PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フランケンウィニー (2011) ~ 洋画 ファンタジー・アニメ ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記




『 フランケンウィニー 』 (原題:Frankenweenie) は、2011年に製作、2012年に公開されたアメリカのアニメ映画。
孤独な少年が愛犬の死を受け入れられず、その亡骸を禁断の実験で甦らせてしまった事で、やがて町中を巻き込む大騒動に発展してしまう様子を描くファンタジー・アニメ。
メアリー・シェリーの小説「フランケンシュタイン」と、1930年代に製作されたジェームズ・ホエール監督のユニヴァーサル映画の古典ホラー「フランケンシュタインの花嫁」などをモチーフに、1984年に当時ディズニーに在籍し、アニメーターとして働いていた25歳のティム・バートンが原案・監督を務めた同名短編ストップモーション・アニメ映画のリメイク作品。
監督は、オリジナルと同じく「ビートルジュース (1988)」「バットマン (1989)」「スリーピー・ホロウ (1999)」「チャーリーとチョコレート工場 (2005)」「アリス・イン・ワンダーランド (2010)」「ダーク・シャドウ (2012)」のティム・バートン。
脚本は「go (1999)」「チャーリーズ・エンジェル (2000)」「ビッグ・フィッシュ (2003)」「ティム・バートンのコープスブライド (2005)」「9-ナイン (2007)」のジョン・オーガスト。
音楽は「ミッドナイト・ラン (1988)」「ミッション:インポッシブル (1996)」「スパイダーマン (2002)」「シャーロットのおくりもの (2006)」「リアル・スティール (2011)」「メン・イン・ブラック3 (2012)」のダニー・エルフマン。
声の出演は「ルーカスの初恋メモリー (1986)」「シザーハンズ (1990)」「エイリアン4 (1997)」「17歳のカルテ (1999)」「スター・トレック (2009)」「ブラック・スワン (2010)」のウィノナ・ライダー、「ビートルジュース (1988)」「ホーム・アローン (1990)」「ワイアット・アープ (1994)」「ライフ・イズ・ベースボール (2005)」「ペネロピ (2006)」「キス&キル (2010)」のキャサリン・オハラ、「サボテン・ブラザース (1986)」「3人の逃亡者 (1988)」「花嫁のパパ (1991)」「マーズ・アタック! (1996)」「ジャングル2ジャングル (1997)」のマーティン・ショート、TVドラマ「スパイ大作戦 (1966~1973)」「メテオ (1979)」「ミストレス (1991)」「X-ファイル ザ・ムービー (1998)」「マジェスティック (2001)」「やさしい嘘と贈り物 (2008)」のマーティン・ランドー、「アイ・アム・レジェンド (2007)」「最後の初恋 (2008)」「水曜日のエミリア (2009)」「きみがくれた未来 (2010)」のチャーリー・ターハン、「最終突撃取材計画! (2008)」「ハンコック (2008)」「アンボーン (2009)」のアッティカス・シェイファーなど。



[ 公開日 ]

2012年9月20日 アメリカ Austin, Texas Fantastic Fest premiere 上映
2012年10月4日 アメリカ Hamptons International Film Festival 上映
2012年10月5日 カナダ公開
2012年10月5日 アメリカ公開
2012年10月10日 イギリス BFI London Film Festival 上映
2012年10月11日 ロシア公開
2012年10月11日 スペイン公開
2012年10月17日 イギリス公開
2012年10月18日 香港公開
2012年10月25日 オーストラリア公開
2012年10月31日 フランス公開
2012年12月15日 日本公開
2013年1月17日 イタリア公開
2013年1月24日 ドイツ公開







【 ストーリー 】


小さな街ニュー・オランダに暮らす少年ヴィクター(声:チャーリー・ターハン)は、学校から帰ると屋根裏に閉じこもり、科学の実験や映画作りに熱中していた。
そんな彼の隣にはいつも最高の相棒である愛犬のスパーキーがいる。
ヴィクターの映画に主演することを誇りに思うスパーキーは、ヴィクターの母スーザン(声:キャサリン・オハラ)や父エドワード、そしてヴィクターと一緒に完成した映画を観ることが何よりの楽しみであった。
ところがある日、不幸な交通事故がスパーキーの命を奪ってしまう。
唯一の親友の死を受け入れられないヴィクターは、ジクルスキ先生(声:マーティン・ランドー)の科学の授業で習った“電気の実験”を応用して、家族にも内緒でスパーキーを生きかえらせることを決意する。
屋根裏の実験室でヴィクターは、雷のパワーも利用して、ついにスパーキーをつぎはぎだらけの“フラン犬(ケン)”として蘇らせる。
だが、幸せな日々が戻ってきたのも束の間、スパーキーは自分が死んでいる事に気づかぬまま家の外へと出てしまい、その“ありえない姿”をヴィクターのクラスメイトや街の人々に目撃されてしまう。
やがて、ヴィクターのアイデアを知った子供たちは次々にペットや動物をよみがえらせ、街は大混乱に陥っていくのだった・・・。


PACHINKO西遊記






【 余談 】


・ 当初、本作は2011年11月公開予定であったが、ディズニーは2012年3月9日に一旦変更したが、2011年11月には『ジョン・カーター』を2012年3月9日公開とし、『フランケンウィニー』は2012年10月5日公開とする事を発表した。
尚、プレミア上映は2012年9月20日にテキサス州オースティンのファンタスティック・フェストで行われた。

・ 本作はオリジナル版と同様に白黒で撮影され、製作にあたって『ティム・バートンのコープスブライド』のスタッフが多数参加している。

・ バートンはリメイクするにあたり、スパーキーのデザインを『Family Dog』の犬を参考にしている。







【 スタッフ 】


監督 : ティム・バートン
脚本 : ジョン・オーガスト
オリジナル脚本 : ティム・バートン 、レニー・リップス
原作 : ティム・バートン 『フランケンウィニー』
製作 : ティム・バートン 、アリソン・アベイト
製作総指揮 : ドン・ハーン 、デレク・フレイ 、サイモン・クイン 、Connie Nartonis Thompson
撮影 : ピーター・ソーグ
編集 : クリス・レベンゾン 、マーク・ソロモン
音楽 : ダニー・エルフマン
美術/プロダクションデザイン : リック・ハインリクス
アートディレクション : ティム・ブラウニング 、アレクサンドラ・ウォーカー
キャスティング : ロナ・クレス 、ジェン・ルーディン
視覚効果(Visual Effects) : バラジュ・アリ 、リチャード・ベイカー 、ルーシー・ベンソン 、アンディ・ボウマン 、ジョナサン・ブレイディ 、Ritesh Aggarwal 、Anastasios Agiakatsikas 、Max Alexander 、Maria Asim Ali 、Oliver Allen-Wielebnowski 、Valeria Andino 、Stuart Armiger 、Hernan Barros 、Peter Bartfay 、Jeremy Bazin
特殊効果(Special Effects) : リチャード・ジェファーズ 、クレア・テナント 、Mark Fisher 、Graham Michie 、Anna Lind Sævarsdóttir
謝辞 : シェリー・デュヴァル 、バレット・オリヴァー 、ダニエル・スターン







【 キャスト 】


ヴィクター・フランケンシュタイン : チャーリー・ターハン (吹替:吉永拓斗)
エルザ・ヴァン・ヘルシング : ウィノナ・ライダー (吹替:南里侑香)
スーザン・フランケンシュタイン : キャサリン・オハラ (吹替:湯屋敦子)
フシギちゃん : キャサリン・オハラ (吹替:宮本侑芽)
体育の先生 : キャサリン・オハラ (吹替:近藤春菜(ハリセンボン))
エドワード・フランケンシュタイン : マーティン・ショート (吹替:平川大輔)
ナソル : マーティン・ショート (吹替:小倉史也)
ブルゲマイスター町長 : マーティン・ショート (吹替:赤星昇一郎)
ジクルスキ先生 : マーティン・ランドー (吹替:壤晴彦)
エドガー・"E"・ゴア : アッティカス・シェイファー (吹替:関根航)
ボブ : ロバート・キャプロン (吹替:中村一葵)
トシアキ : ジェームズ・ヒロユキ・リャオ (吹替:島﨑光)
ボブの母 : コンチャータ・フェレル (吹替:橘U子)
消防署長 : トム・ケニー
兵士 : トム・ケニー
町民 : トム・ケニー
ドラキュラ : クリストファー・リー
スパーキー・フランケンシュタイン : フランク・ウェルカー(効果音) (吹替:原語版流用)
ペルセポネ・ヴァン・ヘルシング : ディー・ブラッドリー・ベイカー(効果音) (吹替:原語版流用)
ウェア・ラット : ディー・ブラッドリー・ベイカー(効果音) (吹替:原語版流用)
おヒゲくん : ディー・ブラッドリー・ベイカー(効果音) (吹替:原語版流用)
コロッサス : ディー・ブラッドリー・ベイカー(効果音) (吹替:原語版流用)
シェリー : ディー・ブラッドリー・ベイカー(効果音) (吹替:原語版流用)
ジャイアント・シー・モンキー : ジェフ・ベネット(効果音) (吹替:原語版流用)
クラスメイト : - (吹替:箕輪はるか(ハリセンボン))
店主 : - (吹替:藤原貴弘)
父親 : - (吹替:野川雅史)
母親 : - (吹替:田中杏沙)
ペットショップの店員 : - (吹替:遠藤淳)
メリッサ・ストリブリング




  予告

  ↓
TRAILER




■予約■SALE OFF!新品北米版Blu-ray 3D!【フランケンウィニー 3D】 Fra...
¥5,590
楽天

■予約■SALE OFF!新品北米版DVD!【フランケンウィニー】 Frankenweenie!
¥3,390
楽天

■予約■SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【フランケンウィニー】 Frankenwe...
¥4,590
楽天

■両面印刷Ver■ [映画ポスター] フランケンウィニー (FRANKENWEENIE) [DS]
¥5,200
楽天

■先行告知Ver■ [映画ポスター] フランケンウィニー (FRANKENWEENIE) [A...
¥6,800
楽天







PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2012/12/27(木) 00:15:16|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ボイスメール (2009) ~ 洋画 サスペンス・ホラー ~ | ホーム | るろうに剣心 (2012) ~ 邦画 時代劇・アクション ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/5958-939de8d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。