PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイ・ハード4.0 (2007) ~ 洋画 サスペンス・アクション ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記



『 ダイハード4.0 』 (原題:Live Free or Die Hard / 別題:Die Hard 4.0) は、2007年に製作されたアメリカ映画。

全米を襲うサイバーテロ集団に一人の刑事が立ち向かうサスペンス・アクション。

ニューヨーク市警のジョン・マクレーン刑事の超人的な活躍を描く人気シリーズ「ダイ・ハード」の12年ぶりに製作された第4作。
監督は「アンダーワールド (2003)」「アンダーワールド:エボリューション (2006)」「トータル・リコール (2012)」のレン・ワイズマン。

脚本は「アダム -神の使い 悪魔の子- (2004)」「彼が二度愛したS (2008)」「ウィッチマウンテン/地図から消された山 (2009)」「アンストッパブル (2010)」「トータル・リコール (2012)」「ウルヴァリン:SAMURAI (2013)」のマーク・ボンバック。

撮影は「チェイス (2000)」「アイ,ロボット (2004)」「アンダーワールド:エボリューション (2006)」「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝 (2008)」「ノウイング (2009)」「キラー・エリート (2011)」「華麗なるギャツビー (2012)」のサイモン・ダガン。

音楽は「スクリーム (1996)」「バイオハザード (2002)」「ハート・ロッカー (2008)」「レポゼッション・メン (2010)」「遊星からの物体X ファーストコンタクト (2011)」「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (2012)」のマルコ・ベルトラミ。

主演は「ダイ・ハード (1988)」「パルプ・フィクション (1994)」「アルマゲドン (1998)」「ホステージ (2005)」「RED/レッド (2010)」「LOOPER/ルーパー (2012)」「G.I.ジョー バック2リベンジ (2013)」のブルース・ウィリス。

共演は「スクリーム2 (1997)」「60セカンズ (2000)」「ドリームキャッチャー (2003)」「ヒットマン (2007)」「パーフェクト・ゲッタウェイ (2009)」「クレイジーズ (2010)」「アイ・アム・ナンバー4 (2011)」のティモシー・オリファント、「ギャラクシー・クエスト (1999)」「ジーパーズ・クリーパーズ (2001)」「ノット・ア・ガール (2002)」「ヒューマン・キャッチャー/JEEPERS CREEPERS 2 (2003)」「スペル (2009)」「遠距離恋愛 彼女の決断 (2010)」「声をかくす人 (2011)」のジャスティン・ロング、「ザ・グリード (1998)」「コラテラル・ダメージ (2001)」「クジラの島の少女 (2002)」「PUSH 光と闇の能力者 (2009)」「エアベンダー (2010)」「コロンビアーナ (2011)」のクリフ・カーティス、「ジェネックスコップ2 (2000)」「レディ・ウェポン (2002)」「ドラゴン・スクワッド (2005)」「M:i:III (2006)」「ウォーリアー&ウルフ (2009)」「プリースト (2011)」TVドラマ「NIKITA/ニキータ」シリーズのマギー・Q、「アルティメット (2004)」「アルティメット2 マッスル・ネバー・ダイ (2009)」「ゾーンA (2010)」のシリル・ラファエリ、「ザ・リング2 (2005)」「ファイナル・デッドコースター (2006)」「グラインドハウス (2007)」「スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団 (2010)」「遊星からの物体X ファーストコンタクト (2011)」「リンカーン/秘密の書 (2012)」のメアリー・エリザベス・ウィンステッドなど。



[ 公開日 ]

2007年6月12日 日本 Tokyo premiere 公開
2007年6月20日 イギリス London premiere 公開
2007年6月22日 アメリカ New York City, New York premiere 公開
2007年6月27日 ドイツ公開
2007年6月27日 ロシア公開
2007年6月27日 アメリカ公開
2007年6月29日 日本公開
2007年7月4日 フランス公開
2007年7月4日 香港公開
2007年7月4日 イギリス公開
2007年7月19日 韓国公開
2007年8月9日 オーストラリア公開
2007年9月7日 スペイン公開
2007年10月26日 イタリア公開







【 ストーリー 】



独立記念日の前夜、ワシントンDCのFBI本部サイバー犯罪部に異変が起きる。

交通、通信、原子力、水道などのあらゆるインフラを監視するシステムが何者かにハッキングされた。

事態を重く見たサイバー犯罪部長ボウマン(クリフ・カーティス)は、FBIブラックリストに載っているハッカーたちの一斉操作を命じる。

その頃、ニューヨーク市警統合テロ対策班の警部補ジョン・マクレーン(ブルース・ウィルス)は別れた妻との娘であるルーシー(メアリー・エリザベス・ウィンステッド)に会うためニュージャージー州の大学を訪れていた。

そこに上司から連絡が入り、ニュージャージー州内に住むマット(ジャスティン・ロング)というハッカーの身柄を拘束し、ワシントンまで連れ帰るよう通達される。

マットのアパートを訪れたマクレーンだったが、そこで謎の一味から襲撃を受ける。

危うくも逃れたマクレーンは、マットと共にワシントンを目指す。

マクレーンたちを襲った一味はガブリエル(ティモシー・オリファント)率いるテロ集団の衛兵部隊だったことを知る。

マットはガブリエルのテロ計画の全容を知らないまま依頼されたプログラムの開発を請け負っていたのだった。

すでにマット以外の計画に関わったハッカーたちはガブリエルの手下によって全員が殺されていた。

夜が明け、ふたりを乗せた車がワシントンに到着すると街では大混乱が起きていた。

騒ぎの中、マクレーンに連れられたボウマン部長と対面したマットは、ガブリエルがインターネットに流した映像を見て「"ファイアーセール"だ」と呟く。

"ファイアーセール"は国のインフラに対する組織的サイバーテロを意味するハッカーのスラング。

ガブリエルは全米のライフラインすべてを自分の管轄化に置き、国家そのものの乗っ取りに繰り出していた。

マットの協力を得たマクレーンは、次々に襲い掛かる衛兵たちをかいくぐり、サイバーテロを食い止めようと奔走を始める。

一方、マットを守るマクレーンの身元を調べ上げたガブリエルは、娘であるルーシーの存在に目をつける・・・。



PACHINKO西遊記







【 余談 】


・ 北米での原題は「Live Free or Die Hard」だが、北米以外では「Die Hard 4.0」のタイトルで公開されている。
タイトルについては、サイバーテロが題材であるため、従来のシリーズと異なり「4.0」とソフトウェアのバージョン番号風のタイトルになっている。


・ 邦題の読みは、CM等では「ダイハード フォー」で、2011年10月での日曜洋画劇場での本作の放送予告において、CMナレーションの大塚明夫は題名を「ダイハード フォー」とは呼ばず、「ダイハード ヨンテンゼロ」と呼んでいた。


・ クライマックスの大型トレーラーとF-35戦闘機の対決シーンの撮影に際し、美術部門チームによってカリフォルニア州ポモナフェアプレックスに位置する広大な駐車場に全長約300メートルの高速道路の巨大セットが組まれた。
このセットの横には高さ約12メートルのブルーバックスクリーンが併設され、実写部分を撮影後、VFXチームが作成した実景と見紛うほどに精巧な東海岸の景観を再現したCGをデジタル合成するという手法が取られた。


・ 劇中に登場するF-35戦闘機は撮影当時はまだ実戦配備されておらず、試作機によるテスト中であるため、使用許可がおりなかった。
そこでVFXチームは約3メートルのミニチュア模型(約1/5スケール)と実物大のレプリカ機体を手作りした。
劇中のF-35は固定機銃を機体下部に2門装備しているが、実際のF-35戦闘機の垂直離着陸型であるF-35Bには固定機銃はない。
また固定機銃を有するF-35A(垂直離着陸は出来ない)も、機銃は機体上部に一門のみである。


・ マクレーンの「ワシントンD.Cへ犯人を護送するだけだったのに」というセリフは、ブルース・ウィリス主演『16ブロック』の、 娘のルーシーに名前で呼び捨てにされて「その呼び方はやめろ」と言い返すやりとりは、ウィリス主演の『アルマゲドン』のセルフパロディである。
また「アルマゲドン」という単語も劇中で何回か言われている。


・ 北米週末興行成績6月29日~7月1日では、ディズニー作品の『レミーのおいしいレストラン』に初登場1位を取られ、その後も1位に上がる事も無くシリーズ唯一の2位に甘んじてしまったものの、興行成績に関しては前作を超えている。

・ 本国アメリカでは、PG-13指定(13歳未満の鑑賞には保護者の強い同意が必要)の劇場公開版の他、暴力描写や台詞、編集などの異なる“Unrated Version”がDVD発売されており(劇場未公開)、大きくわけて2種類の『ダイ・ハード4.0』が存在することになる。
この“Unrated Version”は、今のところ日本未発売である。


・ 本作はシリーズで初めて吹替版が同時公開され、マクレーンの日本語吹替には過去三作の日曜洋画劇場放送版で担当した野沢那智が起用された。

BD・DVD発売時には過去三作の映像ソフト版で担当した樋浦勉を起用した音源が制作され、二つのバージョンが同時に収録されている。

本作がテレビ放送される際も、局によって二つの音源を使い分けている。







【 スタッフ 】



監督 : レン・ワイズマン

原案 : マーク・ボンバック 、デヴィッド・マルコーニ 、ジョン・カーリン 、ロデリック・ソープ
脚本 : マーク・ボンバック
製作 : ジョン・マクティアナン
製作総指揮 : マイケル・フォトレル 、ウィリアム・ウィッシャー 、アーノルド・リフキン 、スティーヴン・J・イーズ
撮影 : サイモン・ダガン
美術/プロダクションデザイン : パトリック・タトポロス
衣装デザイン : デニス・ウィンゲイト
編集 : ニコラス・デ・トス
音楽 : マルコ・ベルトラミ

キャスティング : デボラ・アキラ 、メアリー・トリシア・ウッド
アートディレクション : ビート・フルティガー 、ジェイムズ・ヘジェダス 、トロイ・サイズモア
セット制作 : ロバート・グールド
視覚効果(Visual Effects) : ヴィクター・アベン 、ジュリー・エイドリアンソン=ニアリー 、エリック・アルメラス 、デヴィッド・アンドリュース 、マイケル・アンジェロ 、ダリル・アンカ 、ジョエル・アシュマン 、ジェニファー・エイヴリー 、Enrico Altmann 、Will Anielewicz
特殊効果(Special Effects) : ウィリアム・オルドリッジ 、ライアン・アーンド 、ハンク・アタベリー 、ジェイムズ・ボマリック 、マイケル・H・クラーク 、グレッグ・カーティス 、レニー・ダルリンプル 、マット・ダウニー 、Chris Brenczewski 、James Camomile
メイク : ジェラルド・クイスト 、Scott Cameron 、Zoltan Elek 、Edouard F. Henriques 、Janice Kinigopoulos 、Sandra Linn Koepper 、Lori McCoy-Bell 、Toni-Ann Walker
謝辞 : ハンナ・バイロン 、ヨニ・タバック 、Jack Gerbes 、Amy Lemish







【 キャスト 】


ジョン・マクレーン (ニューヨーク市警察刑事) : ブルース・ウィリス (吹替:野沢那智)
マシュー・ファレル (ハッカー) : ジャスティン・ロング (吹替:川中子雅人)
ルーシー・ジェネロ (ジョンの娘) : メアリー・エリザベス・ウィンステッド (吹替:園崎未恵)
トーマス・ガブリエル (テログループのリーダー) : ティモシー・オリファント (吹替:東地宏樹)
マイ・リン (ガブリエルの部下) : マギー・Q (吹替:坪井木の実)
ランド (ガブリエルの部下) : シリル・ラファエリ (吹替:前島貴志)
ボウマン (FBI副局長) : クリフ・カーティス (吹替:内田直哉)
トレイ (ガブリエルの部下) : ジョナサン・サドウスキー (吹替:佐藤淳)
キャスパー : アンドリュー・フリードマン (吹替:河相智哉)
ワーロック (ボルチモアのハッカー) : ケヴィン・スミス (吹替:坂東尚樹)
テイラー : クリスティーナ・チャン (吹替:野沢由香里)
ラジ : サン・カン (吹替:櫻井章喜)
モリーナ : ジェリコ・イヴァネク (吹替:中博史)
ルッソ : ヨーゴ・コンスタンティン (吹替:世古陽丸)
ジム : ジェイク・マクドーマン (吹替:鳥海勝美)
スクラビーノ : クリス・エリス (吹替:佐々木敏)
クレイ : マット・オリアリー (吹替:杉山大)
サマー : ティム・ラス (吹替:木村雅史)
エマーソン (ガブリエルの部下) : エドアルド・コスタ (吹替:高瀬右光)
ジョンソン : ヤンシー・アリアス (吹替:根本泰彦)
クリス・パレルモ
ジェラルド・ダウニー
アレン・マルドナード
ジム・カンタフィオ
レジーナ・マッキー・レッドウィング
トニー・コリッティ
ティム・デザーン
カート・デヴィッド・アンダーソン
ナディン・エリス
イーサン・フラワー
ニック・ジェイン
ジョー・ジェレティ
エドワード・ジェイムズ・ゲイジ
デヴィッド・ワルロッド
リック・クレイマー
デニス・デポー
ハワード・タイロン・ファーガソン
ジョン・レイシー
メリッサ・ノウルズ
デヴィッド・ブラック
マシュー・ボーウェン
グレッグ・ブラウン
ジョージ・W・ブッシュ
ジミー・カーター
エレナ・カルーソ
ビル・クリントン
ブルース・アレン・ドーソン
ジョン・ドティ
ティモシー・'TJ'・ジェイムズ・ドリスコル
ドワイト・D・アイゼンハウアー
リアム・ファーガソン
ジェラルド・フォード
デヴィッド・ハヴァティ
キャサリン・ホスキンス・マッキー
リンドン・B・ジョンソン
ボビー・ジョイナー
ジョン・F・ケネディ
エロール・クラス
アーロン・マイケル・レイシー
ジョナサン・レイン
ニール・マクニール
リチャード・ニクソン
ノーマン・アウトロー
クリストファー・フィリップス
ロナルド・レーガン
リル・リー
フランクリン・デラノ・ルーズヴェルト
パトリック・マイケル・ストレンジ
トム・タウンゼント
ティム・W・ウォーカー
スティーヴン・ザレスキ
Rosemary Knower
John Reha
Vito Pietanza
Diana Gettinger
Carshenah Jefferson
Alexander Kanellakos
Susan Kiskis
Michael Molthen
Nicole Nogrady
Chris O'Brocki
Manny Oliverez
Brian Smyj
Maciek Sokalski



  予告

  ↓
TRAILER




ダイ・ハード4.0<特別版> [Blu-ray]/ブルース・ウィリス,ジャスティン・ロング,ティモシー・オリファント
¥2,500
Amazon.co.jp

ダイ・ハード4.0 (特別編/初回生産分限定特典ディスク付き・2枚組) [DVD]/ブルース・ウィリス
¥3,990
Amazon.co.jp

ダイ・ハード4.0 (期間限定生産スペシャルパッケージ) [DVD]/ブルース・ウィリス,ジャスティン・ロング,ティモシー・オリファント
¥1,490
Amazon.co.jp

ダイ・ハード4.0 [DVD]/ブルース・ウィリス,ジャスティン・ロング,ティモシー・オリファント
¥1,490
Amazon.co.jp

ダイ・ハード4.0 [Blu-ray]/ブルース・ウィリス
¥4,935
Amazon.co.jp

ダイ・ハード4.0 [Blu-ray]/ブルース・ウィリス,ジャスティン・ロング,ティモシー・オリファント
¥2,500
Amazon.co.jp

ダイ・ハード4.0 [Blu-ray]/ブルース・ウィリス,ジャスティン・ロング,ティモシー・オリファント
¥2,500
Amazon.co.jp

ダイ・ハード4.0 [DVD]/ブルース・ウィリス,ジャスティン・ロング,ティモシー・オリファント
¥1,890
Amazon.co.jp

ダイ・ハード4.0 [UMD]/ブルース・ウィリス,ジャスティン・ロング,ティモシー・オリファント
¥980
Amazon.co.jp

ダイ・ハード4.0 (2枚組) [DVD]/ブルース・ウィリス,ジャスティン・ロング,ティモシー・オリファント
¥1,890
Amazon.co.jp

ダイ・ハード4.0 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー (初回生産限定) [Blu-ray]/ブルース・ウィリス,ジャスティン・ロング,ティモシー・オリファント
¥2,990
Amazon.co.jp

ブルーレイお試しパック『ダイ・ハード4.0』(初回生産限定) [Blu-ray]/ブルース・ウィリス,ジャスティン・ロング,ティモシー・オリファント
¥1,490
Amazon.co.jp

ダイ・ハード4.0 [DVD]/ブルース・ウィリス,ジャスティン・ロング,ティモシー・オリファント
¥1,490
Amazon.co.jp

ダイ・ハード4.0 (UMD Video)/ブルース・ウィリス
¥2,990
Amazon.co.jp




PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2013/02/24(日) 10:17:32|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハッシュパピー 〜バスタブ島の少女〜 (2012) ~ 洋画 ファンタジー・ドラマ ~ | ホーム | ゼロ・ダーク・サーティ (2012) ~ 洋画 サスペンス・アクション ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/6023-01ab0bf1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。