PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウエスタン (1968) ~ 洋画 西部劇・アクション・ドラマ ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記



『 ウエスタン 』 (原題:C'era una volta il West / 英題:Once Upon a Time in the West) は、1968年に製作されたイタリア・アメリカ合作映画。
黄昏の西部開拓時代を背景に、殺された農場主の妻が流れ者のガンマンの手を借りて、鉄道会社の陰謀と戦う姿を描く西部劇ドラマ。
監督は「ソドムとゴモラ (1961)」「ロード島の要塞 (1961)」「荒野の用心棒 (1964)」「夕陽のガンマン (1965)」「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗 (1966)」「夕陽のギャングたち (1971)」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ (1984)」「キング・オブ・アド (1991)」のセルジオ・レオーネ。
脚本は「必殺の歓び (1965)」「血斗のジャンゴ (1967)」「復讐のガンマン (1968)」「夕陽のギャングたち (1971)」「華麗なる復讐 (1974)」「オルカ (1977)」「フリーズ/地獄の相続人 (1995)」「運命に逆らったシチリアの少女 (2008)」のセルジオ・ドナティと、本作の監督を務めるセルジオ・レオーネの共作。
撮影は「ベニスと月とあなた (1958)」「バグダッドの盗賊 (1961)」「国境は燃えている (1965)」「続・夕陽のガンマン/地獄の決斗 (1966)」「続・青い体験 (1975)」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ (1984)」「薔薇の名前 (1986)」「ライフ・イズ・ビューティフル (1998)」のトニーノ・デリ・コリ。
音楽は「さすらいの用心棒 (1968)」「真昼の死闘 (1970)」「死刑台のメロディ (1971)」「エクソシスト2 (1977)」「エーゲ海に捧ぐ (1979)」「遊星からの物体X (1982)」「レッドソニア (1985)」「アンタッチャブル (1987)」「ディスクロージャー (1994)」「海の上のピアニスト (1999)」「ミッション・トゥ・マーズ (2000)」「アンネの追憶 (2009)」のエンニオ・モリコーネ。
出演は「荒野の決闘 (1946)」「戦争と平和 (1956)」「史上最大の作戦 (1962)」「バルジ大作戦 (1965)」「大脱獄 (1970)」「ミッドウェイ (1976)」「テンタクルズ (1977)」「スウォーム (1978)」「シティ・オン・ファイア (1979)」「黄昏 (1981)」のヘンリー・フォンダ、「赤い矢 (1957)」「荒野の七人 (1960)」「大脱走 (1963)」「バルジ大作戦 (1965)」「レッド・サン (1971)」「メカニック (1972)」「狼よさらば (1974)」「バトルガンM-16 (1989)」「インディアン・ランナー (1991)」「DEATH WISH/キング・オブ・リベンジ (1993)」のチャールズ・ブロンソン、「テキサスの五人の仲間 (1965)」「墓石と決闘 (1967)」「トラ・トラ・トラ! (1970)」「ビリー・ザ・キッド/21才の生涯 (1973)」「大統領の陰謀 (1976)」「ザ・デイ・アフター (1983)」「バックマン家の人々 (1989)」「フィラデルフィア (1993)」「マグノリア (1999)」のジェイソン・ロバーズ、「上と下 (1959)」「暗殺指令 (1960)」「山猫 (1963)」「プロフェッショナル (1966)」「華麗なる対決 (1971)」「ナザレのイエス (1977)」「フィツカラルド (1982)」「キンスキー、我が最愛の敵 (1999)」「マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶 (2006)」「海の上のバルコニー (2010)」のクラウディア・カルディナーレなど。



[ 公開日 ]

1968年12月21日 イタリア公開
1969年5月28日 アメリカ New York City, New York 公開
1969年6月6日 イギリス公開
1969年7月2日 アメリカ Bismarck, North Dakota 公開
1969年8月27日 フランス公開
1969年9月25日 香港公開
1969年10月4日 日本公開
1971年1月29日 スペイン Madrid 公開
1972年5月20日 イタリア 再リリース
1975年5月17日 日本 再リリース
1980年10月 アメリカ New York Film Festival 上映
1991年10月2日 ドイツ TV初オンエア
1995年6月 イタリア Festival dei Due Mondi 上映
1998年4月12日 ドイツ TV premiere director's cut 公開
2000年4月14日 イギリス 再リリース
2002年7月10日 イタリア Taormina Film Festival 上映
2003年3月2日 オーストラリア Adelaide International Film Festival 上映
2007年10月24日 イタリア Rome Film Festival 上映
2008年4月30日 アメリカ Tribeca Film Festival 上映
2008年6月21日 イタリア Pesaro Film Festival 上映
2008年10月18日 アメリカ Chicago International Film Festival 上映
2009年4月 アメリカ San Francisco International Film Festival 上映
2009年7月24日 イギリス 再リリース
2010年7月21日 フランス 再リリース







【 ストーリー 】


西部に初めて鉄道が敷かれようとしていた頃・・・。
アイルランドから移住して来たマクベイン(F・ウルフ)は、この荒野に大きな夢を抱いていた。
そして、彼は砂漠を買い、ニュー・オリンズにいる婚約者ジル(C・カルディナーレ)を呼ぶ準備をしていた。
しかし、彼の地権を狙う二人の悪党が現れる。
鉄道局の役人モートン(G・フェルゼッティ)と、ガンマンのフランク(H・フォンダ)である。
そこへ、フランクを捜して一人のよそ者(C・ブロンソン)が馬車に乗ってやって来た。
彼は“その男”と呼ばれた。
もの凄いガンさばきとハーモニカのうまいのが特徴であった。
彼と同じ馬車で、マクベインに呼ばれた婚約者ジルもやって来た。
だが、その時すでに、マクベインはフランク一味の銃弾に倒れていた。
この事件は、ハーフのシャイアン(J・ロバーズ)のしわざということになったが、居酒屋で“その男”に出会ったシャイアンは犯行を否定した。
一方、法的な利権がジルに与えられると知ると、フランク一味はジルを狙いはじめた。
身の危険を感じたジルは、保安官(K・ウィン)の助力を得て遺産をせりに出す事にするのだが・・・。


PACHINKO西遊記







【 余談 】


・ 本作はレオーネの後期作品群である「ワンス・アポン・ア・タイム三部作」の第一作目に相当する作品である。
三部作の間に話の繋がりは存在しないが、いずれもレオーネなりに解釈した西部開拓時代から近代社会までのアメリカという共通のテーマを扱っている。
『荒野の用心棒』、『夕陽のガンマン』、『続・夕陽のガンマン』のいわゆる「ドル箱三部作」を撮影し終えたレオーネは、もう西部劇というジャンルでやりたいことは全てやりつくしてしまったとして、本作品を自身が監督する最後の西部劇映画だと認識していた。
その為、本作にはレオーネの西部劇への決別の意志と共に、当時全盛期を終え徐々に衰退しつつあったハリウッド製西部劇への愛惜の念が込められているとされる。
また、作中には実際に過去の西部劇の名作からの引用が多く為されている。
それまでの賞金稼ぎや無法者たちが闊歩する「ドル箱三部作」の世界観と異なり、『ウエスタン』の舞台はフロンティアが消滅しつつあった西部開拓時代末期である。
映画に登場するハーモニカ、フランク、シャイアンの三人のガンマンたちは単純な西部劇の英雄や悪漢ではなく、時代の流れに抗しきれず居場所を奪われた男たちとして描写され、鉄道が彼らに西部開拓時代の終わりを告げる象徴的存在として登場している。
また、『ウエスタン』はそれまで映画中に女性をあまり登場させなかったレオーネが、初めて本格的に女性に焦点を当てた作品でもある。
クラウディア・カルディナーレ演じる気丈な未亡人ジルは、それまでの西部劇に多く見られたような悪党に苦しめられ助けを待つか弱い女性ではなく、はっきりと独立した意思を持った物語の中心人物として描かれている。

・ レオーネの作風の変化によるためか、『ウエスタン』はアメリカでは期待されたほどのヒットにはならなかった。
しかしヨーロッパや日本では大ヒットし、それらの国におけるレオーネの評価を更に高めることになった。
2005年にはアメリカの雑誌TIMEによって映画ベスト100中の1本に選ばれている。








【 スタッフ 】


監督 : セルジオ・レオーネ
原案 : ダリオ・アルジェント 、ベルナルド・ベルトルッチ 、セルジオ・レオーネ
脚本 : セルジオ・レオーネ 、セルジオ・ドナティ
英語版台詞 : ミッキー・ノックス
製作総指揮 : ビーノ・チコーニャ
製作 : フルヴィオ・モルセッラ
撮影 : トニーノ・デリ・コリ
美術/プロダクションデザイン : カルロ・シミ
音楽 : エンニオ・モリコーネ
録音 : Claudio Maielli
編集 : ニーノ・バラーリ
セット制作 : ラファエル・フェリ 、カルロ・レヴァ
衣装デザイン : カルロ・シミ 、Antonella Pompei
メイク : ジャンネット・デ・ロッシ 、グラツィア・デ・ロッシ 、アルバート・デ・ロッシ
ユニット・マネージャー : ウーゴ・トゥッチ
助監督 : Giancarlo Santi
特殊効果(Special Effects) : Eros Bacciucchi
スチール : アンジェロ・ノビ







【 キャスト 】


ハーモニカ : チャールズ・ブロンソン
ジル・マクベイン : クラウディア・カルディナーレ
フランク : ヘンリー・フォンダ
シャイアン : ジェイソン・ロバーズ
モートン : ガブリエル・フェルゼッティ
ブレット・マクベイン : フランク・ウォルフ
ストーニー : ウディ・ストロード
スネイキー : ジャック・イーラム
サム : パオロ・ストッパ
保安官 : キーナン・ウィン
バーマン : ライオネル・スタンダー
サルヴァトーレ・バジル
アルド・ベルティ
フランク・ブラナ
スパルターコ・コンヴェルシ
ブルーノ・コラッツァリ
ジョン・フレデリック
ドン・ギャロウェイ
マイケル・ハーヴェイ
フランチェスカ・レオーネ
ラファエラ・レオーネ
フランク・レスリー
ルイジ・マニャーニ
クラウディオ・マンシーニ
ディノ・メレ
アントニオ・モリノ・ロホ
エンリコ・モルセッラ
ウンベルト・マルセッラ
アル・ムロック
リカルド・パラシオス
トゥリオ・パルメリ
ロレンツォ・ロブレド
サンドラ・サルヴァトーリ
アルド・サンブレル
コンラード・サン・マルティン
クラウディオ・スカルキッリ
ロバート・スパフォード
ベニート・ステファネッリ
ルアナ・ストロード
ファビオ・テスティ
Livio Andronico
Marilù Carteny
Saturno Cerra
Luigi Ciavarro
Paolo Figlia
Stefano Imparato
Renato Pinciroli
Enzo Santaniello
Simonetta Santaniello
Giovanni Ivan Scratuglia
Dino Zamboni
Marco Zuanelli



  予告

  ↓
TRAILER




ウエスタン [DVD]/クラウディア・カルディナーレ,ヘンリー・フォンダ,ジェイソン・ロバーズ
¥2,625
Amazon.co.jp

ウエスタン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]/ヘンリー・フォンダ,クラウディア・カルディナーレ,ジェイソン・ロバーズ
¥2,625
Amazon.co.jp

ウエスタン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]/ヘンリー・フォンダ,クラウディア・カルディナーレ,ジェイソン・ロバーズ
¥4,935
Amazon.co.jp

ウエスタン [監督:セルジオ・レオーネ]|中古DVD【中古】
¥1,460
楽天

ウエスタン [監督:セルジオ・レオーネ]|中古DVD【中古】
¥980
楽天





PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2013/04/23(火) 15:38:03|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ローラーガールズ・ダイアリー (2009) ~ 洋画 青春・スポーツ・ドラマ ~ | ホーム | コンテイジョン (2011) ~ 洋画 パニック・サスペンス ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/6248-b6e47e06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。