PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アイアンマン2 (2010) ~ 洋画 SF・アクション・ドラマ ~


PACHINKO西遊記

PACHINKO西遊記

PACHINKO西遊記



『 アイアンマン2 』 (原題:Iron Man 2) は、2010年に製作されたアメリカ映画。

自ら開発した鋼鉄のパワード・スーツを身に纏った男が勧善懲悪に立ち上がる姿を痛快に描き大ヒットした2008年のアクション・ムービー「アイアンマン」の第2弾。

監督は前作に引き続き「エルフ ~サンタの国からやってきた~ (2003)」「ザスーラ (2005)」「アイアンマン (2008)」「カウボーイ&エイリアン (2011)」TVドラマ「レボリューション (2012)」のジョン・ファヴロー。

脚本は、俳優として「I SHOT ANDY WARHOL (1996)」「アメリカン・サイコ (2000)」「マルホランド・ドライブ (2001)」「ズーランダー (2001)」「チャーリーズ・エンジェル/フルスロットル (2003)」「マイアミ・バイス (2006)」「ブロークン・イングリッシュ (2007)」などに出演し、「トロピック・サンダー/史上最低の作戦 (2008)」「ロック・オブ・エイジズ (2012)」の脚本を手掛けたジャスティン・セロー。

撮影は「 π (1997)」「フォーン・ブース (2002)」「ゴシカ (2003)」「ネバー・ダイ・アローン (2004)」「ナンバー23 (2007)」「アイアンマン (2008)」「ブラック・スワン (2010)」「カウボーイ&エイリアン (2011)」「ルビー・スパークス (2012)」のマシュー・リバティーク。

音楽は「デッド・リミット (1988)」「ガンメン (1993)」「レリック (1997)」「キャッツ&ドッグス (2001)」「スコーピオン・キング (2002)」「ザスーラ (2005)」「プレデターズ (2010)」「マチェーテ (2010)」「顔のないスパイ (2011)」「バーニング・クロス (2012)のジョン・デブニー。

主演は「レス・ザン・ゼロ (1987)」「チャーリー (1992)」「ナチュラル・ボーン・キラーズ (1994)」「リチャード三世 (1995)」「ゴシカ (2003)」「ゾディアック (2006)」「インクレディブル・ハルク (2008)」「シャーロック・ホームズ (2009)」「アベンジャーズ (2012)」のロバート・ダウニー・Jr。
共演は「1941 (1979)」「ナインハーフ (1985)」「エンゼル・ハート (1987)」「ハーレーダビッドソン&マルボロマン (1991)」「レインメーカー (1997)」「アレックス・ライダー (2006)」「エクスペンダブルズ (2010)」「インモータルズ -神々の戦い- (2011)」のミッキー・ローク、「理由 (1995)」「ホーム・アローン3 (1998)」「ゴーストワールド (2001)」「スパイダー パニック! (2002)」「プレステージ (2006)」「それでも恋するバルセロナ (2008)」「幸せへのキセキ (2011)」「ヒッチコック (2012)」のスカーレット・ヨハンソンなど。



[ 公開日 ]

2010年4月26日 アメリカ Los Angeles, California premiere 上映
2010年4月28日 フランス公開
2010年4月29日 オーストラリア公開
2010年4月29日 ロシア公開
2010年4月29日 韓国公開
2010年4月30日 香港公開
2010年4月30日 イタリア公開
2010年4月30日 スペイン公開
2010年4月30日 イギリス公開
2010年5月6日 ドイツ公開
2010年5月7日 カナダ公開
2010年5月7日 アメリカ公開
2010年5月26日 日本 Tokyo premiere 上映
2010年6月11日 日本公開







【 ストーリー 】


アイアンマンであることを自ら公表し、世間を騒然とさせたトニー・スターク。
彼の勝手なヒーロー行為は国家問題にまで発展し、パワード・スーツ没収を命じられる。
一方、そんなトニーの報道を憎悪の目で見つめる男。
彼はトニーに対し、ある恨みを募らせていた。
そして、一撃で金属を真っ二つにできる武器を自在に操る“ウィップラッシュ”へと変身、積年の恨みを晴らすべく、ついにトニーの前へ姿を現わす。
また、トニーの新しい秘書としてやって来た美女はレザースーツに身を包んだ“ブラック・ウィドー”という裏の顔を持ち、ライバルの武器商人ジャスティン・ハマーは謎の軍団を組織し暗躍し始めていた。
さらに、パワード・スーツのエネルギー源となる胸に埋め込んだリアクターの悪影響を受け、自ずと身体を苦しめるトニー。
それでも彼はパワード・スーツの進化に身を注ぎ、究極の戦いに挑むのだが・・・。


PACHINKO西遊記







【 余談 】


・ 前作『アイアンマン』の公開後、そのヒットを受け本作の製作が決定。
監督のジョン・ファヴローによると前作の製作当初から3部作構想があり、第2作での悪役に「アイアンモンガー」を想定していたと言うが、結局アイアンモンガーは前作の悪役として登場、ジェフ・ブリッジスが同役を演じた。
その結果、製作側は本作における新たな悪役としてミッキー・ローク演じる「ウィップラッシュ」、そしてサム・ロックウェル演じる「ジャスティン・ハマー」を登場させている。
また、原作の人気キャラクターであるもうひとりのアイアンマンこと「ウォーマシン」、そして謎めいた女スパイの「ブラック・ウィドー」も本作より登場。
それぞれドン・チードルとスカーレット・ヨハンソンが演じている。
ちなみにチードルは、前作から降板したテレンス・ハワードの後を継ぐ形でキャスティングされた。
このチードル演じるジェームズ・“ローディ”・ローズが本作に初登場する後ろ姿のシーンにおける彼のセリフは、単に劇中における「ローディ」のセリフというのみならず、このキャスティング変更について観客に説明するために監督がチードルやロバート・ダウニー・Jrと相談して付け加えるに至った脚本に無いセリフである。
メインロールであるアイアンマンことトニー・スターク役、そしてトニーを支えるペッパー・ポッツ役は前作同様、ロバート・ダウニー・Jrとグウィネス・パルトロウが続投している。
監督のファヴローも前作に続いて俳優として出演しており、メインキャスト扱いではないものの、前作と比べて出番が多くなっている。

・ 2008年7月、映画『トロピック・サンダー / 史上最低の作戦』の脚本を執筆し、同作に出演したダウニー・Jrにアカデミー賞ノミネートをもたらしたジャスティン・セロウがダウニー・Jrの推薦によってライターに就任。
原作の1エピソード「Demon in the Bottle」編をモチーフとし、ファヴローとダウニー・Jrによる原案を基に執筆を始めた。
ストーリーボードはアニメーターとして知られるゲンディ・タルタコフスキーが担当。
また『リーサル・ウェポン』などの脚本で知られるシェーン・ブラックが、ファヴローとダウニー・Jrに「トニーの人物像を物理学者ロバート・オッペンハイマーに近づけてはどうか」などのアドヴァイスをした。
ちなみにブラックは、本シリーズの次作である『アイアンマン3』にて、ファヴローに代わって監督を務めることが決定している。

・ アイアンマンのアーマーをデザインしたのは前作に引き続いてアディ・グラノヴ。

・ ヨーロッパ諸国では2010年4月28日に公開され、220万ドルを記録するスタートを切り公開後5日間で53カ国での国際興行収入が1億20万ドルに達した。
アメリカ合衆国では4380スクリーンで公開され、公開週末3日間で約1億2812万ドルの興行収入を記録。
『パイレーツ・オブ・カリビアン / デッドマンズ・チェスト』に次いで歴代5位の記録となった。
IMAXシアターでは48劇場で225万ドルを稼ぎ出し、『トランスフォーマー/リベンジ』の持つ210万ドルという記録を大きく塗り替えた。
日本では2010年6月11日に全国公開され、週末3日間で3億4326万700円の興行収入を記録。
配給元のパラマウント ジャパンによると、前作比135%のヒットとなった。
だが、公開週の映画動員ランキングでは前週1位を記録している『告白』に及ばず、初登場2位でランクインしている。







【 ストーリー 】


監督 : ジョン・ファヴロー
脚本 : ジャスティン・セロー
原案・キャラクター創造 : スタン・リー 、ドン・ヘック 、ラリー・リーバー 、ジャック・カービー
製作 : ケヴィン・フェイグ
共同製作 : ジェレミー・ラッチャム 、ヴィクトリア・アロンソ
製作総指揮 : アラン・ファイン 、スタン・リー 、デヴィッド・メイゼル 、デニス・L・スチュワート 、ルイス・デスポジート 、ジョン・ファヴロー 、スーザン・ダウニー 、カレン・ジョンソン 、エリック・ヘフロン
撮影 : マシュー・リバティーク (ASC)
美術/プロダクションデザイン : J・マイケル・リーヴァ
編集 : リチャード・ピアソン (A.C.E.) 、ダン・レーベンタール (A.C.E.)
音楽 : ジョン・デブニー
音楽監修 : デイヴ・ジョーダン
アートディレクション : ペイジ・バックナー 、マイケル・E・ゴールドマン 、デヴィッド・F・クラッセン 、スーザン・ウェクスラー
衣装デザイン : メアリー・ゾフレス
キャスティング : サラ・フィン 、ランディ・ヒラー
セット制作 : ラウリ・ギャフィン
視覚効果&アニメーションプロダクション : インダストリアル・ライト & マジック
視覚効果(Visual Effects) : スコット・M・アダムス 、ディコン・アレクサンダー 、パパヴラミデス・アレクサンドラ 、ケイシー・アレン 、スティーヴン・アンダーソン 、フローラン・アンドラ 、クリス・アントニーニ 、スペンサー・アーマジョ 、スチュワート・アッシュ 、ニコル・アシュフォード 、ケイト・オールド 、4Sean Araki 、Tom Armbruster 、Hunter Athey
特殊効果(Special Effects) : マーク・バニッチ 、デヴィッド・ブーシュ 、ジョン・P・カズィン 、ケン・コーネット 、レニー・ダルリンプル 、サム・ディーン 、マイク・デリー 、アラーナ・ダグラス 、ロデリック・'ミック'・ダフ 、マイク・エドモンソン 、ローラ・エリオット 、クリスチャン・ユーバンクス 、Megan Areford 、Laurent Bentolila 、Michelle Deville
メイク : アラン・アポーン 、ジョン・ブレイク 、ケン・カルヴァー 、David Abbott 、Merribelle Anderson 、Kim Ayers 、Robin Beauchesne 、Kate Biscoe 、Thom Cammer 、Clare M. Corsick 、Florence Cossutta 、Deborah La Mia Denaver 、Jamie Leigh DeVilla 、Amy L. Disarro 、Cheryl Eckert
謝辞 : ジョン・バーン 、アダム・ゴールドシュテイン 、ジェイムズ・ハント 、ジョー・クェサダ 、ジョン・S・ロミタ・Jr 、ジョニー・ロミタ 、フィリップ・M・シュトルプ 、Laurent Bentolila 、David Michelinie 、Andreas Wicklund







【 キャスト 】


アンソニー・"トニー"・スターク : ロバート・ダウニー・Jr (吹替:藤原啓治)
ヴァージニア・"ペッパー"・ポッツ : グウィネス・パルトロー (吹替:岡寛恵)
ジェームズ・"ローディ"・ローズ (ウォーマシン) : ドン・チードル (吹替:目黒光祐)
ナタリー・ラッシュマン (ブラック・ウィドー) : スカーレット・ヨハンソン (吹替:佐古真弓)
ジャスティン・ハマー : サム・ロックウェル (吹替:森川智之)
イワン・ヴァンコ (ウィップラッシュ) : ミッキー・ローク (吹替:菅生隆之)
ニック・フューリー : サミュエル・L・ジャクソン (吹替:手塚秀彰)
フィル・コールソン : クラーク・グレッグ (吹替:村治学)
ハワード・スターク : ジョン・スラッテリー (吹替:仲野裕)
ハロルド・"ハッピー"・ホーガン : ジョン・ファヴロー
ケイト・マーラ
クリスティン・エヴァーハート : レスリー・ビブ (吹替:北西純子)
スターン議員 : ギャリー・シャンドリング (吹替:石住昭彦)
フィリップ・バージェロン
ティム・ギニー
ミード将軍 : エリック・L・ヘイニー (吹替:原康義)
ヘレナ・マットソン
ラリー・キング : スタン・リー
J.A.R.V.I.S. (声) : ポール・ベタニー (吹替:加瀬康之)
クリスティアン・アマンプール
ジェイムズ・ベシア
マイケル・ブルーノ
ケイト・クラーク
フランソワ・デュアメル
ラリー・エリソン
アダム・ゴールドシュテイン
アリ・カーン
エフゲニー・ラザレフ
キース・ミドルブルック
オリヴィア・マン
イーロン・マスク
ビル・オライリー
アレハンドロ・パチーノ
カリム・サレー
ブライアン・シェーファー
フィリップ・サイモン
ジャック・ホワイト
クリスタル・エルスワース
ヴィクトリア・パーソンズ
ジナ・キャントレル
サンディ・コルトン
ジェニ・ロビンソン
リンジー・デニス
ジェニファー・D・ジョンソン
リンジー・ローゼンバーグ
ハンナ・ダグラス
ブルック・ロング
レイチェル・ブルック・スミス
ナディン・エリス
テッド・アルダーマン
グレゴリー・バルディ
ジョーダン・ボビット
ピート・ブラウン
バジル・マッカリー
ケイティ・クリアリー
リック・L・ディーン
ティモシー・'TJ'・ジェイムズ・ドリスコル
ジャスミン・ダスティン
ポール・グレイス
ジェイムズ・グランヴィル
ジェニファー・ライン・ジョンソン
キャメロン・リー
ジェー=ユン・リー
ウェイモンド・リー
クリストファー・マレキ
ブライアン・マッコイ
ニコラス・パジョン
エリン・ピケット
スティーヴン・ジェイムズ・プライス
クリスティン・クイック
タナー・アレクサンダー・レッドマン
タノアイ・リード
ケリー・サラ
ピーター・トレンホルム・スミス
グレイス・スタンリー
ダグ・スワンダー
マイケル・A・テンプルトン
Luminita Docan
Isaiah Guyman Martin IV
Anya Monzikova
Margy Moore
Davin Ransom
Melanie Brown
Renee Herlocker
Jill Ann Pineda-Arnold
Annika Ihnat
Kylette Zamora
Donessa Alexander
Martin Andris
Elya Beer
Ayelet Ben-Shahar
Chris Borden
John Ceallach
Ajarae Coleman
Mark Casimir Dyniewicz
Sam Felman
Caitlin Gallo
Shakira Vanise Gamble
Kathryn Henzler
Mark Kubr
Mathew Lorenceau
Ed Moy
Delka Nenkova
Tony Nevada
Allison Ochmanek
H.E. Victor J.W. Pekarcik III
Olivia Presley
Kiana Prudhont
Torin Sixx
Rosa Tyabji
Peter Sebastian Wrobel
Maria Zambrana



  予告

  ↓
TRAILER




アイアンマン2 [Blu-ray]/ロバート・ダウニー・Jr.,グウィネス・パルトロウ,ドン・チードル
¥2,500
Amazon.co.jp

アイアンマン2 [DVD]/ロバート・ダウニー・Jr.,グウィネス・パルトロウ,ドン・チードル
¥1,500
Amazon.co.jp

アイアンマン2 ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]/ロバート・ダウニー・Jr.,グウィネス・パルトロウ,ドン・チードル
¥4,998
Amazon.co.jp

アイアンマン2 [DVD]/ロバート・ダウニー・Jr.,グウィネス・パルトロウ,スカーレット・ヨハンソン
¥2,625
Amazon.co.jp

アイアンマン2 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]/ロバート・ダウニー・Jr.,グウィネス・パルトロウ,ドン・チードル
¥4,179
Amazon.co.jp

アイアンマン2【Blu-ray】【MARVELCorner】 [ ロバート・ダウニーJr. ]
¥2,249
楽天

アイアンマン2 [ ロバート・ダウニーJr. ]
¥1,350
楽天

【中古】洋画Blu-ray Disc アイアンマン2 ブルーレイ&DVDセット【10P17Ap...
¥2,760
楽天

【中古】洋画DVD アイアンマン2 スペシャル・コレクターズ・エディション【10P17Apr1...
¥1,500
楽天

【Blu-ray Disc ブルーレイ】アイアンマン2ロバート・ダウニーJr. [PBH-11...
¥2,250
楽天

【中古】【ブルーレイ】アイアンマン2<ブルーレイ&DVDセット>
¥2,380
楽天

アイアンマン2/ロバート・ダウニーJr.[新品]
¥2,120
楽天

【1000円以上送料無料】アイアンマン2(Blu-ray Disc)/ロバート・ダウニー・Jr,
¥2,500
楽天

パラマウント ジャパン アイアンマン2 DVD
¥1,340
楽天




PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2013/04/20(土) 17:45:53|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パーフェクト・センス (2011) ~ 洋画 SF・ロマンス・ドラマ ~ | ホーム | 恋と愛の測り方 (2010) ~ 洋画 ロマンス・ドラマ ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/6162-9a6cc0a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。