PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

そして、私たちは愛に帰る (2007) ~ 洋画 ドラマ ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記



『 そして、私たちは愛に帰る 』 (原題:Auf der anderen Seite / Yaşamın kıyısında / 英題:The Edge of Heaven) は、2007年に製作されたドイツ・トルコ・イタリア合作映画。
ドイツとトルコ両国の社会情勢を背景に、3組の親子が織りなす運命的な出会いと別れを力強く描くヒューマン・ドラマ。
監督・脚本は「太陽に恋して (2000)」「愛より強く (2004)」「クロッシング・ザ・ブリッジ ~サウンド・オブ・イスタンブール~ (2005)」「ニューヨーク、アイラブユー (2008)」「ソウル・キッチン (2009)」のファティ・アキン。
撮影は「彼方へ (1991)」「es [エス] (2001)」「ヒトラー ~最期の12日間~ (2004)」「愛より強く (2004)」「インベージョン (2007)」「バーダー・マインホフ 理想の果てに (2008)」「ソウル・キッチン (2009)」のライナー・クラウスマン。
音楽はシャンテル。
出演は「Bizim büyük çaresizligimiz (2011)」のバーキ・ダヴラク、「希望 (1970)」「群れ (1978)」「Kalabaliken i Bender (1983)」「Täcknamn Coq Rouge (1989)」のトゥンジェル・クルティズ、「Mumya firarda (2002)」「Anlat Istanbul (2005)」「7 kocali Hürmüz (2009)」のヌルギュル・イェシルチャイ、「出稼ぎ野郎 (1969)」「四季を売る男 (1971)」「ある道化師 (1975)」「ベルリン・アレクサンダー広場 (1980)」「パッション (1982)」「デルタ・フォース (1985)」「愛と死の間(あいだ)で (1991)」「ヴェルクマイスター・ハーモニー (2000)」「ファウスト (2011)」のハンナ・シグラ、「Kebab Connection (2004)」「Die Fremde (2010)」「72. Kogus (2011)」のヌルセル・キョセ、「Solino (2002)」のパトリシア・ジオクロースカなど。




[ 公開日 ]

2007年5月23日 フランス Cannes Film Festival 上映
2007年7月5日 フランス Paris Cinéma 上映
2007年7月7日 フランス La Rochelle Film Festival 上映
2007年9月7日 カナダ Toronto International Film Festival 上映
2007年9月27日 ドイツ公開
2007年10月2日 カナダ Edmonton International Film Festival 上映
2007年10月26日 トルコ公開
2007年11月6日 スペイン Seville Film Festival 上映
2007年11月9日 イタリア limited 公開
2007年11月14日 フランス公開
2008年1月24日 香港公開
2008年2月8日 アメリカ Portland International Film Festival 上映
2008年2月11日 ドイツ Berlin International Film Festival 上映
2008年2月22日 イギリス公開
2008年3月14日 スペイン公開
2008年4月 アメリカ Newport Beach International Film Festival 上映
2008年4月4日 アメリカ Wisconsin Film Festival 上映
2008年4月24日 アメリカ RiverRun International Film Festival 上映
2008年5月21日 アメリカ limited 公開
2008年6月23日 アメリカ Frameline Film Festival 上映
2008年9月4日 ロシア limited 公開
2008年10月24日 アメリカ Tallgrass Film Festival 上映
2008年12月27日 日本公開







【 ストーリー 】


ドイツ、ブレーメン。
十数年前に妻を亡くしたトルコ出身のアリ(トゥンジェル・クルディズ)は、街角で出会った娼婦イェテル(ヌルセル・キョセ)に、手当てを払うから一緒に暮らして欲しいと申し入れる。
トルコに残した娘を大学に通わせるために娼婦をしていたイェテルは、アリの申し出を受ける。
そこへ、アリの息子ネジャッド(バーキ・ダヴラク)が帰ってくるが、金にものを言わせようとする父のやり方に反発。
その一方で、娘を思うイェテルの愛情を知ったネジャッドは、彼女との距離を縮めていく。
だが、二人の関係を嫉妬したアリが激高。
怒りに任せてイェテルを殺めてしまう。
そしてトルコ。
イェテルの葬儀に訪れたネジャッドは、彼女の娘アイテン(ヌルギュル・イェシルチャイ)を探すため、現地に留まる事にする。
だが、政治活動によって当局に追われたアイテンはドイツへ逃亡していた。
彼女を助けたのが、ハンブルグの大学生ロッテ(パトリシア・ジオグロースカ)。
反抗的な態度のアイテンは、保守的なロッテの母スザンヌ(ハンナ・シグラ)と衝突してしまう。
やがてアイテンは不法滞在で逮捕。
強制送還され、トルコで投獄されてしまう。
激情に駆られたロッテは、スザンヌの反対を押し切り、救出のためにトルコへ向かう。
そして、イスタンブールでネジャッドと知り合う。
なんとかアイテンと面会し、彼女から秘密の依頼を受けるロッテだったが、それが元で命を落としてしまう。悲しみに暮れるスザンヌは、遺品を引き取るためにトルコを訪れる。
同じ頃、罪を償い出所したアリも強制送還され、トルコの空港に降り立つ。
人づてに父の帰郷を耳にしたネジャッド。
スザンヌは刑務所に収監されたアイテンの元を訪れ、娘の願いどおり彼女を助けたいと告げる。
心からスザンヌに詫びるアイテン。
一方、父との間にしこりを残していたネジャッドも、スザンヌとの会話を通じて、アリに会うことを決心する・・・。


PACHINKO西遊記






【 余談 】


本作は、ファティ・アキン監督が企画した「愛、死、悪」に関する三部作のうち、『愛より強く』に続く第二部作品であり、ブレーメン、ハンブルク、イスタンブールを主な舞台に母と娘、父と息子の3組の親子の人間関係を「人が亡くなる悲劇の中に他人を結ぶ力がある」というテーマを軸に描いている。






【 主な受賞歴 】


・ 第60回カンヌ国際映画祭
    最優秀脚本賞受賞

・ ヨーロッパ映画賞
    作品賞ノミネート
    監督賞ノミネート
    脚本賞受賞

・ ドイツ映画賞
    作品賞受賞
    監督賞受賞
    脚本賞受賞
    編集賞受賞
    助演女優賞ノミネート(ハンナ・シグラ)

・ バイエルン映画賞
    監督賞受賞

・ セザール賞
    外国語映画賞ノミネート

・ 第43回全米映画批評家協会賞
    助演女優賞受賞(ハンナ・シグラ)

・ 映画館大賞「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」
    第85位







【 スタッフ 】


監督 : ファティ・アキン
脚本 : ファティ・アキン
製作 : アンドレアス・ティール 、 クラウス・メック 、 ファティ・アキン 、パオロ・コロンボ 、クリスチャン・スプリンガー 、Alberto Fanni 、Nevra Koçoglu 、Erhan Ozogul 、Jeanette Würl 、Flaminio Zadra
Co.プロデューサー : ファンダ・オデミス 、アリ・アクデニズ
撮影 : ライナー・クラウスマン
音楽 : シャンテル
編集 : アンドリュー・バード
美術/プロダクションデザイン : シルマ・ブラッドリー 、タモ・クンツ
アートディレクション : セス・ターナー
衣裳デザイン : カトリーン・アッシェンドルフ
キャスティング : モニク・エイキン
視覚効果(Visual Effects) : フィリップ・エッケル 、ビルク・ウェール 、マイケル・クレイマー 、フィリップ・シュナイダー 、クリストフ・スクロアー 、Lisa Riemer 、Matthias Schulze-Kirketerp 、Alex Brommer
特殊効果(Special Effects) : Peter Wiemker
メイク : マイク・ハインライン 、Mediha Safak 、Daniel Schröder
謝辞 : アンドレアス・ティール
日本語字幕 : 寺尾次郎







【 キャスト 】


ネジャット : バーキ・ダヴラク (吹替:落合弘治)
スザンヌ : ハンナ・シグラ (吹替:火野カチコ)
イェテル : ヌルセル・キョセ (吹替:山像かおり)
アリ : トゥンジェル・クルティズ (吹替:塚田正昭)
アイテン : ヌルギュル・イェシルチャイ (吹替:朴璐美)
ロッテ : パトリシア・ジオクロースカ (吹替:岡寛恵)
ネジャト・イスレーシュ
ユースフ・カバ
グヴェン・キラック
マニュ・メンシア・カルボ
ラルス・ルドルフ
アンドレアス・ティール
アネット・ウーレン
マイケル・ウルフ
イディル・ユネル
Ali Akdeniz
Aliye Alioglu
Asuman Altinay
Onder Cakar
Erkan Can
Emre Cosar
Gengiz Daner
Sevilay Demirci
Elcim Eroglu
Gürsoy Gemec
Cigdem Göymen
Nurten Güner
Faik Hüzmeli
Ilhan Hüzmeli
Nadire Irtel
Jörg Jänicke
Salih Kaar
Ömer Kaar
Sileyman Kaplan
Gökhan Kirac
Feridun Koc
Mert Koc
Öznur Kula
Sule Nayir
Stefanie Piehl
Yelda Reynaud
Turgay Tanülkü
Gokce Isil Tuna
Andreas Westphal



  予告

  ↓
TRAILER




そして、私たちは愛に帰る [DVD]/バーキ・ダヴラク,ハンナ・シグラ,ヌルセル・キョセ
¥3,990
Amazon.co.jp

【送料無料】そして、私たちは愛に帰る/バーキ・ダヴラク[DVD]【返品種別A】
¥3,591
楽天

【DVD】そして、私たちは愛に帰る/バーキ・ダヴラク [PCBG-51353] バーキ・ダブラ...
¥3,990
楽天

【DVD】そして、私たちは愛に帰るバーキ・ダヴラク [PCBG-51353] smtg0401
¥3,591
楽天

そして、私たちは愛に帰る [DVD]
¥3,990
楽天

【中古】【洋画DVD】そして、私たちは愛に帰る/バーキ・ダヴラク, ハンナ・シグラ, /LR7...
¥2,570
楽天

そして、私たちは愛に帰る/バーキ・ダヴラク【もれなくクーポンプレゼント・読書家キャンペーン実施中!】
¥3,990
楽天

そして、私たちは愛に帰る / 洋画
¥3,551
楽天

そして、私たちは愛に帰る 【DVD】
¥3,152
楽天

バーキ・ダヴラク/そして、私たちは愛に帰る
¥3,990
楽天

【1000円以上送料無料】そして、私たちは愛に帰る/バーキ・ダヴラク
¥3,990
楽天





PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2013/04/19(金) 14:38:22|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<恋と愛の測り方 (2010) ~ 洋画 ロマンス・ドラマ ~ | ホーム | 超能力者 (2010) ~ 韓国映画 SF・アクション・ドラマ ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/6242-c261364d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。