PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

荒野の七人 (1960) ~ 洋画 西部劇・アクション ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記



『 荒野の七人 』 (原題:The Magnificent Seven) は、1960年に製作されたアメリカ映画。

西部開拓時代のメキシコを舞台に、盗賊に苦しむ寒村の村人に20ドルの報酬で雇われた七人の凄腕ガンマン達の活躍を描く西部劇・アクション。

原作は、黒沢明監督の東宝映画「七人の侍 (1954)」。

監督は「ミステリー・ストリート (1950)」「ブラボー砦の脱出 (1953)」「海底の黄金 (1955)」「OK牧場の決斗 (1957)」「大脱走 (1963)」「ビッグトレイル (1965)」「宇宙からの脱出 (1969)」「マックQ (1973)」「鷲は舞いおりた (1976)」のジョン・スタージェス。
脚本は「ベンソン少佐の個人的な戦争 (1955)」「縄張り (1958)」「不思議な世界の物語 (1962)」「レッド・サン (1971)」「ラスト・アメリカン・ヒーロー (1973)」「明日なき追撃 (1975)」「ローン・レンジャー (1981)」「殺人鬼 (1983)」のウィリアム・ロバーツ、「地獄の英雄 (1951)」「マカオ (1952)」「黄金の腕 (1955)」「海底の黄金 (1955)」「無法の王者ジェシイ・ジェイムス (1957)」「インターン (1962)」「キャット・バルー (1965)」「愛の断層 (1978)」「チャンプ (1979)」のウォルター・ニューマン (ノンクレジット)、「暴れ者 (1948)」「西部に賭ける女 (1960)」「パリの旅愁 (1961)」「未知への飛行 (1964)」「ベッツィー (1978)」TVM「男が女を愛する時 (1991)」TVM「ミス・エバーズ・ボーイズ~黒人看護婦の苦悩 (1996)」TVM「FAIL SAFE 未知への飛行 (2000)」のウォルター・バーンスタイン (ノンクレジット)。

撮影は「店曝らしの天使 (1929)」「戦場よさらば (1932)」「旅愁 (1950)」「麗しのサブリナ (1954)」「OK牧場の決斗 (1957)」「ガンヒルの決斗 (1959)」「西部開拓史 (1962)」「シャレード (1963)」「おしゃれ泥棒 (1966)」「エーゲ海の旅情 (1973)」のチャールス・ラング。

音楽は「突然の恐怖 (1952)」「大脱走 (1963)」「続・荒野の七人 (1966)」「荒野の七人/真昼の決闘 (1972)」「マックQ (1973)」「大逆転 (1983)」「ゴーストバスターズ (1984)」「危険な遊び (1993)」「ワイルド・ワイルド・ウエスト (1999)」「ギャング・オブ・ニューヨーク (2001)」「エデンより彼方に (2002)」のエルマー・バーンスタイン。
主演は「十戒 (1956)」「王様と私 (1956)」「ソロモンとシバの女王 (1959)」「トリプルクロス (1966)」「続・荒野の七人 (1966)」「長い長い決闘 (1968)」「大西部無頼列伝 (1971)」「ウエストワールド (1973)」「SF最後の巨人 (1975)」「未来世界 (1976)」のユル・ブリンナー。

共演は「傷だらけの栄光 (1956)」「大脱走 (1963)」「シンシナティ・キッド (1965)」「ネバダ・スミス (1966)」「華麗なる賭け (1968)」「栄光のル・マン (1971)」「パピヨン (1973)」「タワーリング・インフェルノ (1974)」「ハンター (1980)」のスティーヴ・マックィーン、「赤い空 (1952)」「機関銃(マシンガン)ケリー (1958)」「大脱走 (1963)」「バルジ大作戦 (1965)」「メカニック (1972)」「狼よさらば (1974)」「ストリートファイター (1975)」「スーパー・マグナム (1985)」TVM「キング・オブ・コップ (1998)」のチャールズ・ブロンソン、「ネバダの決闘 (1959)」「シャレード (1963)」「大脱走 (1963)」「ストリートファイター (1975)」「ミッドウェイ (1976)」「ヤングガン2 (1988)」「ハドソン・ホーク (1990)」「天使にラブ・ソングを2 (1993)」「ペイバック (1999)」「スノー・ドッグ (2002)」のジェームズ・コバーン、「地獄の分れ道 (1956)」TVドラマ「0011ナポレオン・ソロ (1964~1968)」「タワーリング・インフェルノ (1974)」「復活の日 (1980)」「スーパーマン III/電子の要塞 (1983)」「デルタ・フォース (1985)」「バーチャル・ウォーズ3 (1997)」「マイスーツ、マイライフ (2004)」TVドラマ「華麗なるペテン師たち (2004~2007)」のロバート・ヴォーン、「エミールと少年探偵団 (1954)」「死の船 (1959)」「美しく青きドナウ (1972)」「キラー・ビー (1976)」「アトランチスの謎 (1978)」「サハラ (1983)」「ファイナルゾーン (1989)」「エイセス/大空の誓い (1991)」「ライフ・イズ・ビューティフル (1998)」のホルスト・ブーツホルフ、「アスファルト・ジャングル (1950)」「オクラホマ! (1955)」「恐怖の土曜日 (1955)」「ガンヒルの決斗 (1959)」「太陽の帝王 (1963)」「脱走特急 (1965)」「シャンプー (1975)」「コニャックの女/V.S.O.P. (1988)」のブラッド・デクスター、「The White Orchid (1954)」「ナサリン (1959)」「野性の太陽 (1962)」「Ninette y un señor de Murcia (1965)」「炎の女 (1965)」「La casa de Bernarda Alba (1974)」「La casa de Bernarda Alba (1982)」のロゼンダ・モンテロスなど。




[ 公開日 ]


1960年10月23日 アメリカ公開
1961年2月1日 フランス公開
1961年2月28日 スペイン公開
1961年3月2日 イタリア公開
1961年5月3日 日本公開
1961年9月14日 香港公開
1962年 ロシア公開
1970年7月1日 フランス 再リリース
2001年12月19日 ロシア DVD発売









【 ストーリー 】



メキシコの寒村イスカトランの村人達は毎年収穫期になると恐怖に戦いていた。

カルヴェラが率いる野党がきまって掠奪にくるからだ。

しかし、今年はもう我慢が出来なくなっていた。

子供達は飢え、村を去っていく農民がふえていた。

ヒラリオと2人の農夫は皆を代表して戦うことを決議、銃を買いに国境のアメリカの町やって来た。

彼らが町に着いた時に騒ぎが起きていた。

原住民の死体を白人の墓地に埋める埋めないの騒ぎだ。

全身黒ずくめのガンマン、クリス(ユル・ブリンアー)が無造作に俺が埋めてやろうと買って出た。

そこへやりとりを見ていたヴィン(スティーヴ・マックイーン)も助手を志願した。

墓地で銃を構える数人の男達、だがクリスとヴィンは鮮やかにこの騒動を片づけてしまった。

ヒリイオ達はこの有様を見てクリスに訳を話して力になって貰う事にした。

同意したクリスは腕の立つガンマンを探し始めた。

最初に仲間に入ったのがクリスの古い友人ハリー・ラックだった。

ヴィンも仲間に入った。

ナイフ使いの名人ブリット(ジェームズ・コバーン)と早打ちのリーも加わった。

それに西部で名高いオラリー(チャールズ・ブロンソン)も仲間に入れた。

そんな彼らの様子を窺っていたクリスを尊敬を尊敬しているチコという若者が仲間に加わろうとやってくる。

腕は悪くないものの、経験も浅く40人もの敵を相手に戦うには若過ぎると、一度は断るクリスだったが、チコの熱意と強引さに折れる形で仲間に加える事になる。

総勢7人となったクリスたちは、イスカトラン村へと馬を走らせる。

7人のガンマンを迎えて村は一変した。

村に到着したクリスたちは村人達に戦う準備をさせた。

防壁を築いたり銃の使い方を教えたり、7人の男達と村人の間には奇妙な友情が生まれていった。

チコはペトラという村娘と仲良くなった。

そんな時に、カルヴェラ一味が村を襲って来た・・・。



PACHINKO西遊記







【 余談 】



・ ユル・ブリンナーが『七人の侍』に感銘を受け製作したオマージュ色の強い作品のため、大まかなあらすじ・登場人物の設定・台詞などの多くが忠実に再現されている。
但し、ロケ地や多数のキャストを使ったメキシコに配慮して(当時のメキシコ政府と何度も交渉した事がDVDのメイキングで明らかにされている)、初めから用心棒を雇うのではなく銃を購入するという村人の自主性を尊重したり、衣装の汚れがみすぼらしく映るのを避けるために敢えて衣装の汚れはなくすなどの工夫・変更点が見られる。


・ 七人の侍の脚本の英語版の買い取り価格はたったの250ドルであった。
当初の構想では、監督をユル・ブリンナー、製作をルー・モーハイム、主演をアンソニー・クインが担当する予定だったが、スタッフ間の対立により現在のスタッフ・キャストに変更された。
また、実際にはウォルター・ニューマンとウォルター・バーンスタインも脚本を手がけているが、共同脚本のクレジットを辞退した為、映画・ポスターでは脚本のクレジットはウィリアム・ロバーツ単独になっている。


・ クリスはドッジシティ、ヴィンはトゥームストーンの出身である。
二つの町は共にワイアット・アープが活躍した町であり、劇中でウインチェスターM92が使用される事から、両名は少年~青年時代にアープ兄弟を見ている事が暗示されている(『OK牧場の決闘』は1881年で、1892年より以前であるため)。


・ 最初に日本公開された時のポスターでは、ユル・ブリンナーが中心だったが、その後スティーブ・マックイーン、チャールズ・ブロンソンが有名になった事から、リバイバル公開のポスターではこの二人が前面に出ている。
尚、チャールズ・ブロンソンは映画では髭をはやしていないが、男性化粧品のCMのイメージが強かった為、髭が書き加えられた。


・ 黒澤明はこの映画を見た後、監督のジョン・スタージェスに日本刀を贈った。


・ 第2作『続・荒野の七人』(1966年)では、クリス役のユル・ブリンナー以外はキャストが交代あるいは新規の配役となっている。
スティーブ・マックイーンに代わり、『ララミー牧場』のロバート・フラーがヴィン役を演じている。

チコ役はジュリアン・マテオスが演じ、メキシコ人である本来の設定通りとなった(初代チコ役のホルスト・ブッフホルツはドイツ人)。
カルヴェラ一味を倒し平和が訪れたイストラカンが再び山賊に襲われ、村人がいずこかへ連れ去られる事件が起きる。
ガンマンを辞め村でペトラと暮らしていたチコは、二度と使うまいと封印していた銃を再び手にして立ち向かうが、善戦むなしく負傷した上に一味にさらわれてしまう。
村を救えるのはクリスしかいないと考えたペトラは、町でクリスと再会し、窮状を訴える。
同意したクリスはヴィンと再会、女好きのコルビーら凄腕のガンマン3人を集め、救出されたチコと村の青年を加えた7人で、イストラカンを襲う山賊一味と対決するというストーリー。


・ クリス役は、第3作『新・荒野の七人 馬上の決闘』(1969年)ではジョージ・ケネディに、第4作『荒野の七人 真昼の決闘』(1972年)ではリー・ヴァン・クリーフに交代された。


・ SF映画『ウエストワールド』(1973年)では、ユル・ブリンナーがクリスの扮装そのままで、ガンマンのロボットを演じた。


・ 1998年から2000年にかけて、アメリカでリメイク版TVシリーズが製作され、2シーズン全23話が放送された。
キャストや役柄は当然ながら一新されているものの、クリスとヴィンが登場する(名前もそれぞれ改められ、クリス・ララビー、ヴィン・タナーとなる)。
南北戦争終結直後のアメリカ南部が舞台となっており、パイロット版(第1話および2話)は、南軍の残党に目を付けられたネイティブアメリカン・セミノール族の村人が、村を守るためにクリス以下7人のガンマンを雇い、南軍残党と対決するというオリジナル映画版を彷彿とさせる話となっており、7人の出会いが描かれる。
それ以降は、7人が住み着いた街の治安を守るために活躍する1話完結のドラマとなる。
クリス、ヴィン以外の5人のガンマンは、「野戦病院で医学の知識を身につけた黒人のナイフの達人」、「クリスの親友で女好き」、「村の子供に好かれるギャンブラー」、「過去の償いのために自分を律する元宣教師」、「本で読んだ西部に憧れて東部の町からやって来たまだまだ未熟な若者」というように、それぞれオリジナル映画版の7人を彷彿とさせるキャラクターとなっている。
また、オリジナルで7人の1人リーを演じたロバート・ヴォーンが、連邦判事オレン・トラビス役でゲスト出演している。


・ エルマー・バーンスタインが書き上げたテーマ曲は、その後TV番組において「西部劇」または「アメリカ西部の広大な自然」をイメージさせるBGMとして多用されている為、世界中における知名度が高い。
にもかかわらず、オリジナルのサウンドトラック版が初めて市販されたのは映画公開後38年、1998年になってからである(それまで市販されていたサウンドトラック版は、「続・荒野の七人」のみであった)。


・ ユル・ブリンナーは拳銃の扱いに慣れていなかった為、ガンマン的な演技はスティーブ・マックイーンが指導した。








【 スタッフ 】



監督 : ジョン・スタージェス

原作 : 黒澤明 、橋本忍 、小国英雄 (映画「七人の侍」より)
脚本 : ウィリアム・ロバーツ 、ウォルター・ニューマン (ノンクレジット) 、ウォルター・バーンスタイン (ノンクレジット)

製作 : ジョン・スタージェス
製作総指揮 : ウォルター・ミリッシュ
共同プロデューサー : ルー・モーハイム
撮影 : チャールス・ラング
アートディレクション : エドワード・フィッツジェラルド

音楽 : エルマー・バーンスタイン
編集 : フェリス・ウェブスター

セット制作 : ラファエル・スアレス
音響効果 : ジャック・ソロモン
特殊効果(Special Effects) : ミルト・ライス
メイク : ダン・ストリーピーク 、Emile LaVigne







【 キャスト 】



クリス・アダムズ (原作の勘兵衛に相当) : ユル・ブリンナー (吹替:小林修)

ヴィン (原作の五郎兵衛と七郎次に相当) : スティーヴ・マックィーン (吹替:内海賢二)

チコ (原作の勝四郎と菊千代に相当) : ホルスト・ブッフホルツ (吹替:井上真樹夫)

ベルナルド・オライリー (原作の平八と菊千代に相当) : チャールズ・ブロンソン (吹替:大塚周夫)

ブリット (原作の久蔵に相当) : ジェームズ・コバーン (吹替:小林清志)
ハリー・ラック (山師 / クリスの旧友) : ブラッド・デクスター (吹替:森山周一郎)
リー (凄腕の賞金稼ぎ) : ロバート・ヴォーン (吹替:矢島正明)
カルヴェラ (盗賊団の首領) : イーライ・ウォラック (吹替:穂積隆信)
ペトラ (インストラカン村の娘 / 「七人の侍」の志乃に相当) : ロゼンダ・モンテロス (吹替:岡本茉莉)

ミゲル (原作の利吉に相当) : ジョン・A・アロンゾ (吹替:山谷初男)

長老 (原作の儀作に相当) : ウラジミール・ソコロフ
ヒラリオ (インストラカンの村長) : ヨルグ・マルティネス・デ・ホヨス
ソテロ (インストラカンの村人) : リコ・アラニッツ
トマス : ペペ・ハーン
村人 : ナチヴィダット・ヴァシオ
男の子 : マリオ・ナヴァロ
ウォレス : ロバート・J・ウィルク
ヘンリー : ヴァル・アヴェリー
チャムリー : ウィット・ビセル
ビング・ラッセル
ダニー・ブラボー

エンリケ・ルセロ
アレックス・モントーヤ
ホセ・チャヴェス
ロバート・コントレラス
ジム・デイヴィス
ヴァレンティン・デ・ヴァルガス
ラリー・デュラン
ヴィクター・フレンチ
ジョセフ・ラスキン
Henry Amargo




  予告

  ↓
TRAILER

 



荒野の七人 アルティメット・エディション [DVD]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックイーン,チャールズ・ブロンソン
¥2,990
Amazon.co.jp

荒野の七人 (特別編) [DVD]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックィーン,チャールズ・ブロンソン
¥1,490
Amazon.co.jp

荒野の七人 [Blu-ray]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックィーン,チャールズ・ブロンソン
¥2,500
Amazon.co.jp

[コレクターズ・シネマブック]荒野の七人 (初回生産限定) [Blu-ray]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックィーン,チャールズ・ブロンソン
¥3,990
Amazon.co.jp

荒野の七人 [Blu-ray]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックィーン,チャールズ・ブロンソン
¥4,935
Amazon.co.jp

荒野の七人(2枚組) (初回生産限定) [DVD]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックィーン,チャールズ・ブロンソン
¥1,990
Amazon.co.jp

荒野の七人 〈特別編〉 [DVD]/ユル・ブリンナー,ジョン・スタージェス,スティーブ・マックィーン
¥2,079
Amazon.co.jp

荒野の七人〈特別編〉 [DVD]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックイーン,チャールズ・ブロンソン
¥2,090
Amazon.co.jp

荒野の七人(特別編) [DVD]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックィーン,チャールズ・ブロンソン
¥1,890
Amazon.co.jp

荒野の七人 アルティメット・エディション [DVD]/ユル・ブリンナー,ジョン・スタージェス,スティーブ・マックィーン
¥4,179
Amazon.co.jp

荒野の七人〈特別版〉 [DVD]/ユル・ブリンナー,スティーヴ・マックィーン,チャールズ・ブロンソン
¥4,179
Amazon.co.jp

荒野の七人 (特別編) [DVD]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックイーン,チャールズ・ブロンソン
¥1,000
Amazon.co.jp

荒野の七人 コンプリート・コレクション [DVD]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックイーン,チャールズ・ブロンソン
¥7,777
Amazon.co.jp

荒野の七人 アルティメット・コレクション [DVD]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックイーン,チャールズ・ブロンソン
¥3,990
Amazon.co.jp

荒野の七人 (特別編) (ベストヒット・セレクション) [DVD]/ユル・ブリンナー
¥1,490
Amazon.co.jp

荒野の七人〈特別編〉 [DVD]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックイーン,チャールズ・ブロンソン
¥1,490
Amazon.co.jp

荒野の七人〈特別版〉 [DVD]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックィーン,チャールズ・ブロンソン
¥2,625
Amazon.co.jp

荒野の七人 (特別編) [DVD]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックイーン,チャールズ・ブロンソン
¥1,490
Amazon.co.jp

荒野の七人 (特別編) [DVD]/ユル・ブリンナー,スティーブ・マックィーン,チャールズ・ブロンソン
¥1,800
Amazon.co.jp



PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2013/05/29(水) 15:05:52|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<いつも2人で (1967) ~ 洋画 ロマンス・コメディ・ドラマ ~ | ホーム | バス男 (2004) ~ 洋画 青春・学園・コメディ ~>>

コメント

1. 無題

こんにちは。

懐かしいでんな♪
私が子供の頃テレビで観ましたわ♪
声優人が好きやった。
ほんとんどお馴染みの人やったがw
時代は流れていくんやなーって最近はつくづく思いますわ。
なんや婆さんみたいな事言うてますけどw
映画も最近はあまり観んようになりましたわ。
昔が懐かしく思う時があります。
アナログの世界の方が良かったわってw
  1. 2013/05/29(水) 16:03:01 |
  2. URL |
  3. 冴子 #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2. Re:無題

>冴子さん
昔の映画は、どんなジャンルであっても生活感が若干ですがあった様に思います。
それが自分を映画の世界とダブらせて入り込んでゆく感じかな。
現在はそれとは違い、映像技術を駆使した現実では起こり得ないような世界に引き込まれますね。
どちらも良いところが一杯あるので、また久しぶりに観てみるのも面白いですよ。
ただ、現実世界のデジタル化は、社会がすべてデータで管理されるという窮屈な世界になる可能性があり、余り好ましく思えないところがあります。
  1. 2013/05/29(水) 18:33:32 |
  2. URL |
  3. たけごろう #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/6168-f113b45c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。