PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツナグ (2012) ~ 邦画 ファンタジー・ドラマ ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記



『 ツナグ 』 は、2012年10月6日より東映配給にて公開された日本映画。
死んだ人に1度だけ会わせてくれるという“ツナグ”の見習いの青年の目を通し、死者と生者の特別な絆を描くファンタジードラマ。
原作は、女流作家・辻村深月の著した第32回吉川英治文学新人賞受賞作品である連作短編小説「ツナグ」。
監督・脚本は「そのときは彼によろしく (2007)」「陰日向に咲く (2008)」「ROOKIES -卒業- (2009)」TVM「結党!老人党 (2009)」「ラブコメ (2010)」の平川雄一朗。
撮影は「ロッカーズ ROCKERS (2003)」「下弦の月 ラスト・クォーター (2004)」「タイヨウのうた (2006)」「クローズド・ノート (2007)」「きみにしか聞こえない (2007)」「引き出しの中のラブレター (2009)」「綱引いちゃった! (2012)」の中山光一。
音楽は「海猿 ウミザル (2004)」「ALWAYS 三丁目の夕日 (2005)」「キサラギ (2007)」「おっぱいバレー (2008)」「BALLAD 名もなき恋のうた (2009)」「SPACE BATTLESHIP ヤマト (2010)」「DOG×POLICE 純白の絆 (2011)」「るろうに剣心 (2012)」の佐藤直紀。
主演は、特撮TV「侍戦隊シンケンジャー (2009)」「侍戦隊シンケンジャーVSゴーオンジャー 銀幕BANG!! (2009)」「アントキノイノチ (2011)」「麒麟の翼 ~劇場版・新参者~ (2011)」「今日、恋をはじめます (2012)」「グッドカミング~トオルとネコ、たまに猫~ (2012)」「ガッチャマン (2013)」松坂桃李。
共演は「湖の琴 (1966)」TVドラマ「時間ですよ (1970~1973)」TVドラマ「ムー (1977)」「刑事物語 (1982)」「いつかギラギラする日 (1992)」「半落ち (2003)」「歩いても 歩いても (2007)」「悪人 (2010)」「わが母の記 (2011)」「約束 名張毒ぶどう酒事件 死刑囚の生涯 (2012)」の樹木希林、「あしたはきっと・・・ (2000)」「ロッカーズ ROCKERS (2003)」「ローレライ (2005)」「間宮兄弟 (2006)」「ガチ☆ボーイ (2007)」TVドラマ「ROOKIES ルーキーズ (2008)」「漫才ギャング (2010)」「天地明察 (2012)」の佐藤隆太、「赤い文化住宅の初子 (2007)」「同級生 (2008)」「山形スクリーム (2009)」「君に届け (2010)」「うさぎドロップ (2011)」「逆転裁判 (2011)」「新しい靴を買わなくちゃ (2012)」「100回泣くこと (2013)」の桐谷美玲、「大木家のたのしい旅行 新婚地獄篇 (2010)」「告白 (2010)」「アバター (2011)」「貞子3D (2012)」「HOME 愛しの座敷わらし (2012)」「スープ ~生まれ変わりの物語~ (2012)」「桐島、部活やめるってよ (2012)」「俺はまだ本気出してないだけ (2013)」の橋本愛など。








【 ストーリー 】


たった一度だけ、死者との再会を叶えてくれる人がいるらしい―。
半信半疑で依頼をしてくる人たちの前に現れたのは、ごく普通の男子高校生・歩美(松坂桃李)だった。
彼は、すでに死んでしまった人との再会を仲介する使者“ツナグ”を祖母のアイ子(樹木希林)から引き継ぐ途中の見習いである。
横柄な態度で、癌で亡くなった母・ツル(八千草薫)に会うことを希望する中年男性・畠田(遠藤憲一)。喧嘩をしたまま自転車事故で死んでしまった親友・御園(大野いと)に聞きたいことがある女子高生・嵐(橋本愛)。プロポーズ直後に突然失踪した恋人・キラリ(桐谷美玲)の安否を確かめたいサラリーマン・土谷(佐藤隆太)。
歩美のもとには次々と依頼が舞い込んでくるが、歩美はその過程で様々な疑問を抱く。死者との再会を望むことは、生者の傲慢なのではないか。
果たして会いたかった死者に会うことで、生きている人たちは救われるのか。やがてその疑問は、自身の両親の不可解な死の真相へも向けられていく・・・。


PACHINKO西遊記







【 余談 】


全国306スクリーンで公開され、2012年10月6、7、8日の初日2日間で2億9,281万5,500円、動員24万1,686人になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった。
更に公開第2週の土・日曜は興収1億4,274万5,800円、動員は11万7,830人(累計興収6億4,596万5,600円、累計動員54万8,132人)になり映画観客動員ランキング第1位を獲得した。








【 スタッフ 】


監督・脚本 : 平川雄一朗
原作 : 辻村深月 『ツナグ』 (新潮文庫刊)
製作 : 藤本鈴子 、長坂信人 、市川南 、伊藤和明 、阿佐美弘恭 、藤門浩之 、松田陽三 、北川直樹
製作指揮 : 城朋子
プロデューサー : 伊藤卓哉 、小林誠一郎
エグゼクティブプロデューサー : 奥田誠治
Co.エグゼクティブプロデューサー : 神康幸
撮影 : 中山光一
照明 : 松本憲人
録音 : 小宮元
音楽 : 佐藤直紀
美術 : 花谷秀文
装飾 : 寺尾淳
編集 : 伊藤潤一
VFXプロデューサー : 小坂一順
監督補 : 塩崎遵
助監督 : 土岐洋介
記録 : 稲田麻由子
製作担当 : 藤原恵美子
アシスタントプロデューサー : 田口生己
ラインプロデューサー : 鈴木嘉弘
制作プロダクション : オフィスクレッシェンド
制作協力 : ドラゴンフライ
企画協力 : 新潮社
企画・製作幹事 : 日本テレビ放送網
製作 : 「ツナグ」製作委員会 (日本テレビ放送網 、オフィスクレッシェンド 、東宝 、バップ 、D.N.ドリームパートナーズ 、讀賣テレビ放送 、読売新聞社 、ソニー・ミュージックエンタテインメント 、札幌テレビ放送 、宮城テレビ放送 、静岡第一テレビ 、中京テレビ放送 、広島テレビ放送 、福岡放送)
配給 : 東宝







【 主題歌 】


『 ありがとう 』


歌 : JUJU

ありがとう/JUJU
¥1,223
Amazon.co.jp

ありがとう [ JUJU ]
¥1,223
楽天

【送料無料】 CD/JUJU/ありがとう/AICL-2441
¥1,223
楽天

【新品】邦楽CD JUJU / ありがとう【10P23may13】【fs2gm】【画】
¥600
楽天

【中古】邦楽CD JUJU / ありがとう【画】
¥500
楽天

【中古】邦楽CD JUJU / ありがとう【10P23may13】【fs2gm】【画】
¥450
楽天

映画『ツナグ』オリジナル・サウンドトラック / サントラ (音楽: 佐藤直紀)
¥2,500
楽天

【総額2500円以上送料無料】映画 ツナグ オリジナル・サウンドトラック/サントラ
¥2,500
楽天

[CD] 佐藤直紀(音楽)/ツナグ オリジナル・サウンドトラック
¥2,500
楽天






【 キャスト 】


渋谷歩美 : 松坂桃李
渋谷アイ子 : 樹木希林
土谷功一 : 佐藤隆太
日向キラリ : 桐谷美玲
嵐美砂 : 橋本愛
御園奈津 : 大野いと
畠田靖彦 : 遠藤憲一
渋谷亮介 : 別所哲也
渋谷香澄 : 本上まなみ
御園奈々美 : 浅田美代子
畠田ツル : 八千草薫
秋山定之 : 仲代達矢



  予告

  ↓
TRAILER




ツナグ(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)/松坂桃李,樹木希林,佐藤隆太
¥5,040
Amazon.co.jp

ツナグ(本編BD1枚+特典ディスクDVD1枚) [Blu-ray]/松坂桃李,樹木希林,佐藤隆太
¥6,090
Amazon.co.jp

ツナグ [ 松坂桃李 ]
¥4,536
楽天

【送料無料】 ツナグ(Blu-ray)
¥6,090
楽天

【総額2500円以上送料無料】ツナグ/松坂桃李/樹木希林
¥5,040
楽天

ツナグ【Blu-ray】 [ 松坂桃李 ]
¥5,481
楽天

【1000円以上送料無料】ツナグ/松坂桃李/樹木希林
¥5,040
楽天

ツナグ(Blu-ray) ◆20%OFF!
¥4,872
楽天

DVD/邦画/ツナグ (本編ディスク+特典ディスク)/VPBT-13760
¥4,031
楽天

ツナグ 【Blu-ray】
¥4,689
楽天

ツナグ [Blu-ray] / 邦画
¥5,420
楽天

【送料無料】バップ ツナグ VPBT-13760 [VPBT13760]
¥3,880
楽天

ツナグ[Blu-ray][2枚組]
¥6,090
楽天

【送料無料】 DVD/邦画/ツナグ (本編ディスク+特典ディスク)/VPBT-13760
¥4,400
楽天

BD/邦画/ツナグ(Blu-ray) (本編ブルーレイ+特典DVD)/VPXT-71258
¥4,871
楽天



PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2013/05/26(日) 17:19:49|
  2. 邦画&アニメ映画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イッツ・ア・ニューデイ (2007) ~ 邦画 ロマンス・ドラマ ~ | ホーム | 東京原発 (2004) ~ 邦画 パニック・サスペンス・コメディ ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/6311-ea9e1906
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。