PACHINKO西遊記 -第1分室-

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いつも2人で (1967) ~ 洋画 ロマンス・コメディ・ドラマ ~


PACHINKO西遊記PACHINKO西遊記
PACHINKO西遊記



『 いつも2人で 』 (原題:Two for the Road) は、1967年に製作されたイギリス映画。
倦怠期を迎えた中年夫婦が、思い出の地を旅する過程で、出会ったばかりの頃の初々しい気持ちを次第に取り戻していく姿を独特のユーモアで描いた異色ロマンティック・コメディ。
原作は、フレドリック・ラファエルの小説「愛情の限界」。
監督は「踊る大紐育(ニューヨーク) (1949)」「雨に唄えば (1952)」「パリの恋人 (1957)」「シャレード (1963)」「悪いことしましョ! (1967)」「星の王子さま (1974)」「スペース・サタン (1980)」TVM「ラブレター/永遠の愛 (1999)」のスタンリー・ドーネン。
脚本は、本作の原作者でもある「大学は花ざかり (1958)」「ダーリング (1965)」「遙か群衆を離れて (1967)」「デイジー・ミラー (1974)」TVM「孤独な暗殺者 (1976)」「マスカレード/仮面の愛 (1990)」「アイズ ワイド シャット (1999)」のフレドリック・ラファエル。
撮影は「快傑紅はこべ (1950)」「デッドロック (1955)」「狙われた男 (1959)」「チキ・チキ・バン・バン (1968)」「星の王子さま (1974)」「ザ・ディープ (1977)」「ナバロンの嵐 (1978)」「地中海殺人事件 (1982)」「トップ・シークレット (1984)」のクリストファー・チャリス、「悪いことしましョ! (1967)」「地獄のかけひき (1968)」「ピーターラビットと仲間たち (1971)」「ウィークエンド・ラブ (1973)」のオースティン・デンプスター、アンリ・ティケ。
音楽は「僕の彼女はどこ? (1952)」「グレン・ミラー物語 (1954)」「ティファニーで朝食を (1961)」「ピンクの豹 (1963)」「シャレード (1963)」「アラベスク (1966)」「ピンク・パンサー2 (1975)」「スペースバンパイア (1985)」「ピンク・パンサーの息子 (1993)」のヘンリー・マンシーニ。
主演は「初恋 (1951)」「ローマの休日 (1953)」「戦争と平和 (1956)」「ティファニーで朝食を (1961)」「シャレード (1963)」「マイ・フェア・レディ (1964)」「おしゃれ泥棒 (1966)」「華麗なる相続人 (1979)」「オールウェイズ (1989)」のオードリー・ヘプバーンと、「土曜の夜と日曜の朝 (1960)」「オリエント急行殺人事件 (1974)」「アニー (1982)」「ミラーズ・クロッシング (1990)」「エリン・ブロコビッチ (2000)」「オーシャンズ12 (2004)」「007 スカイフォール (2012)」「ボーン・レガシー (2012)」のアルバート・フィニー。



[ 公開日 ]

1967年4月27日 アメリカ公開
1967年7月1日 日本公開
1967年8月31日 イギリス London premiere 上映
1967年9月6日 フランス公開
1967年10月16日 スペイン公開
1993年7月1日 ドイツ公開
2003年3月20日 カナダ公開
2003年8月20日 フランス 再リリース








【 ストーリー 】


建築家のマーク(アルバート・フィニー)とその妻ジョアンナ(オードリー・ヘップバーン)は、結婚して12年になる夫婦。
マークは建築家としては名をなしたが、いわゆる良き夫、よき父ではない。
飛行機の中で彼はパスポートをなくしたといって騒ぎ出し、ジョアンナがすかさずその在りかを教えてやるといった情景もまま見られる。
近頃ではケンカも絶えず、互いの心はすれ違うばかり。
ある時、2人は初めて出会った思い出の地フランスを自動車で旅する事にする。
20年前・・・若かりしあの頃、まだ建築家志望の学生だったマークとジョアンナは、互いに旅の途中でのヒッチハイクで偶然に出会う。
この出会いを切っ掛けに、二人は一緒にヒッチハイクをしながらフランス国内を歩くうち、恋に落ち結ばれたのであった。
その時、永遠の愛を誓った二人ではあったが、ジョアンナが身重の時、マークは仕事の出張先で行きずりの美しい女性とかりそめの関係を結んでしまった。
やがて彼の浮気はジョアンナの知るところとなるのだが・・・。


PACHINKO西遊記








【 スタッフ 】


監督 : スタンリー・ドーネン
原作 : フレドリック・ラファエル 『愛情の限界』
脚本 : フレドリック・ラファエル
製作 : スタンリー・ドーネン 、ジェイムズ・H・ウェア
製作総指揮 : Arthur Carroll
撮影 : クリストファー・チャリス 、オースティン・デンプスター 、アンリ・ティケ
編集 : マデリーン・ギュ 、リチャード・マーデン
音楽 : ヘンリー・マンシーニ
アートディレクション : ウィル・ホルト
メイク : グラツィア・デ・ロッシ 、Georges Bouban 、Alberto De Rossi







【 キャスト 】


ジョアンナ・ウォレス : オードリー・ヘプバーン
マーク・ウォレス : アルバート・フィニー
ジャッキー (女性コーラスグループ・リーダー) : ジャクリーン・ビセット
ハワード・マンチェスター (キャシーの夫) : ウィリアム・ダニエルズ
キャシー・マンチェスター (マークの元恋人) : エレノア・ブロン
ルーシー・マンチェスター (キャシーの娘) : ガブリエル・ミドルトン
パット : ジュディ・コーンウェル
フランソワーズ・ダルバー (モーリスの妻) : ナディア・グレイ
モーリス・ダルバー (フランソワーズの夫) : クロード・ドーファン
デヴィッド・ダルバー (フランソワーズの弟) : ジョルジュ・デクリエール
アイリーン・ヒルダ
イヴ・バルサック
ロジャー・ダン
オルガ・ジョルジュ=ピコ
クラリサ・ヒレル
ジャック・イリング
キャシー・ジョーンズ
ジョアンナ・マリー・ジョーンズ
ロバート・ル・ビール
アルバート・マイケル
リビー・モリス
デニース・ペロン
ヘレン・トッシ
キャロル・ヴァン・ダイク
マリオ・ヴァードン
Dominique Joos
Karyn Balm
Kathy Chelimsky
Jean-François Lalet
Paul Mercey
Sophia Torkely
Patricia Viterbo



  予告

  ↓
TRAILER




いつも2人で (初回出荷限定価格) [DVD]/オードリー・ヘプバーン,アルバート・フィニー,エレノア・ブロン
¥2,625
Amazon.co.jp

いつも2人で [DVD]/オードリー・ヘプバーン,アルバート・フィニー,エレノア・ブロン
¥2,990
Amazon.co.jp

いつも2人で [DVD]/オードリー・ヘプバーン,アルバート・フィニー,エレノア・ブロン
¥4,179
Amazon.co.jp

いつも2人で [DVD]/オードリー・ヘプバーン,アルバート・フィニー,エレノア・ブロン
¥4,179
Amazon.co.jp

【VHSです】いつも2人で [字幕][オードリー・ヘプバーン]|中古ビデオ【中古】
¥1,000
楽天

いつも2人で(DVD) ◆47%OFF!
¥1,002
楽天

【VHS】いつも2人で【字幕】■監督:スタンリー・ドーネン//オードリー・ヘプバーン■(196...
¥735
楽天

いつも2人で 【DVD】
¥1,701
楽天

【VHS】いつも2人で【字幕】■監督:スタンリー・ドーネン//オードリー・ヘプバーン■(196...
¥735
楽天

いつも2人で [ オードリー・ヘプバーン ]
¥1,000
楽天

【送料無料】 DVD/洋画/いつも2人で/FXBQG-1084
¥1,890
楽天

【中古】いつも2人で/FXBR-1084【中古DVDレンタル専用】(FXBR-1084)
¥380
楽天

[DVD] いつも2人で
¥1,002
楽天

【中古】【DVD】【レンタル版】いつも2人で
¥735
楽天

いつも2人で/オードリー・ヘプバーン【FXBQG.1084】[新品]
¥1,610
楽天

【中古】DVD▼いつも2人で▽レンタル落ち
¥529
楽天

オードリー・ヘプバーン/いつも2人で
¥1,890
楽天

【送料無料】いつも2人で/オードリー・ヘプバーン[DVD]【返品種別A】
¥1,701
楽天

いつも2人で
¥1,000
楽天

【1000円以上送料無料】いつも2人で/オードリー・ヘプバーン【RCP】
¥1,890
楽天

[DVD] いつも2人で
¥2,243
楽天

【総額2500円以上送料無料】いつも2人で/オードリー・ヘプバーン【RCP】
¥1,890
楽天

DVD/洋画/いつも2人で/FXBQG-1084
¥1,511
楽天



PACHINKO西遊記ペタしてねアメンバー募集中読者登録してね

スポンサーサイト
  1. 2013/05/29(水) 18:11:26|
  2. 洋画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アナコンダ3 (2008) ~ 洋画 パニック・ホラー ~ | ホーム | 荒野の七人 (1960) ~ 洋画 西部劇・アクション ~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sfqrk275take.blog.fc2.com/tb.php/6319-84db47bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。