PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アダムス・ファミリー (1991) ~ 洋画 ホラー・コメディ ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記



『 アダムス・ファミリー 』 (原題:The Addams Family) は、1991年に製作されたアメリカ映画。
原作は「アダムスのお化け一家」というTVシリーズにもなった、リチャード・アダムスの同名怪奇漫画。
監督は、本作が監督デビュー作となる「バラ色の選択 (1993)」「アダムス・ファミリー2 (1993)」「ゲット・ショーティ (1995)」「メン・イン・ブラック (1997)」「ワイルド・ワイルド・ウエスト (1999)」「メン・イン・ブラック2 (2002)」「ビッグ・トラブル (2002)」「RV (2006)」「メン・イン・ブラック3 (2012)」のバリー・ソネンフェルド。
脚本は「ビートルジュース (1988)」TVM「新ハリウッド・ナイトメア(3) (1992)」「リトル・ヴァンパイア (2000)」「The Year Without a Santa Claus (2006)」のラリー・ウィルソンと、「シザーハンズ (1990)」「秘密の花園 (1993)」「奇跡の旅 (1993)」「ブラック・ビューティー/黒馬物語 (1994)」「バディ (1997)」TVM「スノーホワイト/白雪姫 (2001)」「ティム・バートンのコープスブライド (2005)」「エンバー 失われた光の物語 (2008)」のキャロライン・トンプソン。
撮影は「フレンチ・コネクション (1971)」「エクソシスト (1973)」「コンドル (1975)」「サウス・ダコタの戦い (1976)」「トッツィー (1982)」「殺したいほどアイ・ラブ・ユー (1990)」「ワイアット・アープ (1994)」「フレンチ・キス (1995)」のオーウェン・ロイズマン。
音楽は「ミザリー (1990)」「天使にラブ・ソングを… (1992)」「愛が微笑む時 (1993)」「ストーリー・オブ・ラブ (1999)」「ジュエルに気をつけろ! (2001)」「あなたにも書ける恋愛小説 (2003)」「最高の人生の見つけ方 (2007)」「最高の人生のはじめ方 (2012)」のマーク・シェイマン。
出演は「愛と死の果てるまで (1969)」「郵便配達は二度ベルを鳴らす (1981)」「スペース・パイレーツ (1984)」「エバー・アフター (1998)」「チャーリーと14人のキッズ (2003)」「ダージリン急行 (2007)」「50/50 フィフティ・フィフティ (2011)」のアンジェリカ・ヒューストン、「哀しみの街かど (1971)」「アイズ (1978)」「蜘蛛女のキス (1985)」「テキーラ・サンライズ (1988)」「ルーキー (1990)」「推定無罪 (1990)」「プレイグ (1992)」「ストリートファイター (1994)」「闇に抱かれて (1995)」のラウル・ジュリア、「カッコーの巣の上で (1975)」「新・明日に向って撃て! (1979)」「郵便配達は二度ベルを鳴らす (1981)」「スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ! (1984)」「バック・トゥ・ザ・フューチャー (1985)」「わんぱくデニス (1993)」「ピラニア3D (2010)」「ピラニア リターンズ (2012)」のクリストファー・ロイド、「ピクニック (1955)」「鳥 (1963)」「卒業 (1967)」「愛の贈りもの (1970)」「縮みゆく女 (1981)」「サンタリア・魔界怨霊 (1987)」「クイズ・ショウ (1994)」「私が愛した大統領 (2012)」のエリザベス・ウィルソン、「ラジオ・デイズ (1987)」「アメリカン・ストーリーズ/食事・家族・哲学 (1988)」「敵、ある愛の物語 (1989)」のジュディス・マリナ、「恋する人魚たち (1990)」「キャスパー (1995)」「スリーピー・ホロウ (1999)」「ブレス・ザ・チャイルド (2000)」「モンスター (2003)」「ペネロピ (2006)」「ニューヨーク、アイラブユー (2008)」「ベラミ 愛を弄ぶ男 (2012)」のクリスティナ・リッチ、「キッチン・ウォーズ/彼女の恋は五ツ星 (1992)」「アダムス・ファミリー2 (1993)」「プロブレムでぶ/何でそうなるの?! (1996)」「恋愛小説家 (1997)」「¿De qué te ríes? (2006)」のジミー・ワークマン、「サージャント・ペッパー (1978)」「イーストウィックの魔女たち (1987)」「スティグマ/邪神降臨 (1991)」「アムス・ファミリー2 (1993)」「スペース・リザード3001/宇宙の極道蜥蜴 (1994)」TVM「アダムス・ファミリー サン再結集 (1998)」「レジェンド・オブ・タイタンズ (2005)」「レディ・ヴァンパイア 美しき聖戦 (2007)」のカレル・ストリッケンなど。




[ 公開日 ]

1991年11月22日 アメリカ公開
1991年12月13日 イギリス公開
1991年12月26日 オーストラリア公開
1992年1月23日 ドイツ公開
1992年4月10日 スペイン公開
1992年4月15日 フランス公開
1992年4月25日 日本公開







【 ストーリー 】


鉄の門に閉ざれた館。
ここには不気味なアダムス一家が住んでいる。
当主のゴメス(ラウル・ジュリア)と妻のモーティシア(アンジェリカ・ヒューストン)、彼らの子供たちウェンズデー(クリスティーナ・リッチ)とパグズリー(ジミー・ワークマン)、モーティシアの母グラニー(ジュディス・マリーナ)、執事のラーチ(カレル・ストライケン)、そして「ハンド」と呼ばれる切断された手・・・。
一家の弁護士タリー(ダン・ヘダヤ)は借金で首が回らず、高利貸しのアビゲイル(エリザベス・ウィルソン)にそそのかされてアダムス家の財産を狙っていた。
アビゲイルの息子ゴードン(クリストファー・ロイド)が25年間行方不明になっているゴメスの兄フェスターにそっくりなのに目をつけ、彼をフェスターに仕立て上げて一家を乗っ取ろうというのだ。
そんなこととは知らないゴメスは兄との再会に大喜びだが、長女ウェンズデーだけは疑いの目を向ける。
秘かに一家の財産のありかを捜すうち、子供たちもゴードンになついてくるが、一家でパーティーが開かれた日、ウェンズデーにアビゲイルとの会話を聞かれてしまう。
ゴードンたちに追われてウェンズデーは、墓地に逃げる。
ウェンズデーの姿が見えないことを心配したアダムス一家が総出で彼女を捜すうち、タリーとアビゲイルによって邸から締め出されてしまう・・・。


PACHINKO西遊記






【 スタッフ 】


監督 : バリー・ソネンフェルド
原案 : チャールズ・アダムズ
脚本 : キャロライン・トンプソン 、ラリー・ウィルソン
製作 : スコット・ルーディン
製作総指揮 : グレアム・プレイス 、ボニー・アーノルド 、ジャック・カミンズ 、ポール・ローゼンバーグ
キャラクター創造 : チャールズ・アダムズ
撮影 : オーウェン・ロイズマン
美術/プロダクションデザイン : リチャード・マクドナルド
音楽 : マーク・シェイマン
編集 : デデ・アラン 、ム・ミラー
キャスティング : デヴィッド・ルービン
アートディレクション : Mrgie Stone McShirley
セット制作 : ジョン・スウィーニー 、Cheryal Kearney
衣装デザイン : ルース・マイヤーズ
SFX : アラン・ムンロー
視覚効果(Visual Effects) : ジム・アッパール 、トーマス・バーク 、チャック・コミスキー 、ウィリアム・S・コナー 、アルバート・J・ダンク 、シド・ダットン 、デヴィッド・エマーソン 、ポール・ジェントリー 、ゲイリー・ジョージ 、Janine Monique Brauns
特殊効果(Special Effects) : ピーター・アルビッツ 、ゲイリー・D・ビエレンド 、マイク・エドモンソン 、トニー・ガードナー 、チャック・ギャスパー 、デヴィッド・B・ミラー 、トム・ウィリアムソン 、ケヴィン・ハドソン 、Wes C. Caefer 、Carolyn Oros
メイク : フェーン・ブフナー 、ケヴィン・ヘイニー 、ポール・ハントリー 、ヴァンス・ハートウェル 、Katherine James 、Louis Lazzara 、Christopher Shihar 、Jim Eustermann 、Dayne Johnson
謝辞 : ビル・バーンスタイン 、ロン・リンチ 、マーク・E・プラット 、スーザン・リンゴ 、ウィリアム・シェラック 、Lady Colyton
日本語字幕 : 稲田嵯裕里 、竹内万里






【 主題歌 】


『 Addams Groove 』


歌 : M.C.ハマー






【 キャスト 】


モーティシア・アダムス : アンジェリカ・ヒューストン
ゴメス・アダムス : ラウル・ジュリア
ウェンズデー・アダムス : クリスティナ・リッチ
パグズリー・アダムス : ジミー・ワークマン
グラニー・アダムス : ジュディス・マリナ
フェスター・アダムス/ゴードン・クレイブン : クリストファー・ロイド
マーガレット・アルフォード : ダナ・アイヴィ
ラーチ (執事) : カレル・ストリッケン
タリー・アルフォード (弁護士) : ダン・ヘダヤ
ウォーマック判事 : ポール・ベネディクト
アビゲイル・クレイブン/Dr.ピンラーシュロス : エリザベス・ウィルソン
カズン・イット : ジョン・フランクリン
フローラ・アモール : モーリーン・スー・レヴィン
ファウナ・アモール : ダーリーン・レヴィン
スーザン・フランクリン (教師) : リーラ・アイヴィ
デクスター・アダムス (結合双生児の双子の男) : ダグラス・ブライアン・マーティン
ドナルド・アダムス (結合双生児の双子の男) : スティーブン・M・マーティン
ランピー・アダムス (ラーチのいとこ) : ライアン・ホウリハン
オフィーリア・アダムス (蝋燭を持って踊る女性) : アレグラ・ケント
ハンド (Thing) : クリストファー・ハート
サリー・ジェシー・ラファエル : 本人役
ガールスカウト : メルセデス・マクナブ
トニー・アジート
ケイト・マクレガー=スチュワート
ウィット・ハートフォード
パティ・マロニー
ヴィクトリア・ホール
ジミー・ロス
ライアン・アンダーソン
ローレン・ウォーカー
ヴァレリ・ウォーカー
ジョー・ジマーマン
スティーヴ・ウェルズ
ユージン・ジャクソン
リチャード・タナー
マーク・シェイマン
ジョナサン・ウィー
オーウェン・モース
ダイアン・バート
バリー・ソネンフェルド
ベニー・ウィルス
Richard Korthaze
Daniel Pikus
Michael Hittesdorf



  予告

  ↓
TRAILER




アダムス・ファミリー(字幕スーパー版) [VHS]/アンジェリカ・ヒューストン
¥3,990
Amazon.co.jp








PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2013/04/27(土) 20:36:17|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アウトレイジ ビヨンド (2012) ~ 邦画 クライム・アクション・ドラマ ~ | ホーム | マトリックス (1999) ~ 洋画 SF・サスペンス・アクション ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/6256-a83d1624
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。