PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オブリビオン (2013) ~ 洋画 SF・サスペンス・アクション ~


PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記



『 オブリビオン 』 (原題:Oblivion) は、2013年に製作されたアメリカ映画。
エイリアンの侵略によって破壊され、全人類が他の惑星へと移住した後の荒廃した地球を舞台に、監視のために地球に残る男が謎の女性と遭遇した事を発端に、自身と地球の運命を左右する戦いに巻き込まれていく姿を描くSF・サスペンス・アクション。
原作は、ジョセフ・コシンスキーとアーヴィッド・ネルソンが共同で執筆したグラフィック・ノベル。
監督は「トロン:レガシー (2010)」のジョセフ・コシンスキー。
脚本は「ブレイクアウト (2011)」のカール・ガイダシェク、「リトル・ミス・サンシャイン (2006)」「トイ・ストーリー3 (2010)」「メリダとおそろしの森 (2012)」のマイケル・アーント、本作の監督を務めるジョセフ・コシンスキー。
撮影は「恋するレシピ ~理想のオトコの作り方~ (2006)」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生 (2008)」「トロン:レガシー (2010)」「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 (2012)」のクラウディオ・ミランダ。
主演は「エンドレス・ラブ (1981)」「トップガン (1986)」「レインマン (1988)」「ミッション:インポッシブル (1996)」「マイノリティ・リポート (2002)」「ラスト サムライ (2003)」「宇宙戦争 (2005)」「ナイト&デイ (2010)」「アウトロー (2012)」のトム・クルーズ。
共演は「ブルベイカー (1980)」「虚栄のかがり火 (1990)」「セブン (1995)」「ディープ・インパクト (1998)」「ミリオンダラー・ベイビー (2004)」「ダークナイト (2008)」「RED/レッド (2010)」「エンド・オブ・ホワイトハウス (2013)」のモーガン・フリーマン、「薬指の標本 (2004)」「パリ、ジュテーム (2006)」「ヒットマン (2007)」「マックス・ペイン (2008)」「007/慰めの報酬 (2008)」「べルベット・アサシン (2009)」「センチュリオン (2010)」「陰謀のスプレマシー (2012)」のオルガ・キュリレンコなど。



[ 公開日 ]

2013年4月10日 フランス公開
2013年4月10日 イギリス公開
2013年4月11日 オーストラリア公開
2013年4月11日 ドイツ公開
2013年4月11日 香港公開
2013年4月11日 イタリア公開
2013年4月11日 ロシア公開
2013年4月11日 韓国公開
2013年4月12日 スペイン公開
2013年4月19日 アメリカ公開
2013年5月31日 日本公開








【 ストーリー 】


2077年、地球はエイリアン“スカヴ”の襲撃を受ける。
“スカヴ”の侵略を食い止めはしたが、その戦いによって地球は壊滅的な被害を受ける。
やがて生き残った人類は他の惑星へと移住してゆく。
“スカヴ”の襲撃から60年、人々のいなくなった地球では、ドローンと呼ばれる無人偵察機による監視が続けられていた。
そんな地球に残り、ドローンのメンテナンスやパトロールなどの任務に当たるジャック。
ある日、未確認の宇宙船の墜落現場へと向かった彼は、そこでカプセルの中で眠る美女を発見する。
やがて目を覚ました彼女はジュリアと名乗り、なぜか会ったこともないジャックの名を口にする。
しかし肝心な記憶は曖昧で、彼女自身が何者なのかも分からなかった。
ジュリアとの出会いを切っ掛けに、自分にも失われた記憶がある事に気づくジャック。
ジャックは断片的な記憶をたどるが、誰もいないはずの地球で、謎の男ビーチ(モーガン・フリーマン)によって拘束される。
ジュリアとビーチによって、ジャックと地球の運命が動き始める・・・。


PACHINKO西遊記






【 余談 】


・ 本作の脚本は、元々ウィリアム・モナハンが執筆したものに、その後カール・ガイダシェクにより最初の書き直しが行われ、映画化権を獲得していたディズニーが映画化権を売却し権利がユニバーサルに移った後、マイケル・アーントによって最終的な書き直しが行われた。
尚、最終脚本についてユニバーサル側は「それは我々が今まで出会ってきた中で最も美しい脚本の一つだ」と賞賛している。

・ アメリカでは当初、2013年7月10日に公開が予定されていたが、『ジュラシック・パーク』の3Dでの再公開が2013年7月19日に決まった為、2013年4月19日に変更され、2013年4月12日よりIMAX劇場で限定公開され、その1週間後に通常劇場で拡大公開された。







【 スタッフ 】 


監督 : ジョセフ・コシンスキー
原作 : ジョセフ・コシンスキー 、アーヴィッド・ネルソン
原案 : ウィリアム・モナハン
脚本 : カール・ガイダシェク 、マイケル・アーント 、 ジョセフ・コシンスキー
製作 : ピーター・チャーニン 、ディラン・クラーク 、ダンカン・ヘンダーソン 、ジョセフ・コシンスキー 、バリー・レヴィン
製作総指揮 : デイヴ・モリソン 、ジェシー・バーガー 、エミリー・チャン 、ジェフ・ディアス 、ブルース・フランクリン 、ライアン・カヴァナー 、Steve Gaub 、R.J. Mino
撮影 : クラウディオ・ミランダ
美術/プロダクションデザイン : ダーレン・ギルフォード
衣装デザイン : マーリーン・スチュワート
編集 : リチャード・フランシス=ブルース
音楽 : M83 、ジョセフ・トラパニーズ 、Anthony Gonzalez
キャスティング : マルシア・ロス
アートディレクション : トッド・チェルニアフスキー 、ケヴィン・イシオカ 、Joseph Bahran 、James Clyne
セット制作 : ロナルド・R・ライス
視覚効果(Visual Effects) : ブライアン・アドラー 、ダン・エイカーズ 、エリック・バルバ 、マット・バウアー 、Rose Adler 、Vipin Agrawal 、Carlos Anguiano 、Hazra Anup 、Oliver Arnold 、Hunter Athey 、Mark Anthony Austin 、Aymeric Aute 、Ando Avila 、Yogesh Badhe 、Brandon Bartlett
特殊効果(Special Effects) : サム・ディーン 、スカイラー・ゴレル 、エガート・ケティルスソン 、フランク・ラングレー 、マイケル・メイナーダス 、ダニエル・イエイツ 、ダグラス・D・ジーグラー 、Derek Abbott 、Joshua Cobos 、George Dodworth 、Mike Dunn 、Haukur Karlsson 、Doug Passarelli 、Mike Sasgen 、Johannes Sverrisson
メイク : ローランド・ブランカフラー 、Budd Bird 、Michèle Burke 、Diana Choi 、Melanie Deforrest 、Erica Dewey 、Stacey Herbert 、Desne J. Holland 、Daniel Jouet 、Annabelle MacNeal 、Kristyan Mallett 、Pamela May 、Sarah Monzani 、Jami Hight 、Remi Savva







【 キャスト 】


ジャック・ハーパー : トム・クルーズ
ジュリア・ルサコヴァ (謎の女性) : オルガ・キュリレンコ
マルコム・ビーチ (謎の男) : モーガン・フリーマン
ヴィクトリア・オルセン : アンドレア・ライズブロー
サイクス軍曹 : ニコライ・コスター=ワルドー
サリー : メリッサ・レオ
カラ : ゾーイ・ベル
ジュリアの子供 : アビゲイル・ロウ
ジュリアの子供 : イザベル・ロウ
生存者 : デヴィッド・マディソン
生存者 : フィリーナ・バリス
生存者 : ジェームズ・ローリングス
生存者 : アンドリュー・ブレランド
生存者 : ジョーダン・サダス
生存者 : ジェームズ・リッカー
生存者 : ポール・グナワン
生存者 : Z・ディートリッヒ
生存者 : デイロン・マイカ・オセロ
生存者 : ジェイ・オリヴァー
生存者 : ジョヴァンニ・シルヴァ
通信士 : ジェイレン・ムーア
NASAの管制官 : キャサリン・キム・プーン
NASAの管制官 : ジェーソン・スタンリー
NASAの地上管制官 : ジョン・L・アルミホ
NASAのブースター・エンジニア : ジェレミー・サンド
旅行者 : ジョアン・バリス
旅行者 : エフライエム・ハンナ
旅行者 : ブック・オコネル
機械工 : ライアン・チェイス・リー
司書 : ジュリー・ハーディン
大学生 : フィリップ・オダンゴ
リンゼイ・クリフト



  予告

  ↓
TRAILER










PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2013/05/28(火) 15:17:21|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011) ~ 洋画 ドラマ ~ | ホーム | 死んでもいいの 百年恋して (2012) ~ 邦画 官能・ファンタジー・ロマンス ~>>

コメント

1. こんばんわ(#^.^#)

今度公開される作品ですね♪

キャスティングイイですよねぇ(#^.^#)

トム・クルーズとモーガン・フリーマン

初共演なのかなぁって感じですけど

二人とも演技派なので注目ですね!
  1. 2013/05/28(火) 20:53:40 |
  2. URL |
  3. まりんこ #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

2. Re:こんばんわ(#^.^#)

>まりんこさん
そうですね。
トム・クルーズとモーガン・フリーマンはこれまで何故か共演した事がなかったのですが、今回初共演となります。
CG映像の美しさと共に二人の共演は話題となっています。
脚本の前評判も良さそうなので楽しみな作品です♪
  1. 2013/05/29(水) 15:26:05 |
  2. URL |
  3. たけごろう #79D/WHSg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/6316-0b163928
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。