」のロバート・エルスウィット。
音楽は「プリティ・ウーマン (1990)」「シックス・センス (1999)」「ヴィレッジ (2004)」「アイ・アム・レジェンド (2007)」「ハンガー・ゲーム (2012)」のジェームズ・ニュートン・ハワード。
主演は「S.W.A.T. (2003)」「ハート・ロッカー (2008)」「ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル (2011)」「アベンジャーズ (2012)」のジェレミー・レナー。
共演は「チェーン・リアクション (1996)」「ハムナプトラ/失われた砂漠の都 (1999)」「ラブリーボーン (2009)」「ドリームハウス (2011)」のレイチェル・ワイズ、「真実の行方 (1996)」「ファイト・クラブ (1999)」「幻影師アイゼンハイム (2006)」「ストーン (2010)」のエドワード・ノートンなど。



[ 公開日 ]

2012年7月30日 アメリカ New York City, New York premiere 上映
2012年8月7日 オーストラリア Sydney premiere 上映
2012年8月9日 香港公開
2012年8月10日 カナダ公開
2012年8月10日 アメリカ公開
2012年8月13日 イギリス公開
2012年8月15日 スペイン公開
2012年8月16日 オーストラリア公開
2012年8月30日 ロシア公開
2012年8月31日 フランス Deauville Film Festival 上映
2012年9月7日 イタリア公開
2012年9月13日 ドイツ公開
2012年9月19日 フランス公開
2012年9月28日 日本公開







【 ストーリー 】


CIAの極秘プログラム“トレッドストーン計画”によって生み出された最強の暗殺者、ジェイソン・ボーンが、ロンドンで新聞記者に接触しようとしていた頃。
ボーンと内部調査局のパメラ・ランディ(ジョアン・アレン)の告発によって計画が明るみに出ることを恐れたCIA本部では、国家調査研究所のリック・バイヤー(エドワード・ノートン)が証拠隠滅のために全プログラムの抹消を命じる。
一方、アラスカのCIA訓練地では、“アウトカム計画”によって生み出された暗殺者、アーロン・クロス(ジェレミー・レナー)が訓練を積んでいた。
薬の服用を義務づけられていた彼は、相次ぐ予定変更によって自分の身に迫る危険を察知する。
彼の体調を管理しているステリシン・モルランタ社では、突然、職員が銃を乱射。
居合わせたマルタ・シェアリング博士(レイチェル・ワイズ)は九死に一生を得るが、研究所で行なっていたことに事件の原因があると知っていた彼女に、再び危機が迫る。
その窮地を救ったのはアーロン。
薬を求めてマルタのところへやってきた彼は、薬はすでに服用が中止され、プログラム従事者の体には半永久的な効果を持つ活性ウイルスが培養されていることを聞き、彼女とともにウイルスを製造しているマニラへ向かう。
急転する事態に混乱するマルタに、“自分はかつてケネス・キットソンという名前で、イラクで戦死したとされる兵士だ”と告げるアーロン。
一方、マルタ暗殺の失敗を知ったバイヤーは、彼女を病原体盗難の重要容疑者に仕立て上げ、安全保障局や国防省を巻き込んだ非常事態宣言を発令。
組織的な捜査によって2人の行方を洗い出す。
マニラに到着し、研究所に向かうマルタとアーロンだったが、追跡を察知して逃走。
バイヤーは精鋭の人間兵器“ラークス計画”の作戦員をタイのバンコクから送り込む。
路地の入り組んだマニラのスラム街で、究極の暗殺者たちによるチェイスが始まる・・・。



PACHINKO西遊記






【 余談 】


『ボーン・アルティメイタム』の脚本に参加したジョージ・ノルフィは、それまでのようにロバート・ラドラムの小説に関連にした第4の映画の脚本を書く予定であった。
ジェイソン・ボーン役のマット・デイモンも当初からプロジェクトに入っており、ジュリア・スタイルズとジョアン・アレンも参加を依頼されていた。
しかしながら、当初続投が予定されていたポール・グリーングラス(『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』の監督)の降板が2009年11月30日に発表され、マット・デイモンも「彼無しで映画を撮ることはありえない」と述べた。
2010年6月9日、トニー・ギルロイが『The Bourne Legacy』の脚本、監督を担当し、同作が2012年に公開されると発表された。
『The Bourne Legacy』は小説『ボーン・レガシー』をベースとした内容ではなく、ジェイソン・ボーンも登場しない。
同映画は新しいカノンに基づいたリブートの類ではなく、これまでのシリーズのスピンオフのような形となり、ボーンを作ったトレッドストーン作戦と類似の作戦によって生み出された新キャラクター、アーロン・クロスの物語として描かれる。
またギルロイは、デイモンとグリーングラスが将来シリーズに復帰する可能性も無くなってはいないと語っている。







【 スタッフ 】


監督 : トニー・ギルロイ
原作 : ロバート・ラドラム (ボーン・シリーズ)
原案 : トニー・ギルロイ
脚本 : トニー・ギルロイ 、ダン・ギルロイ
製作 : パトリック・クロウリー 、フランク・マーシャル 、ベン・スミス 、ジェフリー・M・ワイナー
製作総指揮 : ジェニファー・フォックス 、ヘンリー・モリソン
撮影 : ロバート・エルスウィット
編集 : ジョン・ギルロイ
音楽 : ジェームズ・ニュートン・ハワード
美術/プロダクションデザイン : ケヴィン・トンプソン
衣装デザイン : シェイ・カンリフ
キャスティング : エレン・チェノウェス
アートディレクション : スティーヴン・H・カーター 、モリー・ヒューズ 、Charlie Campbell 、Andrew Del Rosario
セット制作 : レスリー・E・ロリンズ
視覚効果(Visual Effects) : ディコン・アレクサンダー 、マイケル・アレン 、クリス・アンダーソン 、ジョン・ベア 、ルーク・バラード 、ジョージ・バーブァー 、ゼルコ・バーカン 、アダム・バーネット 、Joel Aguilar 、Jake Albers 、Cynthia Angel 、Tolga Ari 、Andreea Babiuc 、Renuka Ballal 、Joel Bautista
特殊効果(Special Effects) : トム・ブラックロック 、スタン・ブラックウェル 、アンソニー・S・シサレッリ 、マイケル・クラーク 、ダグ・コールマン 、ジャヴァイア・コントレラス 、レスリー・クーガン 、ギャリー・クーパー 、サム・ディーン 、ゲイリー・エレメンドルフ 、ダミアン・フィッシャー 、デボラ・ガルベス 、スコット・ガルシア 、John Cherevka 、Santiago Gonzalez
メイク : Felicity Bowring 、Jerry DeCarlo 、Sunday Englis 、Joseph Farulla 、Joanne Jacobsen 、Cristina Patterson Ceret 、Björn Rehbein 、Kathe Swanson 、Elizabeth Yianni-Georgiou 、Karen Zanki
謝辞 : Noynoy Aquino III 、Alfredo Lim 、Francis Tolentino







【 キャスト 】


アーロン・クロス : ジェレミー・レナー (吹替:中井和哉)
マルタ・シェアリング博士 : レイチェル・ワイズ (吹替:松雪泰子)
リック・バイヤー : エドワード・ノートン (吹替:森田順平)
パメラ・ランディ : ジョアン・アレン (吹替:小山茉美)
ノア・ヴォーゼン : デヴィッド・ストラザーン (吹替:小川真司)
アルバート・ハーシュ博士 : アルバート・フィニー (吹替:大塚周夫)
エズラ・クレイマー : スコット・グレン (吹替:伊藤和晃)
ディタ・マンディー : ドナ・マーフィ (吹替:野沢由香里)
マーク・ターソ : ステイシー・キーチ (吹替:飯塚昭三)
ドナルド・フォイト博士 : ジェリコ・イヴァネク
ゼヴ・ヴェンデル : コリー・ストール (吹替:宮内敦士)
アウトカム計画 工作員 #3 : オスカー・アイザック (吹替:板倉光隆)
LARX-03 : ルーイ・オザワ・チャンチェン
マイケル・チャーナス
ジェームズ・ジョセフ・オニール
トニー・グイダ
ソニー・ブラウン
ニール・ブルックス・カニンガム
ロブ・ライリー
ノエル・ウィルソン
デニス・ボウトシカリス
コーリイ・ジョンソン
ジェニファー・キム
ペイジ・レオン
ジョン・ダグラス・トンプソン
ロバート・プレスコット
デヴィッド・ウィルソン・バーンズ
ドン・ギロリー
アリ・レザ
ジタ・レディ
トム・リース・ファレル
スティーヴ・ラウトマン
ピーター・ルイス
クリストファー・マン
ビリー・スミス
スーザン・エグベール
ティム・デヴィト
クレイトン・J・バーバー
エリザベス・マーヴェル
マイケル・パパジョン
デヴィッド・リーチ
マイケル・ベレッセ
ディアドリー・グッドウィン
ローラ・スパース
サム・ギルロイ
レイチェル・ブラック
フランク・ディール
ロブ・ヤン
キャサリン・カーティン
マット・オバーグ
フェイ・イヴェット・マックィーン
シェイン・ジェイコブソン
ジョナサン・エウセビオ
ジョン・ヴァレラ
マデリーン・ニコラス
スペンサー・サノ
ジョエル・トーレ
アーサー・アキュナ
イアン・ブラックマン
カレン・ピットマン
アナ・ベリー
マシュー・J・ウォルターズ
ブライアン・オニール
シャロン・ワシントン
パディ・コンシダイン
ジョン・ファラー
ジェフ・グロスマン
エリ・ハリス
ジェフ・マーティノウ
リル・リー
Alice Gainer
Prue Lewarne
Howard Leader
Adi Hanash
Patrick Vincent Marro
Anitha Gandhi
Heather Rasche
Natalie Bird
Nilaja Sun
Murray Knudsen
Brian Poteat
Gary Lee Mahmoud
Pat Battle
Nico Bernuth
Jane Jameston
Roland Manansala
John Arcilla
Josh Banks
Allen Jo
Carl Villa Roman
Ruby Ruiz
Cherry Devera
Julienne Orindain
Antonette Garcia
Sonny Tuazon
Normandy Bacaltos
Edgar Letran
Alvin Zalamea
Julie Ysla
Ermie Concepcion
Adrian Talinga
Lou Veloso
Julian Kim
Marie-Pierre Beausejour
Robert Chang
Sheena Colette
Joseph Dimartino
Johnathan Hallgrey
Ed Heavey
Sam Ibram
Nasser Metcalf
Alexis Molnar
Olan Montgomery
Jake Ramos
Naeem Uzimann



  予告

  ↓
TRAILER




ボーン・レガシー(トニー・ギルロイ監督) [DVD]/出演者不明
¥価格不明
Amazon.co.jp

■先行告知Ver■ [映画ポスター] ボーン・レガシー (THE BOURNE LEGACY)...
¥8,000
楽天

[直筆サイン入り写真] ジェレミー・レナー Jeremy Renner (映画 ボーン・レガシ...
¥32,200
楽天

[直筆サイン入り写真] ジェレミー・レナー Jeremy Renner (映画 ボーン・レガシー)
¥32,200
楽天






PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2012/12/08(土) 18:30:06|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ (1999) ~ 洋画 音楽・ドキュメンタリー ~ | ホーム | 宇宙兄弟 (2012) ~ 邦画 ドラマ ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/5899-8fd663a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。