PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ダイ・ハード / ラスト・デイ (2013) ~ 洋画 サスペンス・アクション ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記




『 ダイ・ハード/ラスト・デイ 』 (原題:A Good Day to Die Hard) は、2013年に製作されたアメリカ映画。
モスクワを舞台に、“世界一ツイてない男” ニューヨーク市警のジョン・マクレーン刑事と、そのDNAを受け継ぐ息子が巨大な陰謀に立ち向かう姿を描く「ダイハード」シリーズ第5作。
監督は「エネミー・ライン (2001)」「フライト・オブ・フェニックス (2004)」「オーメン (2006)」「マックス・ペイン (2008)」のジョン・ムーア。
脚本は「THURSDAY (1998)」「ソードフィッシュ (2001)」「ヒットマン (2007)」「ウルヴァリン:X-MEN ZERO (2009)」「特攻野郎Aチーム THE MOVIE (2010)」のスキップ・ウッズ。
撮影は「ソウル・プレイン/ファンキーで行こう! (2004)」「ビューティフルメモリー (2005)」「オーメン (2006)」「マックス・ペイン (2008)」「ミッドナイト・ミート・トレイン (2008)」「完全なる報復 (2009)」のジョナサン・セラ。
音楽は「スクリーム (1996)」「ドラキュリア (2000)」「ハート・ロッカー (2008)」「ロシアン・ルーレット (2010)」「遊星からの物体X ファーストコンタクト (2011)」「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 (2012)」のマルコ・ベルトラミ。
主演は「ダイ・ハード (1988)」「フィフス・エレメント (1997)」「アルマゲドン (1998)」「隣のヒットマン (2000)」「ホステージ (2005)」「サロゲート (2009)」「RED/レッド (2010)」「LOOPER/ルーパー (2012)」のブルース・ウィリス。
共演は、TVドラマ「スパルタカス (2010)」「アウトロー (2012)」のジェイ・コートニー、「ゲノム/呪われた遺伝子 (1993)」「トンネル (2001)」「飛ぶ教室 (2003)」「善き人のためのソナタ (2006)」「ブラックブック (2006)」「アンノウン (2011)」のセバスチャン・コッホ、「シャネル&ストラヴィンスキー (2009)」「愛のあしあと (2011)」のラシャ・ブコヴィッチ、「青春の輝き (1992)」「ピッチブラック (2000)」「ワイルド・スピードX2 (2003)」「地獄の変異 (2005)」「ディープ・アンダーカバー (2008)」「ザ・ヒット・リスト (2011)」のコール・ハウザー、「プリズナー・オブ・パワー 囚われの惑星 (2008)」のユーリヤ・スニギルなど。



[ 公開日 ]

2013年2月7日 香港公開
2013年2月14日 カナダ公開
2013年2月14日 ドイツ公開
2013年2月14日 イタリア公開
2013年2月14日 日本公開
2013年2月14日 ロシア公開
2013年2月14日 イギリス公開
2013年2月14日 アメリカ公開
2013年2月15日 スペイン公開
2013年2月20日 フランス公開
2013年3月21日 オーストラリア公開







【 ストーリー 】


マクレーンの元に、音信不通だった息子のジャックが、ロシアで警察沙汰を起こして身柄を拘束されたとの知らせが入る。
マクレーンは、ジャックに身柄を引き取る為、娘ルーシーに見送られながらロシアへと渡る。
ところが、ジャックが出廷するはずだった裁判所は突如爆破され、2人は大混乱の中で再会を果たす。
しかしジャックは、マクレーンを突き離してその場から車で去る。
それを追う謎の武装集団。
状況を理解できていなかったがマクレーンはジャックらを追跡する。
壮絶なカーチェイスの末、マクレーンは武装集団の車を大破させてジャックと合流する。
その後、ジャックが隠れ家と称する建物に到着。
そこで、ジャックがCIAの人間であることを知る。
安全かと思われたが、謎の武装集団に襲撃され隠れ家から脱出する。
かくして、マクレーンはいつものように愚痴りながらも、ジャックと共に真相究明にむけ行動を開始する・・・。


PACHINKO西遊記






【 余談 】


・ 原題の「A Good Day to Die Hard」は、インディアンの言葉である「死ぬにはいい日だ(="It's a good day to die.")」をアレンジしたもの。

・ 本作のマクレーンの吹き替えは、テレビ朝日版と前作の劇場公開版で担当していた野沢那智の弟子に当たる中村秀利が新たに担当している。
また、マクレーンの息子ジャックの吹き替えには、野沢那智の実子である野沢聡が起用された。







【 スタッフ 】


監督 : ジョン・ムーア
原作 : ロデリック・ソープ
脚本 : スキップ・ウッズ
製作 : アレックス・ヤング 、ウィク・ゴッドフリー
製作総指揮 : トム・カーノウスキー 、ジェイソン・ケラー 、スキップ・ウッズ 、スティーヴン・J・イーズ 、ピーター・ヴェヴェルカ 、ラリー・D・ウェブスター 、ブルース・ウィリス 、デヴィッド・ウィリス
撮影 : ジョナサン・セラ
美術/プロダクションデザイン : ダニエル・T・ドランス
衣装デザイン : ボヤナ・ニキトヴィッチ
編集 : ダン・ジマーマン
音楽 : マルコ・ベルトラミ
キャスティング : デボラ・アキラ 、メアリー・トリシア・ウッド
アートディレクション : ニック・ブランシュ 、トム・ブラウン 、アンドリュー・マンロー 、Bence Erdelyi
セット制作 : ゾルタン・ホーヴァス 、Jille Azis
視覚効果(Visual Effects) : ライアン・アンデルセン 、ケネス・ベイリー 、ジョナサン・バード 、ジェイソン・ボンド 、エディ・ボニン 、デヴィッド・M・ブロウ・Jr 、エド・ブルース 、エヴェレット・バーレル 、Jason Arrieta 、Andres Berkstein 、Annalyn Betinol 、Peter Bowmar 、Keith Brett 、Joe DeWalt Brown 、Huseyin Caner
特殊効果(Special Effects) : ジェイムズ・ボマリック 、ヤロスラフ・ブチェク 、サム・コンウェイ 、ジェイムズ・カウリー 、ノーマン・エルンスト 、マーカス・ガイガー 、Zoltan Blazilnovits 、Laszlo Boros 、Ilya Churinov 、Andre Emme 、Christoph Gartlacher 、Gergely Glovotz 、Wolfgang Higler 、Zoltan Kvassay 、Michael Luppino
メイク : ジェラルド・クイスト 、リック・ストラットン 、Lynda Armstrong 、Fiona Connon 、Krisztina Fehér 、Anna Tesner 、Ailsa Lawson
謝辞 : Richard William Todd







【 キャスト 】


ジョン・マクレーン (ニューヨーク市警刑事) : ブルース・ウィリス (吹替:中村秀利)
ジャック・マクレーン (マクレーンの息子 / CIAエージェント) : ジェイ・コートニー (吹替:野沢聡)
ルーシー・マクレーン (ジャックの姉) : メアリー・エリザベス・ウィンステッド (吹替:園崎未恵)
チャガーリン (ロシアの大物政治家) : セルゲイ・コルスニコフ (吹替:金尾哲夫)
ユーリ・コマロフ (ロシアの元大物政治家) : セバスチャン・コッホ (吹替:伊藤和晃)
イリーナ (コマロフの娘) : ユーリヤ・スニギル (吹替:加藤忍)
コリンズ (ジャックの相棒) : コール・ハウザー (吹替:宮内敦士)
マーフィー (マクレーンの同僚刑事) : アマウリー・ノラスコ (吹替:落合弘治)
アリク (チャガーリンの配下) : ラシャ・ブコヴィッチ (吹替:関俊彦)
タクシー運転手 : パシャ・D・リチニコフ (吹替:斎藤志郎)
ロマン・ルクナール
ペーター・タカツィ
メガリン・エキカンウォーク
メリッサ・タン
エイプリル・グレイス
クーパー・ソーントン
ピーター・ケルケツ
フェレネック・エレク
イヴァーン・フェニェー
スコット・マイケル・キャンベル
オルディス・ホッジ
ジョー・マッシンギル
ジェシー・バーチ
ジャスティン・スミス
マーティン・ヒンディー
イヴァン・カマラス
ニコレット・バラバス
エレナ・カルーソ
マイク・ドプド
Zolee Ganxsta
Rico Simonini
Catherine Kresge
Jan Gallovic
Rytmus
Zhe Lin
Janos Finfera
Boris Vodokov
Aleksandr Komarov
Edit Balázsovits
Nadejda Savacova
Anastassija Makarenko
Attila Árpa
Sergej Onopko
Ivan Mark Orsányi
Zsolt Viczei
Norbert Növényi
Anne Vyalitsyna



  予告

  ↓
TRAILER










PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2013/03/01(金) 21:59:50|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宇宙刑事ギャバン THE MOVIE (2012) ~ 邦画 特撮・アクション ~ | ホーム | 劇場版 とある魔術の禁書目録-エンデュミオンの奇蹟- (2013) ~ 邦画 アニメ ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/6131-941f1429
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。