PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アシュラ (2012) ~ 邦画 CG・ドラマ・アニメ ~


PACHINKO西遊記PACHINKO西遊記




『 アシュラ 』 は、2012年9月29日より東映配給にて公開されたアニメ映画。
中世、農村の時代を舞台に、ケダモノとして生き抜く主人公アシュラの壮絶な運命を、飢饉によって極限状況に追い込まれた人々の姿を通して、人間の生と死、尊厳を見つめていくフルCGアニメーションドラマ。
原作は、「週刊少年マガジン」(講談社)に1970年32号から1971年22号まで連載され、タブーに踏み込んだ衝撃的な内容から、連載当時、社会的な物議を醸したジョージ秋山の少年漫画「アシュラ」。
監督は、OVA「鴉 -KARAS- (2005)」TVアニメ「TIGER & BUNNY (2011)」のさとうけいいち。
脚本は、TVアニメ「墓場鬼太郎 (2007)」TVアニメ「モノノ怪 (2007)」TVアニメ「ロボディーズ-RoboDz-風雲篇 (2008)」TVアニメ「二十面相の娘 (2008)」TVアニメ「図書館戦争 (2008)」TVアニメ「青の祓魔師 (2011)」の高橋郁子。
声の出演は、TVアニメ「ど根性ガエル (1972~1974)」のひろし、TVアニメ「銀河鉄道999 (1978~1981)」の星野鉄郎、TVアニメ「DRAGON BALL ドラゴンボール (1986~1989)」の孫悟空、TVアニメ「ONE PIECE ワンピース (1999~)」のDr.くれは、TVアニメ「魔法先生ネギま! (2007)」のアルベール・カモミールなどの声を務める野沢雅子、TVアニメ「らんま1/2 (1989)」のらんま、TVアニメ「平成天才バカボン (1990)」のバカボン、TVアニメ「幽★遊★白書 (1992~1995)」の幻海(少女)、TVアニメ「BLUE SEED (1994~1995)」の藤宮紅葉、TVアニメ「新世紀エヴァンゲリオン (1995~1996)」の綾波レイなどの声を務める林原めぐみ、「旗本退屈男 (1958)」「新選組 (1969)」「華麗なる一族 (1974)」「修羅の群れ (1984)」「動天 (1991)」「銀幕版 スシ王子! ~ニューヨークへ行く~ (2008)」「インシテミル 7日間のデス・ゲーム (2010)」「桜田門外ノ変 (2010)」などに出演する俳優の北大路欣也など。







【 ストーリー 】


15世紀中期。
相次ぐ洪水、旱魃、飢饉で荒野と化した京都では、さらに追い打ちをかけるように日本史上最大の内戦・応仁の乱が始まり、その死者数・行方不明者はあまりに膨大で、歴史のページには刻む事も出来なかった。
そんな時代に産み落とされたアシュラ(声:野沢雅子)は、ケダモノとしてサバイバルを続けながら生き抜いていく。
だがある日、若狭という少女と出会い、その優しさと愛、そして法師の教えに触れ、アシュラは次第に人間性を備えていく。
言葉を覚え、笑い、喜ぶ日々。
しかしそれは苦しみと悲しみの始まりでもあった。
やがて天災が訪れ、人々は貧困に喘ぎ、世は地獄絵図と化す・・・。
アシュラの目に映っていたのは、隣人を裏切り騙す、我欲に支配された人々の姿だった・・・。


PACHINKO西遊記






【 余談 】


・ 本作の冒頭部分や原作漫画の第1話には、飢餓による地獄絵図、人肉を食べ、我が子までをも食べようとする女の描写がある。
これを掲載した当時、1970年32号の『週刊少年マガジン』は神奈川県で有害図書指定され、未成年への販売を禁止され、各自治体もそれに追随し社会問題に発展した。
作者の秋山にも取材が殺到し、一躍時の人になった。
これを受けて、企画意図の釈明文が1970年34号で掲載され、今後の主人公が宗教的世界に目覚め人生のよりどころを確立することが説明されていたが、結局、描かれないまま最終話をむかえた。
しかし、『週刊少年ジャンプ』1981年26号に読み切りで完結編が掲載されその結末では実現している。

・ 本作はフルCGアニメーションだが、髪の毛等に「ハッチング」と呼ばれる斜めの線を追加するソフトウェアによる特殊効果や、要所でキャラクターのサイズをデフォルメ化したモデルを使用(例:迫力を出すために実際よりも大きな手のモデルを用意)するといった処理により、手描きアニメのタッチを再現した絵柄となっている。







【 受賞 】


第16回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞







【 スタッフ 】


監督 : さとうけいいち
原作 : ジョージ秋山
企画・監修 : 森下孝三
脚本 : 高橋郁子
製作 : 高木勝裕 、青木建彦 、川城和実 、木下直哉 、大屋高志
プロデューサー : 池澤良幸
CGプロデューサー : 今村幸也
CG監督 : 森田信廣
テクニカルリード : 鄭載薫
アニメーションリード : ノブタコウイチ
シーンセットアップリード : 能沢諭
コンポジットリード : 森川万貴
モデラー : 堀内美緒 、吉武真理子 、髙師史靖
チーフアニメーター : 小泉正行 、三浦慎介
アニメーター : 宮原眞 、権藤彰哲 、牧野快 、金井弘樹 、竹中佑城 、加藤康弘 、池葉友樹 、横谷崇 、宮原直樹 、柴田貴祥 、松本涼一 、佐々木嘉久 、宮澤孝介 、中谷純也 、細山伸雄 、野渡隆弘 、広田裕介 、岩間ゆたか 、斉藤謙介 、斎木恵美子 、森山ヒロカズ 、三宅大介 、小平和久 、矢山健太郎
シーンセットアップ : 今井直也 、江本靖 、川崎健太郎 、髙橋基 、林春香
エフェクト : 高橋友彦
コンポジッター : 西田映美子 、中山美緒 、川原祐介 、藤澤菜月 、池田正憲 、升井秀光
CG制作協力 : TIMELINE,inc 、株式会社 森三平 、TOEI ANIMATION PHILS.,INC.
絵コンテ : 森下孝三 、和田卓也 、さとうけいいち
2Dキャラクターデザイン : 宝谷幸稔
原図作画監督 : 王丹戈
作画 : 真庭秀明 、細川修平
エフェクト作画監督 : 金子秀一
エフェクト作画 : 高橋英樹 、ねこまたや 、秋山一則 、飯飼幸一
作画制作協力 : プロダクションI.G
美術監督 : 栫ヒロツグ 、加藤浩
美術 : 保木いずみ 、栫梓 、渡辺久美子 、柳田直子 、坂上裕文 、渡部直哉 、三浦智貴 、志泰臣 、倉橋隆 、工川歩
美術制作協力 : ととにゃん
動画 : 富田美穂子 、山口幸俊 、水口貴善 、阿藤久美子 、佐藤友子 、守本優子 、下平夕子 、神谷望夢 、村越華代 、中村忍 、山崎美穂子 、大島孝美 、佐藤恭子
色指定 : 怱那亜実
特殊効果 : 永井留美子
デジタル彩色 : 井浦祥子 、牛山裕美 、堀田雅一 、利根川友紀 、足利裕一 、高柳有未 、福田友理恵 、加藤英恵
動画・彩色制作協力 : かぐら
ツールデベロプメント : 山田倫之
システム管理 : 山下浩輔
助監督 : 髙橋裕哉
プリプロスーパーバイザー : 野口光一
CGプロダクションマネージャー : 小倉裕太 、小倉光雅 、馬場厚成 、中村哲雄
CG制作統括 : 樋口宗久 、氷見武士
音楽 : 上田益 、池頼広 、住友紀人
音楽プロデューサー : 小西岳夫
音楽協力 : (株)オールスタッフ 、東映アニメーション音楽出版 、Legato Music 、EMIミュージック・ジャパン 、クループレイス
ミュージックスーパーバイザー : 池頼広
音響監督 : 長崎行男
録音 : 伊東光晴
録音助手 : 新垣未希
音響効果 : 笠松広司(デジタルサーカス)
スタジオエンジニア : 畠山宗之
録音スタジオ : タバック 、東映デジタルセンター
モーションキャプチャー協力 : ツーワン研究所
技術協力 : 東映ラボ・テック 、東映デジタルラボ
キャスティングディレクター : 小浜匠
編集 : 増永純一
カラリスト : 高橋明人
タイミング : 上野芳弘 、河野紅美子
HDリアルタイムレコーディング : 稲垣知康
デジタルシネママスタリング : 橋本秀三 、佐藤知美
ラボコーディネーター : 佐藤祐梨子
編集スタジオ : IMAGICA
琵琶演奏 : まついえつこ
毛筆題字 : 海老沢京香
海外ポスターデザイン : 長野暁斎
タイトル : 海野大輔
協力 : 児玉徹郎 、鈴木篤志
オリジナル・スコア : 上田益
レコーディングコーディネート : 西田隆治(bright)
音楽 : 住友紀人
Vn : 伊藤佳奈子 、桐山なぎさ 、藤家泉子 、元井信 、志賀恵子 、菅野朝子 、瓜生田万紀子 、津布久未代子
Va : 河野理恵子 、細川亜維子 、渡部安見子
Vc : 阿部雅士 、土田寿彦
Cb : 千葉一樹
Harp : 朝川朋之
Fl : 高桑英世
Horn : 藤田乙比古
Tbn : 広原正典
Per : 伊勢友一 、小南泰葉(友情出演)
ミキシングエンジニア : 青砥州比古(FREE MARKET) 、菅原恭史(FREE MARKET)
サウンドスタジオ : Studio A-Tone
サウンドコーディネート : 木尾栄子(Legato Music) 、関真実(Legato Music)
音楽 : 池頼広
Vn : 小池弘之 、斉藤和久 、鈴木星彦 、広岡香 、小池里枝 、劉雪華 、長岡秀子 、山中光 、大野智子 、山成御治代 、広瀬裕美子 、伊藤恭子
Va : 福本とも子 、細川亜維子 、御法川雄矢 、松本有理 、三島沙帆
Vc : 三宅進 、寺井つねひろ 、井上雅代 、中村潤
Cb : 大西雄二 、田中伸司
Fl : 高桑英世
Fl&Pice : 野口みお
Ob : 庄司さとし 、浦丈彦
Cl : 重松希巳江 、有馬理絵
Fg : 岡本正之
Horn : 上間善之 、大野雄太 、岸上穣 、野見山和子
Tp : 辻本憲一 、長谷川智之 、安藤友樹
Tbn : 鳥塚心輔 、佐藤洋樹
B.Tbn : 野々下興一
Cimbasso : 萩野晋
レコーディング&ミキシングエンジニア : 松田龍太
アシスタントエンジニア : 金子裕一(Avaco Creative Studio)
サウンドスタジオ : Avaco Creative Studio
ミキシングスタジオ : Studio Kitchen
レコーディングコーディネート : 関谷典子(Face Music)
Score Copyist : 村井“ボックル”杏名(Studio Kitchen)
後援 : 京都市
宣伝協力 : 東映太秦映画村
配給統括 : 村松秀信
劇場営業 : 菅原史 、井上めぐみ
宣伝 : 菅原宏之 、杉田薫
アドバタイミング : 遠藤祐磨
パブリシティ紙&電波担当 : 大槻裕司 、後藤博紀 、谷口智津子
WEB担当 : 露木志保
宣伝デザイン : 山本和弘 、伊藤健介 、澁江俊一
ローカル宣伝 : 佐藤郁子 、川井俊一 、井川洋一 、姜太栄 、西野亜紀子
企画協力・製作 : 秋山命
製作 : アシュラ製作委員会 [ 難波秀行(創通) 、裏本和彦(東映アニメーション) 、仲吉治人(バンダイビジュアル) 、近藤麻美子(バンダイビジュアル) 、木村淳一(バンダイビジュアル) 、赤津貴史(木下工務店) 、嘉手苅理沙(木下工務店) 、清水憲忠(フィールズ) ]
アニメーション制作 : 東映アニメーション
配給 : 東映







【 主題歌 】


『 希望 』

作詞:藤田敏雄  作曲:いずみたく  編曲:西川進  歌:小南泰葉
Gt.:西川進 / Ba.:KenKen / Dr.:石井悠也 / Manipulater:中山信彦


『 Trash 』

作詞:小南泰葉  作曲:小南泰葉  編曲:西川進  歌:小南泰葉
Gt.:西川進&楢原英介 / Ba.:中村昌史 / Dr.:吉澤響 / Pf.:ハジメタル / Manipulater:中山信彦
Label&Management:子安次郎 、阿部誠 、小池隆太

Trash/小南泰葉
¥1,200
Amazon.co.jp



Trash [ 小南泰葉 ]
¥1,200
楽天

【送料無料】 CD/小南泰葉/121212/TOCT-22323
¥1,600
楽天

[CD] 小南泰葉/Trash
¥1,200
楽天

小南泰葉/121212(CD)
¥1,600
楽天




【送料無料】 CD/池頼広/アシュラ・オリジナルサウンドトラック/TOCT-29068
¥2,500
楽天

【CD】映画 アシュラ オリジナルサウンドトラック/ [TOCT-29068]【fsp2124...
¥2,500
楽天





【 キャスト 】


アシュラ : 野沢雅子
法師 : 北大路欣也
若狭 : 林原めぐみ
地頭 : 玄田哲章
七郎 : 平田広明
義助 : 島田敏
藤乃 : 山像かおり
小太郎 : 山口勝平
初治 : 水島裕
赤ん坊のアシュラ : こおろぎさとみ
呉作 : 阪口大助
丹治 : くまいもとこ
カボ : 小林由美子
三郎 : 三瓶由布子
又八 : 大浦冬華
孫六 : 楠大典
中博史
渡辺久美子
加藤優子
園崎未恵
滝知史
川田紳司
木村雅史
大畑伸太郎
新垣樽助
鶴岡聡
奈良徹
粕谷雄太
藤本教子
大林洋平
金田アキ


  予告

  ↓
TRAILER




アシュラ [Blu-ray]/野沢雅子,北大路欣也,林原めぐみ
¥8,190
Amazon.co.jp

アシュラ [DVD]/野沢雅子,北大路欣也,林原めぐみ
¥6,090
Amazon.co.jp

アシュラ
¥5,176
楽天

BD アシュラ (Blu-ray Disc)[バンダイビジュアル]《取り寄せ※暫定》
¥6,540
楽天

アシュラ【Blu-ray】 [ 野沢雅子 ]
¥6,143
楽天

[DVD] アシュラ
¥4,628
楽天

【DVD】アシュラ [BCBA-4473]
¥5,481
楽天

アシュラ(DVD) ◆20%OFF!
¥4,872
楽天

[DVD] アシュラ
¥4,446
楽天

[Blu-ray] アシュラ
¥5,979
楽天




PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2013/03/26(火) 22:25:22|
  2. 邦画&アニメ映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<銀色の雨 (2009) ~ 邦画 ドラマ ~ | ホーム | ミッシング・リンク -失われた環- (1999) ~ 洋画 アドベンチャー・ドラマ ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/6202-32fab790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。