PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日野日出志のザ・ホラー 怪奇劇場 第一夜 私の赤ちゃん (2004) ~ 邦画 ホラー ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記




『 日野日出志のザ・ホラー 怪奇劇場 第一夜 私の赤ちゃん 』 (英題:Lizard Baby) は、2004年10月2日よりパル企画配給にて公開された日本映画。
ホラー映画の脚本家が、臨月の妻をヒントに書き上げた脚本通りに生まれた子供が爬虫類の様な姿で生まれてきた父親の恐怖を描くホラー。
怪奇漫画家として知られる日野日出志の漫画作品6作を新鋭監督6人が実写化した「日野日出志のザ・ホラー怪奇劇場」の第一夜の中の一作。
監督は「ローカルニュース (1999)」「あそこの席 (2005)」「絶対恐怖 Booth ブース (2005)」「アヒルと鴨のコインロッカー (2006)」「ゴールデンスランバー (2009)」「映画 怪物くん (2011)」「ポテチ (2012)」「奇跡のリンゴ (2013)」の中村義洋。
脚本は「BOYS LOVE 劇場版 (2007)」「口裂け女2 (2008)」「少林老女 (2008)」「華鬼 三部作 (2009)」「マリア様がみてる (2010)」「菊地朔太郎之英雄的行為 (2012)」の寺内幸太郎。
撮影は「タナカヒロシのすべて (2004)」「鏡心 (2005)」「怨喰(うらみぐい) (2006)」「津軽百年食堂 (2011)」「生きてるものはいないのか (2011)」の松本ヨシユキ。
出演は「マヌケ先生 (1998)」「回路 (2000)」「ワースト☆コンタクト (2005)」「アルゼンチンババア (2007)」「荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE (2011)」「TOKYOてやんでぃ (2012)」の有坂来瞳、「君を忘れない FLY BOYS,FLY! (1995)」「ゴジラ×メガギラス G消滅作戦 (2000)」「ココロとカラダ (2004)」「犬神家の一族 (2006)」「悪人 (2010)」「この空の花 長岡花火物語 (2012)」の池内万作、「光の雨 (2001)」「刑務所の中 (2002)」「@ベイビーメール (2005)」「アヒルと鴨のコインロッカー (2006)」「チーム・バチスタの栄光 (2008)」「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ~勝どき橋を封鎖せよ!~ (2011)」の恩田括など。







【 ストーリー 】


ホラー映画の脚本執筆が思うように進まず、スランプ中の脚本家・梅木(池内万作)。
梅木は臨月を迎える妻の秋子(有坂来瞳)と定期検診のため、産婦人科に行った。
その時、梅木の脳裡に突然湧いてきた素晴らしいイメージ。
それはトカゲを身篭る夫婦の話だった。
妻の妊娠中に不謹慎だ、と叱られながらも、梅木は作品の出来にとても満足。
評判も上々だった。
しかし…、現実に生まれてきた赤ん坊は半分爬虫類という、梅木の脚本よりもグロテスクな生物だった。
不気味な液体を排泄しながら、床を這いずり回る半爬虫類の赤ん坊。
その赤ん坊を、母親としての情愛でいとおしく腕に抱く秋子。
映画の撮影が順調に進む脚本の世界と酷似してゆく現実に困惑し、錯乱状態に陥った梅木はある恐ろしい行動に出る・・・。







【 スタッフ 】


監督 : 中村義洋
原作 : 日野日出志
脚本 : 寺内光太郎
製作 : 有吉司 、尾越浩文 、山田真丈 、鈴木ワタル
プロデューサー : 堀越崇 、棚橋裕之 、阪村勝彦 、大橋孝史
撮影 : 松本ヨシユキ
録音 : 山中洋彦
衣装 : 矢内貴恵
ヘアメイク : 横山佳代
スチール : 鈴木芳果
特殊造形 : 堀尾禎宏
助監督 : 高橋雅弥
制作担当 : 上野境介
制作主任 : 本田裕子 、早川徹
製作 : ジャパンケーブルキャスト 、ポニーキャニオン 、コモンウェルス・エンターテインメント 、パル企画
配給 : パル企画






【 キャスト 】


秋子 : 有坂来瞳
梅木 : 池内万作
三村 : 恩田括
瀬戸 : 佐藤佐吉
吉村一徳 : 越村公一
吉村英子 : 大塚良重



  予告

  ↓
TRAILER




日野日出志の怪奇劇場 わたしの赤ちゃん [DVD]/日野日出志
¥2,940
Amazon.co.jp






PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2013/01/03(木) 23:21:41|
  2. 邦画&アニメ映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホスピタル・アンダー・シージ (2001) ~ 洋画 サスペンス・アクション ~ | ホーム | デモリションマン (1993) ~ 洋画 SF・アクション ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/5978-bd9fe7c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。